MS全般/その他MS

活字に残しておくべきこと

年明けに発行するアイソス2月号の割付作業を、
先週から進めています。
いまちょうど、平林良人さん(ISO/TC176国内委員会委員、
2008年版規格執筆メンバー)の原稿を編集しているのですが、
30ページくらいの分量になりそうです。

2000年版発行以来、
どのような問題が規格ユーザーの中で起こり、
ISOではその問題についてどのような議論を尽くした上で、
2008年版発行に至ったかを記録した、
おそらく日本で最も信頼できる第一次資料です。
このような議論の経緯の記録は、
活字で残しておくべきだと思います。

関連記事

  1. 教育QMS
  2. 母数が少ない中でのリスクアセスメントの手法とは?
  3. 土居さんが説くリスクのプラス影響
  4. アイソス11月号は「サービス標準化 最前線」
  5. カーボンフットプリントのISO化は遅れ気味
  6. 桜美林大学の国際標準化教育
  7. World Standards Dayの素敵なポスター
  8. 同じ年に出た9005/6とSIGMA

ピックアップ記事

【ISOS Review】 TC176の新委員 須田晋介さん

今年2月からISO/TC176(品質マネジメントを審議する技術委員会)の国内委員会のメンバーとして活…

中尾元子 82年史 その2

母は3人の子どもの世話から手が離れると、つまり末っ子の私が小学校に行くようになると、自宅でピアノ塾を…

エラープルーフ 代替編 その2(中尾家の場合)

我が家のカーナビは古い新しくできた道を走るとカーナビの地図上では森や田畑の道なき…

復刻 YouTube⑤ 「二者監査員研修のプロモーションビデオ(PV)1〜3」

現在、消えてしまったYouTube動画の復刻作業に取り組んでいます。本日は、2011年3月6日〜11…

Vantage Point 野にいる人

「要求事項に適合する製品・サービスを提供し、組織の持続的発展を目指します。その意味では、品質マネジメ…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP