附属書SL

吉田敬史さんから共通要求事項を聞く

20130228yoshida.jpgISO/TC207国内委員会委員長の吉田敬史さん(グリーンフューチャーズ社長)にお会いしました。主にISOマネジメントシステム規格の共通要求事項が記されたAnnex SLについて話を聞きました。もちろん、この話は次期ISO 14001改訂にも大きく関係してきます。吉田さんは、日本で(あるいは世界でも)、この共通要求事項に関するISOでの議論に一番古くから関わって来られた人ではないでしょうか。ISO 14001が誕生した翌年の1997年に早くも、ISO 9001とISO 14001との整合化の話がISOのTAG12というところで議論が始まり、そのメンバーにユーザー代表として吉田さんは参加しています。それだけに、これまでの共通要求事項に関する議論の経緯も踏まえたSLの話が聞けました。取材記事はアイソス6月号(5月10日発行)に掲載する予定です。

関連記事

  1. 附属書SL完全対応のISO 39001
  2. ISO MSSの共通要素の指針は7月に仮訳発表
  3. ISO Guide 83が国際規格ルールに
  4. 次期ISO 9001規格の最新動向 その4
  5. 次期ISO 9001規格の最新動向 その5
  6. 予防処置が消えた理由
  7. 次期ISO 9001規格の最新動向を一気読み
  8. 【ISOS Review】ガイド83とISOの考える「統合」

ピックアップ記事

釜井秀夫さんとの30分

ISMSコンサルタントの釜井秀夫さんと30分ほど差しでお話をする機会を得ました。「QMSと比較し…

「JAB適合(国内)>全認証??」

5月29日に掲載された「速報 QMS/EMS認証件数(09/03)」について、道友さんからのコメント…

Food Safety Day Japan 2013(5) GFSI中国ローカル・グループ設立

GFSI(Global Food Safety Initiative)主催による「フード・セーフティ…

怒りの季節

ちょうど今ごろの季節です。高校を卒業し、就職したばかりの姉は、翌朝会社に着ていく服を何にする…

Amazonから福丸典芳著『日常用語で読み解くISO 14001』発売

Amazonから福丸典芳著『日常用語で読み解くISO 14001 〜これでJIS Q 14001がミ…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP