MS全般/その他MS

農水省が3年以内に国際標準原案

農林水産省は平成26年度予算において、「食品産業の強化のうち国際標準化推進事業(委託費)」として約2000万円を概算要求している。これは、日本の食文化及び食品産業の実態に則した国際標準策定に向けた戦略的な検討を行うもので、政策目標として「事業開始後3年以内に国際標準の原案をISO等へ提案」することを掲げている。

具体的には、①有識者による検討会の開催、②国内食品事業者、消費者等関係者間の意向把握及び意識醸成、③国際会議出席、④諸外国情勢に係る調査・分析、⑤国際標準の原案作成を実施していく。

関連記事

  1. 何千もの命を救うISO 39001
  2. シックス・シグマ手法の国際規格発行
  3. ISOにとって「学生」とは?
  4. EMSとQMSで第三者審査用規格作成の動き
  5. ISO 22301の発行は今夏になりそう
  6. JIS Q 15001:2017(個人情報保護マネジメントシステ…
  7. 9月号は「アセットマネジメント」特集
  8. 教育QMS

ピックアップ記事

水流聡子教授に聞く事業競争力WG

日本工業標準調査会(JISC)標準部会・適合性評価部会管理システム規格専門委員会の下に設置され、昨年…

「PDCA」は頭でっかちな表現だ

塩田智哉さん(写真)は、食の安心・安全をサポートするサービス会社であるイカリ消毒で、長年営業マンとし…

JMA主催のISO大会初日

日本能率協会主催の「第1回 ISOマネジメント成果事例発表大会」が1月28日より3日間、東京のベルサ…

山手線一周ツアー

告白します。上京間もない若かりし頃昨晩の深酒と暑さでフラフラになり会社には「取材が長引い…

内部監査員が同行する審査

昨日、某審査機関の社長さんに会ってきました。今でこそ年数回審査に出る程度ですが、以前は社長をやりつつ…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP