附属書SL

ISO MSSの共通要素の指針は7月に仮訳発表

規格関係者から「ISO Guide 83」として知られていた、ISOマネジメントシステム規格(ISO MSS)の共通要素(規格の章立て〈High level structure〉、共通要求事項〈identical core text〉、共通用語・コア定義〈common terms and core〉からなる)が記述された文書が、4月30日に「ISO/IEC Directives」(ISO/IEC専用業務指針〈ISO関係者のための業務ルールと考えればよい〉)に取り込まれ、改訂版として発行された。

ISO/IEC Directivesは分厚い文書体系だが、その中の「ISO/IEC Directives, Part 1/ Consolidated ISO Supplement – Procedures specific to ISO / Third edition, 2012」の「Annex SL (normative) Proposals for management system standards」が旧「ISO Guide 83」に相当し、無償でISOのウェブサイトで公開されている。実際にISOマネジメントシステム規格でどのように使用されるのかを知りたい場合は、さらにその中の「Appendix 2 (normative) High level structure, identical core text and common terms and core definitions for use in Management Systems」を見ればよい。

このAppendix 2は、ISOのこちらのサイトからPDFでダウンロードできる「ISO/IEC Directives, Part 1/ Consolidated ISO Supplement – Procedures specific to ISO」の中の141頁に記載されている。

関連記事

  1. 【ISOS Review】 ガイド83採用規格が目白押し
  2. 【ISOS Review】ISO 14001改正作業の中身
  3. すべてのマネジメントシステム規格はガイド83に従う
  4. ISO Guide 83が国際規格ルールに
  5. 附属書SL完全対応のISO 39001
  6. 吉田敬史さんから共通要求事項を聞く
  7. 【ISOS Review】ガイド83とISOの考える「統合」
  8. 予防処置が消えた理由

ピックアップ記事

速報 QMS/EMS認証件数(2013.09)

日本適合性認定協会(JAB)は11月5日付のプレスリリースで、2013年9月末時点での国内ISOマネ…

Vantage Point 維持審査

「健康診断の時にはせめて綺麗なパンツで臨みましょう!!」2月9日、あるメーリングリストで、迷…

2013年末にEUでエネルギー効率指令実施

欧州ではEU指令の中でマネジメントシステムを使ったエネルギー効率化をはかるための強制執行が2013年…

ISO 50001本日発行

エネルギーマネジメントシステムの国際規格であるISO 50001が本日発行された。ISOは発行に際し…

JIS Q 9005発行は12月下旬

JIS Q 9005:2014(質マネジメントシステム―持続可能な成長の指針)が12月20日発行を目…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP