その他会合

規格説明会参加組織にJIS版無償配布

認証機関による登録組織向けのISO 9001/14001:2015年版規格説明会が昨年末から全国各地で展開されています。ほとんどが無料ですが、中にはより長い時間を取って詳細説明を行う替わりに有料にしている説明会もあります。どの機関も全クライアントの少なくとも7割は来て欲しいところですが、なかなか苦戦しておられるようです。

特に認証機関側がヤキモキしているのは、JIS版が昨年11月20日に発行されたものの、まだ購入して読んでおられない組織がかなりあることです。ハンディで読みやすく、原文と対訳になっている「ポケット判」が2月に発行されるので、それまで待っておられるのでしょう、きっと。

そこで、認証機関としては考えたわけです。じゃあ、JIS Q 9001/14001:2015の規格説明会で、参加したクラアントにJIS版を無償で提供してしまおうと。これはなかなか名案です。認証機関としてはJIS版購入費用がかかりますが、先行投資と思えばいいでしょう。「JIS版くれるんなら、行くか!」と重い腰を上げる組織もあるかもしれません。すでに複数の認証機関がこの無償サービスを実施しています。

関連記事

  1. イオンが示す「ポスト・コカコーラ」
  2. CIAJ主催講演 日吉信晴さんの「QMSに磨きをかける」
  3. 「仮想空間 アメーバピグ」を受講
  4. 建材試験センター創立50周年式典開く
  5. JMA主催のISO大会初日
  6. ISO 50001シンポ開催 JISは10月発行見込み
  7. VDA-QMCトップによる講演会開催
  8. 人気講師三羽烏によるQMS再設計の提言

ピックアップ記事

「8.5.1 継続的改善」

QMSの有効性の改善は、製品改善に結びついていないと意味がないのではないか。これは世界のIS…

「演習」は何ができないかを発見するためにやる〜渡辺研司さんへのインタビューから

事業継続マネジメントシステム(BCMS)を構築・運用している組織は、少なくとも年に1回は演習を行って…

石坂産業の事例 ISO 50001とデータマイニング

埼玉県の産業廃棄物中間処理業者・石坂産業(写真:畝本典子社長)のISO 50001の取り組みを取材し…

ISO 14001改正版のCD.1発行

ISO 14001の改訂作業を審議しているISO/TC207/SC1/WG5の第4回会合がスウェーデ…

新日本金属のテーマは 「潜在的な事象の顕在化」

電気接点メーカーの新日本金属(本社・福岡県、写真:永島武仁社長)は本年3月、いち早くISO 9001…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP