附属書SL

吉田敬史さんから共通要求事項を聞く

20130228yoshida.jpgISO/TC207国内委員会委員長の吉田敬史さん(グリーンフューチャーズ社長)にお会いしました。主にISOマネジメントシステム規格の共通要求事項が記されたAnnex SLについて話を聞きました。もちろん、この話は次期ISO 14001改訂にも大きく関係してきます。吉田さんは、日本で(あるいは世界でも)、この共通要求事項に関するISOでの議論に一番古くから関わって来られた人ではないでしょうか。ISO 14001が誕生した翌年の1997年に早くも、ISO 9001とISO 14001との整合化の話がISOのTAG12というところで議論が始まり、そのメンバーにユーザー代表として吉田さんは参加しています。それだけに、これまでの共通要求事項に関する議論の経緯も踏まえたSLの話が聞けました。取材記事はアイソス6月号(5月10日発行)に掲載する予定です。

関連記事

  1. ISO Guide 83が国際規格ルールに
  2. 次期ISO 9001規格の最新動向 その5
  3. 【ISOS Review】ISO 14001改正作業の中身
  4. ISO MSSの共通要素の指針は7月に仮訳発表
  5. 次期ISO 9001規格の最新動向を一気読み
  6. 附属書SL完全対応のISO 39001
  7. 【ISOS Review】ガイド83とISOの考える「統合」
  8. 次期ISO 9001規格の最新動向 その4

ピックアップ記事

【ISOS Review】 お嬢の関ヶ原

久しぶりに「ISOを小馬鹿にした天然お嬢」がアイソスに登場(お嬢初出は2013年5月号)。日本のIS…

飯塚悦功プロジェクト 10 「設備のトラブル防止・保全設計」

飯塚悦功プロジェクト第10弾の映像を掲載します。タイトルは「設計のトラブル防止・保全設計」です。…

なんでもない天気の日に事故が起きています

あるタクシー会社を取材しました。担当者とお話をしていて、頭の中で思っていることと現実とのギャップを感…

リスクは「未来の指標」

リスクというのは基本的に「未来の指標」だということを意識する必要があります。ISOマネジメントシステ…

【ISOS Review】PAS 220全shallにBCPハザード分析

フローダイアグラムをベースに、生物的(B)、化学的(C)、物理的(P)要因ごとにハザード分析をやる。…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP