MS全般/その他MS

活字に残しておくべきこと

年明けに発行するアイソス2月号の割付作業を、
先週から進めています。
いまちょうど、平林良人さん(ISO/TC176国内委員会委員、
2008年版規格執筆メンバー)の原稿を編集しているのですが、
30ページくらいの分量になりそうです。

2000年版発行以来、
どのような問題が規格ユーザーの中で起こり、
ISOではその問題についてどのような議論を尽くした上で、
2008年版発行に至ったかを記録した、
おそらく日本で最も信頼できる第一次資料です。
このような議論の経緯の記録は、
活字で残しておくべきだと思います。

関連記事

  1. PDCAの入口は?
  2. ISO/DIS45001(労働安全衛生)が決定
  3. EMSとQMSで第三者審査用規格作成の動き
  4. 認証規格開発 年1本ペース
  5. JIS Q 15001:2017(個人情報保護マネジメントシステ…
  6. SRの国際規格が5月にFDIS作成へ
  7. JIS Q 9005発行は12月下旬
  8. ISOにとって「学生」とは?

ピックアップ記事

うらやましい姿勢

先日の連休は腰痛でした。横臥状態で天井の木目を見たり、庭を見たり、犬を見たり・・・あー、…

初陣

鼻すすり父の殴打の仕返しに数の子一羽犬に食わせる(中尾優作)…

皆様、良いお年を!

ちょうどいま、自宅付近のお寺から除夜の鐘が鳴り始めました。この1年、お世話になったコメンテーター…

RPG「ドラゴン・オーディット」@日吉信晴

「実は以前からアイデアとして持っていて、ぜひ実現したい二者監査のロールプレイングゲーム(RPG)があ…

菅原貴弘・エルテス社長に聞く ネット炎上のからくりと対策

リスクに特化したビッグデータ解析で定評のあるエルテス(本社・東京都港区、菅原貴弘社長)が調査したとこ…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP