日本規格協会

病院QMS問答 〜品質管理全国大会から〜

pfmunechika.jpg病院にも品質管理部門ってあるのでしょうか? 大学病院ではQMSを教えているのでしょうか? フロアーからいい質問が出ていました。

10月21日の「標準化と品質管理全国大会2008」のプログラムの1つとして開催された「医療機関への質マネジメントシステム導入プログラムの開発に関する研究」は、プレゼン内容もおもしろかったのですが、フロアーとプレゼンターとの質疑応答が興味深かったので、その一部を報告しておきます。プレゼンターはさん(早稲田大学教授)です

質問 一般企業であれば、QMSを専門的に扱う「品質管理」とか「品質保証」とかいった部署があるが、病院にもそういう部署があるのか?

棟近  病院のQMSの取り組みが遅れている原因の1つがそこにある。ほとんどの病院には、そういう専門部署がない。そういったことに、お金が出ないからだ。よう やく最近になって、専従のリスクマネージャーを置くようになったり、「TQM推進室」や「医療の質管理室」といった名称で呼ばれる部署ができ始めたりして いる。我々の今回のプログラムにご協力いただいている病院(大・中規模の6病院)のうちの半数には、こういった専門部署がある。ただし、そういった病院で も専任は1人だ。

質問 病院がもっと医療の質向上に取り組めるように、先生方のほうで行政への働きかけをもっとやればいいのではないか。

棟近  おっしゃるとおりだ。だが、一般の患者さんから言っていただくのが一番影響力があると思う。ただ、一般の患者さんとして病院を利用していても、今日お話し したような医療の質の問題というのは、なかなかわからないと思う。なので、我々としても、医療の質についてはこういう現状なので、もっとQMSの考え方を 導入したほうがよいというように働きかけを今後も行っていきたい。

質問 大学病院にまずQMSを導入すべきではないか。すると、医者の卵がQMSのセンスを持って、各病院に散っていくから、一番普及が早いと思うが。

棟近  ごもっともな指摘で、私もそう思うが、大学病院というのはなかなか難しい組織だ(笑)。一般企業と違って、病院では、例えば「PDCA」という話をして も、初めてその言葉を聞くという人がほとんどだ。そういった状況なので、大学病院でも、QMSの基本的なところをしっかり教えていくことが、まず重要だと 考えている。

関連記事

  1. 日本の標準化政策はすごいぞ
  2. 日本規格協会主催の事業シナリオ・ワークショップ
  3. 競争優位要因の導き方 〜品質管理全国大会から〜
  4. 元駐マレーシア大使・堀江正彦氏が語った日韓の格差

ピックアップ記事

【ISOS Review】 ISO 31000解説特集

12月10日発売のアイソス1月号の特集で、三菱総研の野口和彦氏執筆による、13ページにわたるISO …

「認証どころではない」発言について

最近、東北地方太平洋沖地震関係の話題で、あるネット上で「認証どころではない」という発言を何度か見かけ…

来年4月から自治体条例化でHACCP普及

厚生労働省は2014年5月、管理運営基準に関する指針(ガイドライン)を改正、従来の管理運営基準にHA…

日本人が欧州でCSRコンサルタントを生業にするまで

下田屋毅氏(しもたや・たけし:写真)は、「ロンドン在住 CSRコンサルタント」という日本人としては希…

Vantage Point 野にいる人

「要求事項に適合する製品・サービスを提供し、組織の持続的発展を目指します。その意味では、品質マネジメ…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP