群馬ISO機構

サンデンの品質コスト対策

sandensama群馬ISO機構主催による「第2回管理責任者フォーラム」が9月18日、群馬県産業技術センターで開催され、群馬県下のISO認証組織の管理責任者を中心に約100人が来場。同フォーラムではQMS・EMS関連の話題を中心に、数名のプレゼンターが講演をしましたが、圧巻だったのがサンデンの藤井暢純理事(写真)のプレゼンでした。

サンデンは、自動車用コンプレッサーと飲料用自動販売機で、それぞれ世界の25%の シェアのとっている会社で、世界23カ国に拠点を設け、社員数は1万7千人。日本品質管理賞やデミング賞実施賞をはじめ、世界のさまざまな品質賞を受賞し ている優良品質企業なのですが、そんなサンデンでも最近頭を悩ませている問題があります。それは、近年急増している自動車のリコールです。例えば2006 年度のリコール台数は約600万台で2002年度の倍以上です。国内販売台数と国内リコール台数がほぼ同じ数という、大変な状況なわけです。この失敗コス トを何とかしなければなりません。
(リコールに関するオモシロデータはこちら

そ こでサンデンでは2002年から品質コスト集計システムを導入し、品質コストの可視化をはかりました。同社では品質コストを、品質管理を実施するためのコ スト(製品や部品の品質を評価するためのコスト+品質の欠陥を予防するためのコスト)と、品質管理が不備であったためにこうむる失敗コスト(不良品の処理 や製品リコールによるコストなど)とに分類し、適切な評価・予防コストを配分しながら、失敗コストの低減に取り組んでいます。この品質コストへの取り組み の成果について、藤井さんは当日言及されませんでしたが、何かの折にぜひ聞いてみたいものです。

関連記事

  1. ISO 9004の成熟度モデル
  2. 排出量検証を14001で
  3. 群馬で講演
  4. 群馬ISO機構が第10回記念管理責任者フォーラム開催
  5. 9月26日の群馬公演プレゼン

ピックアップ記事

エネルギー管理規格国別動向

ISO 50001(エネルギーマネジメントシステム)の委員会原案(CD)が6月には発行される予定であ…

「サッカー批評」の一貫性

他誌からいろいろ勉強させてもらっています。季刊誌「サッカー批評」の編集は、No.33以降がリスペ…

名古屋での迎撃に感謝

中産連の取材を終えて、名古屋駅近くの居酒屋で地元いそいそフォーラムのメンバーやたまたま名古屋付近に仕…

「7.4.1 購買プロセス」

昨日は「7.3.3」を見ましたが、「7.3」については「7.3.4」以降、2008年版での変更点…

Food Safety Day Japan 2013(6) グローバル・フード・セーフティ・ネットワークの日本事例

GFSI(Global Food Safety Initiative)主催による「フード・セーフティ…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP