MS全般/その他MS

土居さんが説くリスクのプラス影響

2011_doi.jpgISO 9001やISO 14001の2015改訂で話題になっている「リスクと機会」。この問題をアイソスではリレー連載で取り上げています(この連載は鈴木信吾さんが企画してくれました!)。アイソス9月号(8月10日発行)では、大阪いずみ市民生活協同組合CSR推進室勤務の土居栄三さんに執筆いただきました。土居さんは、福祉事業におけるリスクマネジメントの観点から、高齢者の転倒の問題を例にして、マイナス影響だけでなく、プラス影響もあることを見落とさないで、と説いています。

例えば、「転倒」について……「転倒」が発生するのは高齢者が立ち上がるからであり、自分で歩きたいという高齢者の意志を主体性の発露として大切にしようとするならば、「転倒の可能性」は不可避です。高齢者が自分で立って動くという行為には、「転倒」というマイナス影響だけでなく、そのことによる自立の促進というプラス影響があることを見落とすなら、対応は「立たせない」方向に収斂してしまいます。介護施設におけるリスクマネジメントでは、『病院とは違って、なにかを「すること」(与薬、点滴、手術など)によるリスクよりも、必要なこと(ケア)を提供「しないこと」のリスクの方が大きいことを認識しなければならない』(「認知高齢者のリスクマネジメント」湯浅美千代・編より)ということなのです。(アイソス9月号63ページ本文から抜粋)

▶アイソス9月号のご紹介

関連記事

  1. リスクは「未来の指標」
  2. SRの国際規格が5月にFDIS作成へ
  3. 同じ年に出た9005/6とSIGMA
  4. 母数が少ない中でのリスクアセスメントの手法とは?
  5. PDCAの入口は?
  6. ISOにとって「学生」とは?
  7. JIS Q 9005発行は12月下旬
  8. 認証規格開発 年1本ペース

ピックアップ記事

内部監査員が同行する審査

昨日、某審査機関の社長さんに会ってきました。今でこそ年数回審査に出る程度ですが、以前は社長をやりつつ…

井口新一さん、お疲れさまでした!

6月5日付で日本適合性認定協会(JAB)の井口新一・専務理事が退任され、同日久保真・前常務理事認定セ…

キックオフ研修(東京/病院・医療編)

経済産業省「事業競争力強化モデル事業」をスタートするにあたり、参加メンバーによる同事業の目的の再認識…

さらばWii

おい、フミヤ!起きたか? いま何時だ?まさか正午を過ぎてはいまいな。もし今日も、午前中の…

みなさま、良いお年を!

除夜の鐘を聞きながら、「おお、そうだ、みなさんにご挨拶をしなければ」と筆を取った次第です。本…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP