その他会合

規格説明会参加組織にJIS版無償配布

認証機関による登録組織向けのISO 9001/14001:2015年版規格説明会が昨年末から全国各地で展開されています。ほとんどが無料ですが、中にはより長い時間を取って詳細説明を行う替わりに有料にしている説明会もあります。どの機関も全クライアントの少なくとも7割は来て欲しいところですが、なかなか苦戦しておられるようです。

特に認証機関側がヤキモキしているのは、JIS版が昨年11月20日に発行されたものの、まだ購入して読んでおられない組織がかなりあることです。ハンディで読みやすく、原文と対訳になっている「ポケット判」が2月に発行されるので、それまで待っておられるのでしょう、きっと。

そこで、認証機関としては考えたわけです。じゃあ、JIS Q 9001/14001:2015の規格説明会で、参加したクラアントにJIS版を無償で提供してしまおうと。これはなかなか名案です。認証機関としてはJIS版購入費用がかかりますが、先行投資と思えばいいでしょう。「JIS版くれるんなら、行くか!」と重い腰を上げる組織もあるかもしれません。すでに複数の認証機関がこの無償サービスを実施しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. ISO 50001発行記念会議の概要
  2. CIAJ主催講演 日吉信晴さんの「QMSに磨きをかける」
  3. 事務局を教育する場
  4. JMA主催のISO大会初日
  5. LRQA主催の二者監査セミナー(2日目)
  6. 「仮想空間 アメーバピグ」を受講
  7. 人気講師三羽烏によるQMS再設計の提言
  8. VDA-QMCトップによる講演会開催

ピックアップ記事

「サッカー批評」の一貫性

他誌からいろいろ勉強させてもらっています。季刊誌「サッカー批評」の編集は、No.33以降がリスペ…

次期ISO 9001規格の最新動向 その5

連載最終回である「その5」では、WDへとつながるラフワーキングドラフトの現状を報告します。ISO/T…

審査員の基本三法

「ISO審査員が、組織人からプロフェッショナルになるためには、3つのルールを知っていなければならない…

【ISOS Review】 新経審施行後の国交省と東京都

2011年4月の経営事項審査(経審)の審査基準改正により、ISO認証が審査項目として評価されるように…

日本監査史に残る偉業 〜多国籍軍監査の10年〜

大阪いずみ市民生活協同組合による「多国籍軍監査」が今年で10年目を迎えた。「多国籍軍監査」というのは…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP