アイソス主催

「クリーンな問いかけ」を身につけるためのセッション

yamagami-sab.jpg「あるべき姿」を描いたマネジメントシステム(MS)を「仮想MS」とし、一方で実際に動いている現実のMSを「リアルMS」とします。その仮想MSをリアルMSで具現化するためのツールとして、山上裕司さん(写真株式会社イノベイション代表取締役)は「クリーンな問いかけ」を推奨しています。

「クリーンな問いかけ」とは何でしょう?
アイソス2013年3月号に掲載された山上さんの記事を引用しながらご紹介します。

 

 

ある天気が良い日曜日、家族全員がたまたま揃っていたので、お父さんがこう切り出しました。

「今日は天気が良いから、外出には絶好の日だ。ついては家族全員でドライブに行こうと思うのだが、どこに行ったら良いのか、みんなの意見を聞かせてくれないか?」

一見、家族全員の意見を聞こうとしているオープンマインドな問いかけのようですが、実はこの問いかけには、いくつかの前提が含まれています。

  • 天気が良いと外出すべきだ。
  • 外出する時は、ドライブをするべきだ。
  • ドライブは、家族全員でするべきだ。

このような問いかけをすると、家族はお父さんが暗黙のままに立てていた前提を攻撃するでしょう。「ええ、ドライブ? いやだ」「外出したくない」「僕は用事がある」等々。

これが職場だったらどうでしょう。みなさんは前提を含んだ下記のような問いかけを相手にしていないでしょうか。

「これは○○するしかないと思うけど、どう思う?」
「MSでは○○というルールだけど、なぜ、その通りにしないの?」
「分からないことがあったら、なぜ聞かないの?」

これらの問いかけから、前提を除くと、例えば次のようになります。

「何が良いと思う?」
「MSでは何を行うといい?」
「何が起きたの?」

こういった前提を除いた、クリーンな問いかけには、次のような3つの効果があります。

  • 問われる相手が、話題について、オーナーシップを持つ。
  • 問いかける側、問われる側の間で共通認識と信頼が得られやすい。
  • 問われる相手の納得感が高く、行動が俊敏になる。

仮想MSからリアルMSに至る経路を開くためには、継続的にクリーンな問いかけを駆使しながら、組織の人々と共に伴走していくのが良いと思われます。

この「クリーンな問いかけ」を演習を通じて身につけるセッションを、アイソス主催で2013年5月17日(金)10:00〜17:00、東京で開催するこ とになりました。セミナータイトルは「マネジメントシステムを動かす「うまいやり方」 ISOファシリテーション Ver.2 〜変えるべきは、MSではなく、その動かし方〜」。

本セミナーは、クリーンな問いかけのスキル・能力を身につけ、MS管理責任者・MS推進担当者の「MS推進力」向上をはかるのがねらいです。具体的には講 義及び演習を通じて、方針展開、顧客価値分析、リスク分析、内部監査、マネジメントレビュー、是正処置、日常の会議等、様々な場面でクリーンな問いかけを 簡便に適用するモデルを提示します。

*本セミナーは満席になりました。(2013.4.10)

関連記事

  1. ISOファシリテーション合宿2日目
  2. 奥村朋子講師による「二者監査セミナー」
  3. 坂田和則 渾身セミナー
  4. アイソス創刊200号記念企画「認証機関ディスカッション」を開催
  5. 「クリーン監査」を学ぶ
  6. 「なぜなぜ分析セミナー」への門岡淳さんのメッセージ
  7. YouTubeに投稿「ISOファシリテーションを体験しよう!」
  8. 門岡淳さんの「なぜなぜ分析セミナー」

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (2)

    • スポック副長
    • 2013年 3月 28日

     このセッションは、背面(聞く側)から言えば、「クリーンではない問いかけを浄化する技術」を磨くという効果があると考えます。
     問いかける側だけでなく問いかけられる立場も含めてこのセッションを膨らませると、一粒で二度おいしい効果が期待できると言うものではないでしょうか?
     お゛ーっ!妄想が湧いてきたぁ!

  1. おおっ! なんという素晴らしいグリコ的提案!
    「問いかけられる側」の視点も忘れずに、ですね。
    お゛ーっ!元気が湧いてきたぁ!

ピックアップ記事

国の評価は10年以上かかる

ISO 39001(道路交通安全マネジメントシステム)が10月に発行され、同時に日本での認証活動も始…

内部監査に「観察事項」は必要ですか?

先日、群馬で講演をする機会があったのですが、その席で会場の方(群馬県内のISO認証組織の管理責任者約…

【震災寄稿 No.8】 被災生活でまず確保すべきこと

昨日に続いて坂内さんが、自らの被災体験に基づき、震災に遭遇した時の対処法について記してくれました。…

【事業競争力WG】 JISCに新WG

マネジメントシステムが日本企業の競争力強化のために有効活用されることを目的に、産業界関係者が集中して…

さらばWii

おい、フミヤ!起きたか? いま何時だ?まさか正午を過ぎてはいまいな。もし今日も、午前中の…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP