MS全般/その他MS

活字に残しておくべきこと

年明けに発行するアイソス2月号の割付作業を、
先週から進めています。
いまちょうど、平林良人さん(ISO/TC176国内委員会委員、
2008年版規格執筆メンバー)の原稿を編集しているのですが、
30ページくらいの分量になりそうです。

2000年版発行以来、
どのような問題が規格ユーザーの中で起こり、
ISOではその問題についてどのような議論を尽くした上で、
2008年版発行に至ったかを記録した、
おそらく日本で最も信頼できる第一次資料です。
このような議論の経緯の記録は、
活字で残しておくべきだと思います。

関連記事

  1. ISO/DIS45001(労働安全衛生)が決定
  2. 農水省が3年以内に国際標準原案
  3. World Standards Dayの素敵なポスター
  4. SRの国際規格が5月にFDIS作成へ
  5. 写真で見るトライアスロンのサステナ
  6. シックス・シグマ手法の国際規格発行
  7. 土居さんが説くリスクのプラス影響
  8. 母数が少ない中でのリスクアセスメントの手法とは?

ピックアップ記事

認証組織の情報自主公開 公開1組織のみ

MS(マネジメントシステム)認証懇談会は本日、MS認証・認定に係る情報公開を開始した。これはMS認証…

日本人が欧州でCSRコンサルタントを生業にするまで

下田屋毅氏(しもたや・たけし:写真)は、「ロンドン在住 CSRコンサルタント」という日本人としては希…

飯塚悦功プロジェクト 15(最終回) 「私の課題」

飯塚悦功プロジェクト最終回(第15回)の映像です。テーマは「私の課題」。飯塚さん個人における学問上の…

【品質編】大雨波浪洪水注意報 ところによっては晴れ

日本適合性認定協会(JAB)はこのほど、2009年9月末におけるISOマネジメントシステム認証数のデ…

環境・安全目標は「走行距離の無駄をなくす」

産業廃棄物の収集・運搬・処理業者であるアイダスト(本社・横浜市)は2011年3月にISO 14001…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP