CFP

カーボンフットプリントのISO化は遅れ気味

inabaA.jpgカーボンフットプリント(CFP)の国際標準化作業を行っているISO/TC207(環境マネジメント)のSC7/WG2の対応国内委員会の委員長を務める稲葉敦さん(工学院大学環境エネルギー化学科教授)にお会いして、CFPに関する国内外の動きやISO化の動向などについてお話を伺いました。

カーボンフットプリントの国際規格はISO 14067という番号が付き、現在第二次作業原案(WD2)が8月31日をめどにメンバー各国に回付され、コメントが9月末までに受け付けされます。そのコメントを集約したものを、10月19日にウィーンで開催されるSC7の会議で議論される予定。従来の予定だと、ここで国際規格案(CD)が作成され、11月には各国へ回付される予定だったのですが、稲葉さんは「まだまだCDまで進める段階ではない」と考えています。

一方、国内におけるカーボンフットプリント制度試行事業のほうは、商品種別算定基準(PCR)の対象商品は8月12日時点で36件あり、8月13日に開催されたPCRの策定委員会では新たに精米、衣料用洗剤、なたね油が検討された結果、この3点も登録され、合計39件となった。

関連記事

  1. クラウドセキュリティ認証が今夏からスタート
  2. PDCAの入口は?
  3. ISOにとって「学生」とは?
  4. ISO/SR(ISO 26000)国内委員会を傍聴
  5. 活字に残しておくべきこと
  6. ISOが顧客満足の監視測定ガイド発行
  7. 認証規格開発 年1本ペース
  8. 農水省が3年以内に国際標準原案

ピックアップ記事

「4.2.3 文書管理」

「4.2.2 品質マニュアル」については、2008年版での変更はありません。「4.2.3 文書管理」…

認証機関の統合を画策していた経産省

「国際競争力のある認証機関の育成に向けた、国内機関の戦略的連携・統合等を検討」2009年2月…

「7.5.4 顧客の所有物」

今日は「7.5.4 顧客の所有物」です。お客さんの所有物を預かる運送業者、倉庫業者、宅配業者、引…

「8.5.1 継続的改善」

QMSの有効性の改善は、製品改善に結びついていないと意味がないのではないか。これは世界のIS…

JRCA講演会(川口会場) 速報

財団法人日本規格協会マネジメントシステム審査員評価登録センター(JRCA)主催によるJRCA登録審査…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP