群馬ISO機構

サンデンの品質コスト対策

sandensama群馬ISO機構主催による「第2回管理責任者フォーラム」が9月18日、群馬県産業技術センターで開催され、群馬県下のISO認証組織の管理責任者を中心に約100人が来場。同フォーラムではQMS・EMS関連の話題を中心に、数名のプレゼンターが講演をしましたが、圧巻だったのがサンデンの藤井暢純理事(写真)のプレゼンでした。

サンデンは、自動車用コンプレッサーと飲料用自動販売機で、それぞれ世界の25%の シェアのとっている会社で、世界23カ国に拠点を設け、社員数は1万7千人。日本品質管理賞やデミング賞実施賞をはじめ、世界のさまざまな品質賞を受賞し ている優良品質企業なのですが、そんなサンデンでも最近頭を悩ませている問題があります。それは、近年急増している自動車のリコールです。例えば2006 年度のリコール台数は約600万台で2002年度の倍以上です。国内販売台数と国内リコール台数がほぼ同じ数という、大変な状況なわけです。この失敗コス トを何とかしなければなりません。
(リコールに関するオモシロデータはこちら

そ こでサンデンでは2002年から品質コスト集計システムを導入し、品質コストの可視化をはかりました。同社では品質コストを、品質管理を実施するためのコ スト(製品や部品の品質を評価するためのコスト+品質の欠陥を予防するためのコスト)と、品質管理が不備であったためにこうむる失敗コスト(不良品の処理 や製品リコールによるコストなど)とに分類し、適切な評価・予防コストを配分しながら、失敗コストの低減に取り組んでいます。この品質コストへの取り組み の成果について、藤井さんは当日言及されませんでしたが、何かの折にぜひ聞いてみたいものです。

関連記事

  1. 群馬で講演
  2. 群馬ISO機構が第10回記念管理責任者フォーラム開催
  3. ISO 9004の成熟度モデル
  4. 9月26日の群馬公演プレゼン
  5. 排出量検証を14001で

ピックアップ記事

日吉さんのAPQP問題、解いてみ?

日吉信晴さん(LRQAジャパン・TS16949審査員・講師)による連載記事「ISO/TS 16949…

JACOが新規事業推進室を設置

日本環境認証機構(JACO)が本日、社長直轄組織として社内に「新規事業推進室」を発足させた。JACO…

【ISOS Review】坂田和則さんのにくい文章

坂田和則さんのアイソス連載記事『改善活動と人を活気づける 改善ファシリテーションの勧め』が2012年…

ISO 19011:2011発行

ISO 19011:2011(Guidelines for auditing management …

速報 QMS/EMS等の認証件数(2010.09)

日本適合性認定協会(JAB)は本日、2010年9月末時点での国内マネジメントシステム認証組織件数の集…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP