会議/セミナー日本科学技術連盟

  1. SSMシンポに190名参加

    日科技連主催による「第4回知識構造化シンポジウム」が9月7日、午後1時30分から5時まで日科技連本部ビル(東京)で、190名の参加者を迎え開催された。今回のテーマは「多品種製品から量産製品までSSMの導入と展開の進め方」。最初に、トヨタ自動…

  2. ISO推進者会議 濱口哲也氏特別講演

    ISO推進者会議(略称:IPC)は10月21日に設立10周年を記念して「10周年記念大会」を開催した…

  3. 第3回知識構造化シンポ開催

    日科技連主催「第3回知識構造化シンポジウム 『拡大が続くSSM適用分野 その多様化と進化を探る』」が…

  4. 第2回知識構造化シンポ SSMの先行事例発表

    2010年9月3日、日本科学技術連盟主催による「第2回知識構造化シンポジウム」が200名の参加者を迎…

  5. 「SSM」と言えばダイキン

    「なぜなぜ5回」と言えばトヨタ、「SSM」と言えばダイキン。個人的にはそう思っている。そのダイキン工…

  6. 日科技連主催 第2回SSMシンポ開催

  7. プロセスアプローチに関する3つの問題

  8. 為定明雄氏の特別講演 速報

内部監査

ピックアップ記事

「7.5.3 識別及びトレーサビリティ」

私は、木村忠道さん(いそいそフォーラム管理責任者)が提唱しておられる「写経」の信奉者の1人です。…

Vantage Point それは私です

「この図を最初に書いたのは、実は私なんです」と、2人の人が別々に名乗り出てきました。月刊アイ…

門岡淳さんの「なぜなぜ分析」問題 その5

今回は、アイソス8月号の連載記事「門岡 淳の『不適合を生かす!』 なぜなぜ分析を一緒にやってみよう …

オススメ記事

クラウドセキュリティ認証が今夏からスタート

日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)は、ISO/IEC 27001(情報セキュリティ)認証を前提…

アクセスの多い記事

周囲の人のおせっかいがヒューマンエラーを防ぐ

ヒューマンエラーの原因究明を行う際、「深掘り」が王道と思われがちだが、人への責任追及をせず、「こんな…

リスクは「未来の指標」

リスクというのは基本的に「未来の指標」だということを意識する必要があります。ISOマネジメントシステ…

規格説明会参加組織にJIS版無償配布

認証機関による登録組織向けのISO 9001/14001:2015年版規格説明会が昨年末から全国各地…

PAGE TOP