その他会合

規格説明会参加組織にJIS版無償配布

認証機関による登録組織向けのISO 9001/14001:2015年版規格説明会が昨年末から全国各地で展開されています。ほとんどが無料ですが、中にはより長い時間を取って詳細説明を行う替わりに有料にしている説明会もあります。どの機関も全クライアントの少なくとも7割は来て欲しいところですが、なかなか苦戦しておられるようです。

特に認証機関側がヤキモキしているのは、JIS版が昨年11月20日に発行されたものの、まだ購入して読んでおられない組織がかなりあることです。ハンディで読みやすく、原文と対訳になっている「ポケット判」が2月に発行されるので、それまで待っておられるのでしょう、きっと。

そこで、認証機関としては考えたわけです。じゃあ、JIS Q 9001/14001:2015の規格説明会で、参加したクラアントにJIS版を無償で提供してしまおうと。これはなかなか名案です。認証機関としてはJIS版購入費用がかかりますが、先行投資と思えばいいでしょう。「JIS版くれるんなら、行くか!」と重い腰を上げる組織もあるかもしれません。すでに複数の認証機関がこの無償サービスを実施しています。

関連記事

  1. 建材試験センター創立50周年式典開く
  2. CIAJ主催講演 日吉信晴さんの「QMSに磨きをかける」
  3. 事務局を教育する場
  4. VDA-QMCトップによる講演会開催
  5. ISO 50001シンポ開催 JISは10月発行見込み
  6. LRQA主催の二者監査セミナー(初日)
  7. 「Googleブックスの進化と出版」聴講記
  8. イオンが示す「ポスト・コカコーラ」

ピックアップ記事

モットーは「競争から協創へ」

ISOマネジメントシステム認証機関の会議体である日本マネジメントシステム認証機関協議会(JACB)の…

林深則鳥棲 水廣則魚游

書をたしなむ娘に一筆書いてもらった。林深則鳥棲 水廣則魚游深い林には鳥が棲み、水が豊…

家出息子の帰還

後で食べようと思ってテーブルの上に置いておいたフライドチキンがありません。チキンのコロモの粉…

「7.4.1 購買プロセス」

昨日は「7.3.3」を見ましたが、「7.3」については「7.3.4」以降、2008年版での変更点…

超ISO企業研究会との共同研究終了

システム規格社(月刊アイソスの出版社)の1年10ヵ月にわたる超ISO企業研究会との共同研究がこのほど…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP