MS全般/その他MS

ISO/DIS45001(労働安全衛生)が決定

ISOmeeting9月21日から25日、スイス・ジュネーブで開催されたISO/PC283会議で、労働安全衛生マネジメントシステムの国際規格原案であるISO/DIS45001の内容が決定した。正式なDIS版が公表されるのは10月末頃になる見込み(日本語版発行はおそらく年明け)。同会議にリエゾン・メンバーとして参加した豊田寿夫氏が、アイソス11月号(2015年10月10日発行)にその討議内容を報告してくれた。ISO45001は附属書SLをベースにしており、OH&Sのマネジメントシステム国際規格としては初版になる。(詳細はアイソス11月号35頁)

写真:ISO45001のドラフト作成メンバー:左側1人目が町田氏(ILO)、同2人目が平林氏(日本代表)、一番右が豊田氏(リエゾン・メンバー)

関連記事

  1. JIS Q 9005発行は12月下旬
  2. クラウドセキュリティ認証が今夏からスタート
  3. 活字に残しておくべきこと
  4. リスクは「未来の指標」
  5. 母数が少ない中でのリスクアセスメントの手法とは?
  6. SRの国際規格が5月にFDIS作成へ
  7. EMSとQMSで第三者審査用規格作成の動き
  8. JIS Q 15001:2017(個人情報保護マネジメントシステ…

ピックアップ記事

11月中旬以降に適用されるマーケットサーベイランスとは?

認定機関(JAB)が認証機関に対して行う認定審査は、通常、認証組織には直接関わってこない。例外は、認…

速報 QMS/EMS認証件数(08.12)

JABは2月23日付のプレスリリースで、2008年12月末時点での国内のISOマネジメントシステム認…

ISO 9004:2018の詳細解説を特集

月刊アイソス7月号(6月10日発売)の特集は「ISO 9004:2018 持続する成功を達成するため…

10周年を迎えた大島義貞さんの仕事

ISO 14001の審査受託を主業務とする株式会社大島マネジメントシステム研究所(本社・東京都)の設…

Vantage Point 維持審査

「健康診断の時にはせめて綺麗なパンツで臨みましょう!!」2月9日、あるメーリングリストで、迷…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP