附属書SL

ISO MSSの共通要素の指針は7月に仮訳発表

規格関係者から「ISO Guide 83」として知られていた、ISOマネジメントシステム規格(ISO MSS)の共通要素(規格の章立て〈High level structure〉、共通要求事項〈identical core text〉、共通用語・コア定義〈common terms and core〉からなる)が記述された文書が、4月30日に「ISO/IEC Directives」(ISO/IEC専用業務指針〈ISO関係者のための業務ルールと考えればよい〉)に取り込まれ、改訂版として発行された。

ISO/IEC Directivesは分厚い文書体系だが、その中の「ISO/IEC Directives, Part 1/ Consolidated ISO Supplement – Procedures specific to ISO / Third edition, 2012」の「Annex SL (normative) Proposals for management system standards」が旧「ISO Guide 83」に相当し、無償でISOのウェブサイトで公開されている。実際にISOマネジメントシステム規格でどのように使用されるのかを知りたい場合は、さらにその中の「Appendix 2 (normative) High level structure, identical core text and common terms and core definitions for use in Management Systems」を見ればよい。

このAppendix 2は、ISOのこちらのサイトからPDFでダウンロードできる「ISO/IEC Directives, Part 1/ Consolidated ISO Supplement – Procedures specific to ISO」の中の141頁に記載されている。

関連記事

  1. ISO Guide 83が国際規格ルールに
  2. 次期ISO 9001規格の最新動向 その5
  3. 附属書SL完全対応のISO 39001
  4. 予防処置が消えた理由
  5. 次期ISO 9001規格の最新動向を一気読み
  6. すべてのマネジメントシステム規格はガイド83に従う
  7. 【ISOS Review】 ガイド83採用規格が目白押し
  8. 次期ISO 9001規格の最新動向 その4

ピックアップ記事

【震災寄稿 No.8】 被災生活でまず確保すべきこと

昨日に続いて坂内さんが、自らの被災体験に基づき、震災に遭遇した時の対処法について記してくれました。…

「8.5.1 継続的改善」

QMSの有効性の改善は、製品改善に結びついていないと意味がないのではないか。これは世界のIS…

第3回知識構造化シンポ開催

日科技連主催「第3回知識構造化シンポジウム 『拡大が続くSSM適用分野 その多様化と進化を探る』」が…

門岡淳さんの「なぜなぜ分析」問題 その2

今回は、アイソス5月号の連載記事「門岡 淳の『不適合を生かす!』 なぜなぜ分析を一緒にやってみよう …

飯塚悦功プロジェクト 13 「品質の本質は『目的志向』だ」

誰もいない森で木が倒れた。バサッと音がした。それを「音がした」と言うか?エイズ・コーディ…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP