MS全般/その他MS

農水省が3年以内に国際標準原案

農林水産省は平成26年度予算において、「食品産業の強化のうち国際標準化推進事業(委託費)」として約2000万円を概算要求している。これは、日本の食文化及び食品産業の実態に則した国際標準策定に向けた戦略的な検討を行うもので、政策目標として「事業開始後3年以内に国際標準の原案をISO等へ提案」することを掲げている。

具体的には、①有識者による検討会の開催、②国内食品事業者、消費者等関係者間の意向把握及び意識醸成、③国際会議出席、④諸外国情勢に係る調査・分析、⑤国際標準の原案作成を実施していく。

関連記事

  1. 母数が少ない中でのリスクアセスメントの手法とは?
  2. 同じ年に出た9005/6とSIGMA
  3. 目からウロコのケーススタディ30例
  4. 写真で見るトライアスロンのサステナ
  5. JIS Q 15001:2017(個人情報保護マネジメントシステ…
  6. SRの国際規格が5月にFDIS作成へ
  7. 認証規格開発 年1本ペース
  8. PDCAの入口は?

ピックアップ記事

「6.3 インフラストラクチャー」

「6.3 インフラストラクチャー」の2008年版での変更点は1個所です。c) 項の例に「情報シス…

門岡淳さんの「なぜなぜ分析」問題 その4

今回は、アイソス7月号の連載記事「門岡 淳の『不適合を生かす!』 なぜなぜ分析を一緒にやってみよう …

知識構造化シンポにアイソス日記読者を先着5名様ご招待(終了)

お陰様で今回の無料ご招待は定員に達しましたので、終了させていただきます。不具…

【ISOS Review】 不適合を絶好の機会に

不適合は仕事のやり方を改善する絶好の機会です。折れそうになる心を支えるためにそう思うことにしましょう…

飯塚悦功プロジェクト 12 「ISOとシステム解析工学」

飯塚悦功プロジェクト第12弾の映像を掲載します。タイトルは「ISOとシステム解析工学」です。…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP