MS全般/その他MS

JIS Q 9005発行は12月下旬

JIS Q 9005:2014(質マネジメントシステム―持続可能な成長の指針)が12月20日発行を目指して準備が進められている。同規格の初版は2005年版で、今回が第二版となる。初版では、9005とセットでJIS Q 9006(質マネジメントシステム―自己評価の指針)も発行されたが、今回の改正版では、9006の内容を圧縮して9005の附属書として取り込むことで、JIS Q 9005/9006をJIS Q 9005に一本化させている。

現行のISO 9004:2009(組織の持続的成功のための運営管理―品質マネジメントアプローチ)は、JIS Q 9005/9006がベースになっている。しかし、JIS Q 9004:2010発行後も、JIS Q 9005/9006は廃版になることなく、存続することになった。その理由は何か? この点について、JIS Q 9005/9006改正検討委員会委員長を務めた飯塚悦功氏は「その理由は、現行のISO 9004に失望したからです。「あんなものでは仕方がない」と思っているところがあります。ですから、取り下げないどころか、もう発行からかなりの年数が経っていますので、見直して改正版を出そうということになって、このほどようやく検討が終わりました」(アイソス2014年7月号19-20ページに掲載)と語っている。なお、JIS Q 9005発行後には、その解説本も発行する予定である。

関連記事

  1. 母数が少ない中でのリスクアセスメントの手法とは?
  2. SRの国際規格が5月にFDIS作成へ
  3. 何千もの命を救うISO 39001
  4. 教育QMS
  5. ISO/DIS45001(労働安全衛生)が決定
  6. ISO 22301の発行は今夏になりそう
  7. シックス・シグマ手法の国際規格発行
  8. 写真で見るトライアスロンのサステナ

ピックアップ記事

最近の中国エネルギー事情と規格政策

省エネルギーセンターが主要都市でセミナーをやっていると、西高東低が顕著なテーマがあるそうです。それは…

速報 QMS/EMS認証件数(2013.12)

日本適合性認定協会(JAB)は1月31日付のプレスリリースで、2013年12月末時点での国内ISOマ…

システムの成熟スピードを速める二者監査

先月、世界規模で事業を展開している企業の二者監査を見ることができました。その企業は、ISO認証機関に…

【ISOS Review】 坂田和則さんの改善ファシリテーション

定期購読している雑誌の中に、「いつもここだけは真っ先に読む」という連載記事があると楽しい。アイソス1…

陸続きの重苦しさを感じる欧州認証マップ

ISO 9000の認証数では世界2位で、いまだ急成長を続けるイタリア。こんな元気な国なら、何かおもし…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP