群馬ISO機構

群馬ISO機構が第10回記念管理責任者フォーラム開催

群馬ISO機構(事務局:CRI中央総研)主催の「ISO管理管理責任者フォーラム」が9月26日13:30〜17:00、150名の来場者を迎え、群馬産業技術センターで開催された。第10回を記念する今回のフォーラムのテーマは「目的達成志向のMS活用法 〜経営目的達成のためにトップ・管理責任者は何をすべきか〜」。

当日のプレゼンター及びテーマは次の通り。
第1講:辻井浩一氏(アイソ・ワールド代表取締役)
「MSは経営目的達成のためにある」
第2講:福丸典芳氏(福丸マネジメントテクノ代表取締役)
「効果的な監査方法とトップ・管理責任者の役割」
第3講:中尾優作(月刊アイソス発行人)
「取材に見るISO・MSの変化」

群馬ISO機構は2008年4月設立以来、毎年定期的に「ISO管理責任者フォーラム」と「ISO内部監査員大会」を開催しており、県内会員企業に対し、ISOに関する最新情報や、成果につながるシステム再構築や有効性監査など実践に役立つ情報を提供している。

関連記事

  1. 排出量検証を14001で
  2. サンデンの品質コスト対策
  3. 9月26日の群馬公演プレゼン
  4. ISO 9004の成熟度モデル
  5. 群馬で講演

ピックアップ記事

アイソス主催・内部監査員初級コースを開催

月刊アイソス主催セミナー「ISO 9001内部監査員初級コース(内部監査技術者初級認定)」が7月8日…

飯塚悦功プロジェクト 5 「予測を導くABC構造」

飯塚悦功プロジェクト第5弾の映像を掲載します。タイトルは「予測を導くABC構造」です。…

建材試験センター創立50周年式典開く

一般財団法人建材試験センター(JTCCM)が本日、午後3時から5時まで、東京會舘ローズルームで「創立…

すべてのマネジメントシステム規格はガイド83に従う

これからISOで発行あるいは改訂されるすべてのマネジメントシステム規格(MSS)は、原則としてISO…

松本隆さんの連載で学ぶTQM

実は、アイソス読者が「この記事は素晴らしい」と言って、おたよりをくれることは、非常に稀です。その稀な…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP