MS全般/その他MS

活字に残しておくべきこと

年明けに発行するアイソス2月号の割付作業を、
先週から進めています。
いまちょうど、平林良人さん(ISO/TC176国内委員会委員、
2008年版規格執筆メンバー)の原稿を編集しているのですが、
30ページくらいの分量になりそうです。

2000年版発行以来、
どのような問題が規格ユーザーの中で起こり、
ISOではその問題についてどのような議論を尽くした上で、
2008年版発行に至ったかを記録した、
おそらく日本で最も信頼できる第一次資料です。
このような議論の経緯の記録は、
活字で残しておくべきだと思います。

関連記事

  1. ISO/SR(ISO 26000)国内委員会を傍聴
  2. ISOにとって「学生」とは?
  3. リスクは「未来の指標」
  4. RADWIMPSの知恵
  5. EMSとQMSで第三者審査用規格作成の動き
  6. ISO 22301の発行は今夏になりそう
  7. ISOが顧客満足の監視測定ガイド発行
  8. 教育QMS

ピックアップ記事

Vantage Point オープンソース

ISO 50001 should not been considered first on cert…

「秋田屋」近くに事務所移転

本日、会社の事務所を引っ越しました。日本のサラリーマンのメッカである新橋から、羽田行きモノレールの始…

箇条4を超ISOツールで

月刊アイソス8月号(7月10日発行)の特集は「超ISO企業研究会が提案するISO 9001:2015…

2015年版QMS審査はむずかしくなる

JIS Q 9001:2015が11月に発行されると、同規格による審査が本格化する。新規格は運用自由…

認証組織の情報自主公開 公開1組織のみ

MS(マネジメントシステム)認証懇談会は本日、MS認証・認定に係る情報公開を開始した。これはMS認証…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP