MS全般/その他MS

JIS Q 9005発行は12月下旬

JIS Q 9005:2014(質マネジメントシステム―持続可能な成長の指針)が12月20日発行を目指して準備が進められている。同規格の初版は2005年版で、今回が第二版となる。初版では、9005とセットでJIS Q 9006(質マネジメントシステム―自己評価の指針)も発行されたが、今回の改正版では、9006の内容を圧縮して9005の附属書として取り込むことで、JIS Q 9005/9006をJIS Q 9005に一本化させている。

現行のISO 9004:2009(組織の持続的成功のための運営管理―品質マネジメントアプローチ)は、JIS Q 9005/9006がベースになっている。しかし、JIS Q 9004:2010発行後も、JIS Q 9005/9006は廃版になることなく、存続することになった。その理由は何か? この点について、JIS Q 9005/9006改正検討委員会委員長を務めた飯塚悦功氏は「その理由は、現行のISO 9004に失望したからです。「あんなものでは仕方がない」と思っているところがあります。ですから、取り下げないどころか、もう発行からかなりの年数が経っていますので、見直して改正版を出そうということになって、このほどようやく検討が終わりました」(アイソス2014年7月号19-20ページに掲載)と語っている。なお、JIS Q 9005発行後には、その解説本も発行する予定である。

関連記事

  1. ISO 22301の発行は今夏になりそう
  2. EMSとQMSで第三者審査用規格作成の動き
  3. 教育QMS
  4. アイソス11月号は「サービス標準化 最前線」
  5. ISOが顧客満足の監視測定ガイド発行
  6. 農水省が3年以内に国際標準原案
  7. 認証規格開発 年1本ペース
  8. PDCAの入口は?

ピックアップ記事

「知識構造化シンポジウム」開催のお知らせ

毎年恒例行事となりました日本科学技術連盟主催「知識構造化シンポジウム」に、本年もアイソス日記読者・先…

飯塚悦功プロジェクト 14 「Q-Japan構想の三本柱」

本年最初のブログです。今年もどうぞよろしくお願いします。飯塚悦功プロジェクト第14回の映…

アイソス8月号は「シックスシグマ」

アイソス8月号(7月10日発売)の特集は「シックスシグマ」です。シックスシグマの歴史は30年以上あり…

Vantage Point 維持審査

「健康診断の時にはせめて綺麗なパンツで臨みましょう!!」2月9日、あるメーリングリストで、迷…

土居さんが説くリスクのプラス影響

ISO 9001やISO 14001の2015改訂で話題になっている「リスクと機会」。この問題をアイ…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP