附属書SL

ISO MSSの共通要素の指針は7月に仮訳発表

規格関係者から「ISO Guide 83」として知られていた、ISOマネジメントシステム規格(ISO MSS)の共通要素(規格の章立て〈High level structure〉、共通要求事項〈identical core text〉、共通用語・コア定義〈common terms and core〉からなる)が記述された文書が、4月30日に「ISO/IEC Directives」(ISO/IEC専用業務指針〈ISO関係者のための業務ルールと考えればよい〉)に取り込まれ、改訂版として発行された。

ISO/IEC Directivesは分厚い文書体系だが、その中の「ISO/IEC Directives, Part 1/ Consolidated ISO Supplement – Procedures specific to ISO / Third edition, 2012」の「Annex SL (normative) Proposals for management system standards」が旧「ISO Guide 83」に相当し、無償でISOのウェブサイトで公開されている。実際にISOマネジメントシステム規格でどのように使用されるのかを知りたい場合は、さらにその中の「Appendix 2 (normative) High level structure, identical core text and common terms and core definitions for use in Management Systems」を見ればよい。

このAppendix 2は、ISOのこちらのサイトからPDFでダウンロードできる「ISO/IEC Directives, Part 1/ Consolidated ISO Supplement – Procedures specific to ISO」の中の141頁に記載されている。

関連記事

  1. 【ISOS Review】ガイド83とISOの考える「統合」
  2. 予防処置が消えた理由
  3. 次期ISO 9001規格の最新動向を一気読み
  4. 次期ISO 9001規格の最新動向 その5
  5. ISO Guide 83が国際規格ルールに
  6. すべてのマネジメントシステム規格はガイド83に従う
  7. 附属書SL完全対応のISO 39001
  8. 【ISOS Review】ISO 14001改正作業の中身

ピックアップ記事

中尾元子 82年史 その4

母は40歳代は毎年、50歳を過ぎてからは2年に1回の割合で個展を開いていました。個展は、いつも大阪・…

「7.5.2 製造及びサービス提供に関するプロセスの妥当性確認」

ISO 9001の規格解釈の中で議論の多いものの1つが、「7.5.2 製造及びサービス提供に関す…

【ISOS Review】 審査中に内部監査員に聞く

認証機関・日本品質保証機構(JQA)の森廣義和・審査事業センター所長と中村務審査員を取材。中村審査員…

図鑑に出ていないチョウ

去年の彼岸、コスモスに飛来したツマグロヒョウモンを見ました。きょう、同じ場所に飛んで来た…

「顧客の顧客」の声を聞く

ある事務機器メーカー・A社を取材した時に、顧客ニーズを探るために「先読み」という活動をしているという…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP