附属書SL

ISO Guide 83が国際規格ルールに

ISOマネジメントシステム規格(以下、ISO MSS)の整合化をはかるため、すべてのISO MSSに共通の上位構造(規格の章立ての意味)、テキスト(要求事項)、用語・定義が、ISO/TMB(技術管理評議会)のJTCG(合同技術調整グループ)で開発され、「ISO Guide 83  High level structure, identical core text and common terms and core definitions for use in Management Systems Standards(マネジメントシステム規格における利用のための上位構造、共通の中核となるテキスト並びに共通用語及び中核となる定義)」のタイトル名で2012年2月のTMB会議で承認された。同ガイドは、上期には現行の「ISO Guide 72(マネジメントシステム規格の正当性及び作成に関する指針)」と共に、国際規格ルールであるISO/IEC Directives(専門業務用指針)の中に取り込まれることになる。入る場所は、ISO/IEC DirectivesのSupplement(補足指針)のAnnex(附属書)SLである。これにより、今後新規で制定・改訂されるすべてのISO MSSには、ISO Guide 83で示された共通MSSの構造・テキスト・用語が適用されることになる。

なお、ISO/IEC Directivesは、原文・訳文とも無料で読むことができる。おそらく上期中に、ISO Guide 83を取り込んだ原文を読むことができると思われる。訳文掲載は、さらにその2カ月後くらいになる見込み。

関連記事

  1. 次期ISO 9001規格の最新動向 その4
  2. すべてのマネジメントシステム規格はガイド83に従う
  3. 予防処置が消えた理由
  4. 次期ISO 9001規格の最新動向 その5
  5. 【ISOS Review】ISO 14001改正作業の中身
  6. 【ISOS Review】 ガイド83採用規格が目白押し
  7. ISO MSSの共通要素の指針は7月に仮訳発表
  8. 【ISOS Review】ガイド83とISOの考える「統合」

ピックアップ記事

コピー記事に続きはない!

「あのー、アイソスの読者なんですけど、8月号の46ページに『認証件数一覧』ってタイトルの記事が載って…

Vantage Point 内部監査のクライアント

内部監査のクライアントは社員ではないか「内部監査は誰のためにやるのか。内部監査のクライアント…

久米均さんのISO観(3)

1993年11月17日に実施した久米均さんへのインタビュー記事の連載第3回目。今回は国際的な相互承認…

ISO MSSの共通要素の指針は7月に仮訳発表

規格関係者から「ISO Guide 83」として知られていた、ISOマネジメントシステム規格(ISO…

ミラー監査

社長:「うちの内部監査なんですが、もういい加減にして欲しいですね」審査員:「どうされたのです…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP