なぜなぜ分析

門岡淳さんの「なぜなぜ分析セミナー」

20111028_kadooka.jpg月刊アイソス主催による「なぜなぜ分析セミナー」を10月28日に東京で開催しました。講師は門岡淳さん(写真)です。世の中にはさまざまな「なぜなぜ分析手法」がありますが、門岡さんのはあくまで「是正処置のための」という枕詞がつきます。「不適合の原因を論理的に特定し、必要かつ十分な是正処置を立案する手法」、これが門岡さんの「なぜなぜ分析」です。セミナーは24名(4人1組で6つのグループに分かれていただきました)の参加者を迎えて実施されました。

20111028_seminar1.jpgすでにアイソスの6回にわたる連載で門岡さんの手法は紹介されていますが、今回は新ネタも持ち込んでいただきました。その目玉が「事実・原因をもれなく見つけるためのチェックリスト」です。人(Man)、物(Machine)、計画・手順(Plan/Method)、実施(Do)、監視及び測定(Check)という5つの要素別にA4用紙で4ページにわたる詳細なチェックリストを披露していただきました。ちなみにActがないのは、なぜなぜ分析をして是正処置を行うこと自体がActに相当するからです。

20111028_seminar2.jpgこのチェックリスト、門岡さんのウェブサイトである「マネジメント道場」にはまだアップされていませんが、項目だけはすでに記入されているので、やがて追補としてアップされることと思いますよ(要望!)。

このほか講義で印象に残った言葉は、「マネジメントシステム外の物理的・社会的・心理的原因には対策なし」です。

例えば、「機械が壊れて操業できなくなった」としますと、物理的原因を「壊れる機械を使った」としたとしても、壊れない機械は作れません。機械は壊れるものです。ですが、「予備機を用意していないかった」が原因であれば、予備機を用意することはできます。

例えば、「現地からの原料供給が止まった」としますと、社会的原因を「現地で内戦が発生した」としたとしても、一企業の力で内戦をなくすことはできません。しかし、「他の購買先を確保していなかった」を原因とすれば、他の購買先を確保することはできます。

例えば、「手順を抜かした」としますと、心理的原因を「ウッカリした」にしたとしても、人をウッカリしないようにさせることはできません。人はウッカリするものです。ですが、「手順を抜かすと次の手順に進めないようにしていなかった」を原因とすれば、手順を抜かすと次の手順に進めないようにすること(ポカよけ)はできます。

といった説明をされました。我々は日常の仕事の中で、しょっちゅう、「だって機械が壊れたんだから」とか「不測の事態が起きましたので」とか「ウッカリしてました」とか言って、思考を停止してしまうことがよくあるものです。肝に銘じておきたい言葉です。

20111028_seminar3.jpg講義のあとは約1時間かけてグループ演習が行われました。この演習は、講師が出したある事例に対して、グループごとに「なぜなぜ分析表」を作成するというものです。事例を読み取り、不適合事象を決め、それに対20111028_seminar4.jpgし、1why、2why…と原因を書きます。今回の演習では是正処置とその採否は書きません。この作業のあと、各グループの代表者が、自分たちで作成した「なぜなぜ分析表」を発表し、それに対して門岡さんが講評を加えました。最後の演習は、なかなか活発な意見交換があって、盛り上がりました。

門岡さん、お疲れ様でした!
ありがとうございました!

関連記事

  1. YouTubeに投稿「ISOファシリテーションを体験しよう!」
  2. 門岡淳さんの「なぜなぜ分析」問題 その4
  3. 門岡淳さんの「なぜなぜ分析」問題 その5の解答
  4. 門岡淳さんの「なぜなぜ分析」問題 その4の解答
  5. 追悼出版 門岡淳著『〈不適合を生かす〉なぜなぜ分析を一緒にやって…
  6. 門岡淳さんの「なぜなぜ分析」問題・解答集
  7. 「クリーン監査」を学ぶ
  8. 「クリーンな問いかけ」を身につけるためのセッション

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (3)

    • ナミ
    • 2011年 11月 10日

    セミナーの次の日に門岡さんにお会いしました。
    私もなぜなぜ分析で慣れないうちは対策が書けずに苦しみました。
    「もう少しお話できれば」と後悔してます。
    アイソスのバックナンバーで自習します。
    マネジメント道場は面白いので、一度見られることをお奨めします。

    • 門岡 淳
    • 2011年 11月 22日

    みなさん,こんにちは。門岡 淳です(^-^)。
    >追補としてアップされることと思いますよ(要望!)。
    →遅くなりましたが,アップしています。
    >マネジメント道場は面白いので、一度見られることをお奨めします。
    →ありがとうございます(^-^)。なるべく読みやすく(面白く?)書くように努力しています。

    • 中尾優作
    • 2011年 12月 06日

    <マネジメント道場は面白いので、一度見られることをお奨めします。
    アイソスのセミナーの後、セミナー資料の掲載だけでなく、解説記事がたくさん掲載されています。ホント、拡充されましたよね。

ピックアップ記事

TSに御法度はない?

IATFのホームページを見ると、1月7日付のニュースで、「ISO/TS 16949:2009が2…

急成長するJGAP認証

日本GAP協会(JGAP)専務理事の武田泰明さん(写真)にお会いした。GAP(Good Agricu…

受講生のバラツキをどうするか

内部監査員研修コースの受講生の中には、規格をろくに読んでいない人もいれば、内部監査をすでに経験して規…

言い換え力

つい先日、「ISMS導入半日セミナー」(日本規格総合研究所主催)を受講したのですが、私の目当ては、I…

Amazonから「 トップ主導MS運用事例集」(電子書籍)を発売

アイソス編集部による取材記事の中から、トップ主導で卓越したマネジメントシステムが運用されている10事…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP