附属書SL

ISO Guide 83が国際規格ルールに

ISOマネジメントシステム規格(以下、ISO MSS)の整合化をはかるため、すべてのISO MSSに共通の上位構造(規格の章立ての意味)、テキスト(要求事項)、用語・定義が、ISO/TMB(技術管理評議会)のJTCG(合同技術調整グループ)で開発され、「ISO Guide 83  High level structure, identical core text and common terms and core definitions for use in Management Systems Standards(マネジメントシステム規格における利用のための上位構造、共通の中核となるテキスト並びに共通用語及び中核となる定義)」のタイトル名で2012年2月のTMB会議で承認された。同ガイドは、上期には現行の「ISO Guide 72(マネジメントシステム規格の正当性及び作成に関する指針)」と共に、国際規格ルールであるISO/IEC Directives(専門業務用指針)の中に取り込まれることになる。入る場所は、ISO/IEC DirectivesのSupplement(補足指針)のAnnex(附属書)SLである。これにより、今後新規で制定・改訂されるすべてのISO MSSには、ISO Guide 83で示された共通MSSの構造・テキスト・用語が適用されることになる。

なお、ISO/IEC Directivesは、原文・訳文とも無料で読むことができる。おそらく上期中に、ISO Guide 83を取り込んだ原文を読むことができると思われる。訳文掲載は、さらにその2カ月後くらいになる見込み。

関連記事

  1. 【ISOS Review】ガイド83とISOの考える「統合」
  2. 附属書SL完全対応のISO 39001
  3. 吉田敬史さんから共通要求事項を聞く
  4. 次期ISO 9001規格の最新動向を一気読み
  5. ISO MSSの共通要素の指針は7月に仮訳発表
  6. 次期ISO 9001規格の最新動向 その5
  7. 予防処置が消えた理由
  8. 次期ISO 9001規格の最新動向 その4

ピックアップ記事

MS認証懇 認証組織情報の自主公開プログラム開始

ISOマネジメントシステム(MS)認証制度にかかわる認定機関と認証機関で構成されるMS認証懇談会は、…

第6回是正処置WS

本日、午前10時から午後5時まで、第6回是正処置ワークショップ(WS)が東京の審査道無風流道場で開催…

次期ISO 9001規格の最新動向 その5

連載最終回である「その5」では、WDへとつながるラフワーキングドラフトの現状を報告します。ISO/T…

ISO Survey 2012-ISO 50001が前年比332%

ISOは10月24日付のニュースで2012年12月末時点での世界のISOマネジメントシステム認証件数…

優秀認証組織に「JABアワード」

日本適合性認定協会(JAB)は、ISOマネジメントシステム認定認証制度の発展を目指した表彰制度「JA…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP