MS全般/その他MS

ISO/DIS45001(労働安全衛生)が決定

ISOmeeting9月21日から25日、スイス・ジュネーブで開催されたISO/PC283会議で、労働安全衛生マネジメントシステムの国際規格原案であるISO/DIS45001の内容が決定した。正式なDIS版が公表されるのは10月末頃になる見込み(日本語版発行はおそらく年明け)。同会議にリエゾン・メンバーとして参加した豊田寿夫氏が、アイソス11月号(2015年10月10日発行)にその討議内容を報告してくれた。ISO45001は附属書SLをベースにしており、OH&Sのマネジメントシステム国際規格としては初版になる。(詳細はアイソス11月号35頁)

写真:ISO45001のドラフト作成メンバー:左側1人目が町田氏(ILO)、同2人目が平林氏(日本代表)、一番右が豊田氏(リエゾン・メンバー)

関連記事

  1. 活字に残しておくべきこと
  2. ISO 22301の発行は今夏になりそう
  3. 母数が少ない中でのリスクアセスメントの手法とは?
  4. RADWIMPSの知恵
  5. 池上彰のISO解説はここがちょっと変!
  6. シックス・シグマ手法の国際規格発行
  7. PDCAの入口は?
  8. JIS Q 9005発行は12月下旬

ピックアップ記事

9月26日の群馬公演プレゼン

9月26日に群馬ISO機構主催による「第10回記念管理責任者フォーラム」で40分程度のプレゼンを行い…

SRの国際規格が5月にFDIS作成へ

3月3日にISOが発表したプレスリリースによりますと、ISO 26000という番号が付いている社会的…

CPD用紙を書く力量

「アイソス」というISOマネジメントシステムの専門月刊誌があります。同誌の読者の中には、QMSや…

ISO 50001とISO 14001との相違点(4)

「ISO 50001とISO 14001との主要相違点」の第4回目で最終回。「4.6 パフォーマンス…

「道路交通安全マネジメント」 ISO認証制度と国の制度との違い

ISO 39001(道路交通安全マネジメントシステム):2012が10月1日に発行された。すでにJQ…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP