MS全般/その他MS

ISO/DIS45001(労働安全衛生)が決定

ISOmeeting9月21日から25日、スイス・ジュネーブで開催されたISO/PC283会議で、労働安全衛生マネジメントシステムの国際規格原案であるISO/DIS45001の内容が決定した。正式なDIS版が公表されるのは10月末頃になる見込み(日本語版発行はおそらく年明け)。同会議にリエゾン・メンバーとして参加した豊田寿夫氏が、アイソス11月号(2015年10月10日発行)にその討議内容を報告してくれた。ISO45001は附属書SLをベースにしており、OH&Sのマネジメントシステム国際規格としては初版になる。(詳細はアイソス11月号35頁)

写真:ISO45001のドラフト作成メンバー:左側1人目が町田氏(ILO)、同2人目が平林氏(日本代表)、一番右が豊田氏(リエゾン・メンバー)

関連記事

  1. 教育QMS
  2. 池上彰のISO解説はここがちょっと変!
  3. 土居さんが説くリスクのプラス影響
  4. 母数が少ない中でのリスクアセスメントの手法とは?
  5. アイソス11月号は「サービス標準化 最前線」
  6. RADWIMPSの知恵
  7. 9月号は「アセットマネジメント」特集
  8. EMSとQMSで第三者審査用規格作成の動き

ピックアップ記事

ようやく米国納税者番号を取得

IRS(米国歳入庁)から、申請していたEmployer Identification Number(…

ISO 50001発行記念会議の概要

ISOは、ISO 50001(エネルギーマネジメントシステム)の発行に関する報告会議を、6月17日に…

アイソス11月号は「サービス標準化 最前線」

アイソス11月号(252号 2018年10月10日発売)の特集は「サービス標準化 最前線」です。改正…

「7.5.4 顧客の所有物」

今日は「7.5.4 顧客の所有物」です。お客さんの所有物を預かる運送業者、倉庫業者、宅配業者、引…

この6年間のISO 9001認証争奪戦

JABは四半期に1度、JAB認定・非認定を問わず、認証機関対象に認証件数のアンケート調査を実施し、プ…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP