MS全般/その他MS

ISO/DIS45001(労働安全衛生)が決定

ISOmeeting9月21日から25日、スイス・ジュネーブで開催されたISO/PC283会議で、労働安全衛生マネジメントシステムの国際規格原案であるISO/DIS45001の内容が決定した。正式なDIS版が公表されるのは10月末頃になる見込み(日本語版発行はおそらく年明け)。同会議にリエゾン・メンバーとして参加した豊田寿夫氏が、アイソス11月号(2015年10月10日発行)にその討議内容を報告してくれた。ISO45001は附属書SLをベースにしており、OH&Sのマネジメントシステム国際規格としては初版になる。(詳細はアイソス11月号35頁)

写真:ISO45001のドラフト作成メンバー:左側1人目が町田氏(ILO)、同2人目が平林氏(日本代表)、一番右が豊田氏(リエゾン・メンバー)

関連記事

  1. 池上彰のISO解説はここがちょっと変!
  2. ISOが顧客満足の監視測定ガイド発行
  3. World Standards Dayの素敵なポスター
  4. ISO 22301の発行は今夏になりそう
  5. シックス・シグマ手法の国際規格発行
  6. 写真で見るトライアスロンのサステナ
  7. PDCAの入口は?
  8. ISO/SR(ISO 26000)国内委員会を傍聴

ピックアップ記事

父の死

17年前になります。昼間、ベンチにすわって、ぐったりしているところを、巡回中のおまわりさんが…

EnMS-Docが世界のISO 50001動向を紹介

ISO 50001の専門サイトを運営しているEnMS-Docアソシエーツ(代表:山之内登氏)はホーム…

飯塚悦功氏の9005改正版連載スタート

JIS Q 9005:2014(品質マネジメントシステム- 持続的成功の指針)が12月22日に発行さ…

森本組の統合マネジメントシステム

老舗の中堅ゼネコン・森本組(大阪市)の統合マネジメントシステム(IMS)を取材。同社はISO 900…

湾岸戦争前のボッシュ

20年前の今日の日記を見ると、私は某業界紙の編集部にいて、ボッシュ日本支社の代表であり、営業本部長で…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP