附属書SL

ISO MSSの共通要素の指針は7月に仮訳発表

規格関係者から「ISO Guide 83」として知られていた、ISOマネジメントシステム規格(ISO MSS)の共通要素(規格の章立て〈High level structure〉、共通要求事項〈identical core text〉、共通用語・コア定義〈common terms and core〉からなる)が記述された文書が、4月30日に「ISO/IEC Directives」(ISO/IEC専用業務指針〈ISO関係者のための業務ルールと考えればよい〉)に取り込まれ、改訂版として発行された。

ISO/IEC Directivesは分厚い文書体系だが、その中の「ISO/IEC Directives, Part 1/ Consolidated ISO Supplement – Procedures specific to ISO / Third edition, 2012」の「Annex SL (normative) Proposals for management system standards」が旧「ISO Guide 83」に相当し、無償でISOのウェブサイトで公開されている。実際にISOマネジメントシステム規格でどのように使用されるのかを知りたい場合は、さらにその中の「Appendix 2 (normative) High level structure, identical core text and common terms and core definitions for use in Management Systems」を見ればよい。

このAppendix 2は、ISOのこちらのサイトからPDFでダウンロードできる「ISO/IEC Directives, Part 1/ Consolidated ISO Supplement – Procedures specific to ISO」の中の141頁に記載されている。

関連記事

  1. 次期ISO 9001規格の最新動向 その4
  2. 【ISOS Review】ISO 14001改正作業の中身
  3. 予防処置が消えた理由
  4. 附属書SL完全対応のISO 39001
  5. 次期ISO 9001規格の最新動向 その5
  6. 次期ISO 9001規格の最新動向を一気読み
  7. 吉田敬史さんから共通要求事項を聞く
  8. 【ISOS Review】ガイド83とISOの考える「統合」

ピックアップ記事

中高年諸君 車中でそう言われたらどうする?

心やさしい若者の前に立ったとき「どうぞ」と言われたらどうする?老人に席を譲ろうとすると…

Vantage Point 1996年3月6日

「各業界のトップ企業がまずISO 14001を取ろうということになって、じゃあ、うち(新日本製鐵名古…

林深則鳥棲 水廣則魚游

書をたしなむ娘に一筆書いてもらった。林深則鳥棲 水廣則魚游深い林には鳥が棲み、水が豊…

飯塚悦功プロジェクト 15(最終回) 「私の課題」

飯塚悦功プロジェクト最終回(第15回)の映像です。テーマは「私の課題」。飯塚さん個人における学問上の…

湾岸戦争前のボッシュ

20年前の今日の日記を見ると、私は某業界紙の編集部にいて、ボッシュ日本支社の代表であり、営業本部長で…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP