その他会合

人気講師三羽烏によるQMS再設計の提言

ISO研修機関・テクノファのQMS人気講師三羽烏である平林良人(ひらばやし・よしと)さん、国府保周(こくぶ・やすちか)さん、寺部哲央(てらべ・てつお)さんが揃ったセミナーが3月26日午後、東京・大井町で開催された。テーマは「QMS再設計の提言 〜QMSの有効性は設計段階で決まる〜」。3氏の講演内容の一部を下記に紹介する

hirabayashisama平林良人さん 「QMS再設計の提言」
ISO 9001規格は一般的に書かれているが、それを自社にどう当てはめなければならないのか、それを考えるのがQMSの設計である。QMSを設計するにあた り、要求事項を特定化しなければならないが、その際、見落としてはならないのが、「〜しなければならない」という言葉の前に、特定化する形容詞が付いてい る場合が多いことだ。例えば、「必要な△△をしなければならない」「適切な△△をしなければならない」「該当する△△をしなければならない」などである。こういった形容詞に注意しながら、QMSの設計が影響を受ける「序文 0.1 一般」 a)〜f)の7つの事項をチェックしてみよう。a)〜f)の中から、必要な、あるいは適切な、あるいは該当するものをデザインしなければならない。それは、各社各様のはずである。それができていなかったから、「QMSで効果が上がらない」という声が上がってきたのではないか。そこで今回、QMSの再設計を提言する次第である。(平林さんにはアイソス10月号から連載で「QMS再設計の提言」に関する記事を執筆してもらう予定)

kokubu国府保周さん 「是正処置・予防処置の実施場面の多様性/好事例紹介」
現場で「やっちゃった」「しまった」「お前のせいだ」といった言葉が出たら、それは是正処置の対象。一方、「もしかすると」「やばい!」「何か起きそう」 といった言葉が出たら、それは予防処置の対象。一方、品質目標のテーマで見てみると、「問題解決」がテーマであるなら、是正処置・予防処置の対象。「課題 達成」がテーマであるなら、予防処置・改善の対象。是正・予防処置の記録については、もう一度見る必要があるものを記録に残すべきであるから、まず記録の 使い道を決めることだ。そうすると、その記録をどのように管理すべきかが自ずと決まってくる。

寺部哲央さん 「設計・開発の効果的運用/好事例紹介」
ISO 9001では、設計をどのような順番で考えればよいか。私は、まず「7.3 設計・開発」で、いかに利益を出す設計仕様にするかを決め、「7.1 製品実現の計画」で、7.3で決めた仕様を、どのように具体化するかを決め、そして「7.5 製造及びサービス提供」で、7.1で決めた内容に基づいて、具体的に顧客に渡せるように実行する、というように考えればよいと思う。例えば、塗装業の場合 は、製品:美しく輝く、深みのある塗装、7.3:塗装仕様書(塗料配合、塗膜厚さ、乾燥条件など)の決定、7.1:仕様書をどのように具体化するかの手順 書の作成、7.5:手順書に基づく塗装の実施、となる。

関連記事

  1. ISO 50001シンポ開催 JISは10月発行見込み
  2. クエストフォーラム(TL9000)会議が15年ぶりに日本で開催
  3. CIAJ主催講演 日吉信晴さんの「QMSに磨きをかける」
  4. VDA-QMCトップによる講演会開催
  5. JMA主催のISO大会初日
  6. 「仮想空間 アメーバピグ」を受講
  7. 事務局を教育する場
  8. イオンが示す「ポスト・コカコーラ」

ピックアップ記事

認証件数激減の主導は「建設」

財団法人日本適合性認定協会(JAB)はこのほど、2009年9月末現在のISOマネジメントシステム認証…

クエストフォーラム(TL9000)会議が15年ぶりに日本で開催

TL9000(情報通信技術分野のマネジメントシステム規格でISO 9001すべてを内包)に関する規格…

10周年を迎えた大島義貞さんの仕事

ISO 14001の審査受託を主業務とする株式会社大島マネジメントシステム研究所(本社・東京都)の設…

吉澤正さんを悼む

筑波大学名誉教授の吉澤正(よしざわ・ただし)さんが2012年12月17日、脳出血でお亡くなりになった…

ISOの修羅場

「社長、私らは会社の仕事を優先してやったらいいんですか、それともISOの仕事を優先してやったらい…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP