MS全般/その他MS

ISO/DIS45001(労働安全衛生)が決定

ISOmeeting9月21日から25日、スイス・ジュネーブで開催されたISO/PC283会議で、労働安全衛生マネジメントシステムの国際規格原案であるISO/DIS45001の内容が決定した。正式なDIS版が公表されるのは10月末頃になる見込み(日本語版発行はおそらく年明け)。同会議にリエゾン・メンバーとして参加した豊田寿夫氏が、アイソス11月号(2015年10月10日発行)にその討議内容を報告してくれた。ISO45001は附属書SLをベースにしており、OH&Sのマネジメントシステム国際規格としては初版になる。(詳細はアイソス11月号35頁)

写真:ISO45001のドラフト作成メンバー:左側1人目が町田氏(ILO)、同2人目が平林氏(日本代表)、一番右が豊田氏(リエゾン・メンバー)

関連記事

  1. 土居さんが説くリスクのプラス影響
  2. 活字に残しておくべきこと
  3. ISOにとって「学生」とは?
  4. JIS Q 9005発行は12月下旬
  5. World Standards Dayの素敵なポスター
  6. リスクは「未来の指標」
  7. 認証規格開発 年1本ペース
  8. シックス・シグマ手法の国際規格発行

ピックアップ記事

コピー記事に続きはない!

「あのー、アイソスの読者なんですけど、8月号の46ページに『認証件数一覧』ってタイトルの記事が載って…

速報 QMS/EMS認証件数(08.06)

日本適合性認定協会(JAB)は本日、「品質・環境マネジメントシステム認証組織件数」をプレスリリースと…

Vantage Point 先輩の言葉

「君が審査員になることを期待している人は誰もいない。誰一人期待もしなければ、審査員になってほしいと思…

生き残るのはどっち?

イオンがLED電球のワゴンセールをやっていました。「1日5.5時間使用した場合、20年間使用でき…

受講生のバラツキをどうするか

内部監査員研修コースの受講生の中には、規格をろくに読んでいない人もいれば、内部監査をすでに経験して規…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP