MS全般/その他MS

JIS Q 9005発行は12月下旬

JIS Q 9005:2014(質マネジメントシステム―持続可能な成長の指針)が12月20日発行を目指して準備が進められている。同規格の初版は2005年版で、今回が第二版となる。初版では、9005とセットでJIS Q 9006(質マネジメントシステム―自己評価の指針)も発行されたが、今回の改正版では、9006の内容を圧縮して9005の附属書として取り込むことで、JIS Q 9005/9006をJIS Q 9005に一本化させている。

現行のISO 9004:2009(組織の持続的成功のための運営管理―品質マネジメントアプローチ)は、JIS Q 9005/9006がベースになっている。しかし、JIS Q 9004:2010発行後も、JIS Q 9005/9006は廃版になることなく、存続することになった。その理由は何か? この点について、JIS Q 9005/9006改正検討委員会委員長を務めた飯塚悦功氏は「その理由は、現行のISO 9004に失望したからです。「あんなものでは仕方がない」と思っているところがあります。ですから、取り下げないどころか、もう発行からかなりの年数が経っていますので、見直して改正版を出そうということになって、このほどようやく検討が終わりました」(アイソス2014年7月号19-20ページに掲載)と語っている。なお、JIS Q 9005発行後には、その解説本も発行する予定である。

関連記事

  1. カーボンフットプリントのISO化は遅れ気味
  2. シックス・シグマ手法の国際規格発行
  3. ISOが顧客満足の監視測定ガイド発行
  4. 農水省が3年以内に国際標準原案
  5. ISO/SR(ISO 26000)国内委員会を傍聴
  6. RADWIMPSの知恵
  7. リスクは「未来の指標」
  8. 活字に残しておくべきこと

ピックアップ記事

ISO 50001でJAB訪問

7月25日にはISO 50001(エネルギーマネジメントシステム)の認定申請受付(ISO 50001…

追悼出版 門岡淳著『〈不適合を生かす〉なぜなぜ分析を一緒にやってみよう!』

故・門岡淳(かどおか・あつし)さんの執筆記事を中心に編集した電子書籍『〈不適合を生かす〉なぜなぜ分析…

中尾元子 82年史 その1

私の母・中尾元子(なかお・もとこ)は、1930年(昭和5年)1月1日に寺本家の6人兄弟の末っ子(兄2…

復刻 YouTube③ 「飯塚悦功プロジェクト9〜15」

現在、消えてしまったYouTube動画の復刻作業に取り組んでいます。本日は、2009年7月9日から2…

認定審査で公的審査員資格は問われない

認定機関は、認証機関の認定だけでなく、いわば公的審査員資格の付与を行う審査員評価登録機関の認定も行っ…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP