MS全般/その他MS

農水省が3年以内に国際標準原案

農林水産省は平成26年度予算において、「食品産業の強化のうち国際標準化推進事業(委託費)」として約2000万円を概算要求している。これは、日本の食文化及び食品産業の実態に則した国際標準策定に向けた戦略的な検討を行うもので、政策目標として「事業開始後3年以内に国際標準の原案をISO等へ提案」することを掲げている。

具体的には、①有識者による検討会の開催、②国内食品事業者、消費者等関係者間の意向把握及び意識醸成、③国際会議出席、④諸外国情勢に係る調査・分析、⑤国際標準の原案作成を実施していく。

関連記事

  1. 日本初のISO 29990(学習サービス)審査
  2. ISOにとって「学生」とは?
  3. JIS Q 15001:2017(個人情報保護マネジメントシステ…
  4. JIS Q 9005発行は12月下旬
  5. 何千もの命を救うISO 39001
  6. 土居さんが説くリスクのプラス影響
  7. EMSとQMSで第三者審査用規格作成の動き
  8. PDCAの入口は?

ピックアップ記事

明けましておめでとうございます!

アイソス日記の読者の皆様、明けましておめでとうございます。私・中尾優作から皆様への中尾家の年賀状です…

みなさま、良いお年を!

除夜の鐘を聞きながら、「おお、そうだ、みなさんにご挨拶をしなければ」と筆を取った次第です。本…

ISO 50001はISO-レーション(孤独)から事務局を守る

1998年にISOマネジメントシステムを話題とするメーリングリスト「いそいそフォーラム」を開設した木…

娘の成人式

息子の成人式は、スーツとネクタイを買っておけば、あとは自分で勝手にやってくれた。親の参加は皆無だった…

野に咲くEMS

夜中の2時。ゴミ収集車で現場に向おうとしていた社員Aさんを、社長が呼び止めました。「Aさ…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP