MS全般/その他MS

農水省が3年以内に国際標準原案

農林水産省は平成26年度予算において、「食品産業の強化のうち国際標準化推進事業(委託費)」として約2000万円を概算要求している。これは、日本の食文化及び食品産業の実態に則した国際標準策定に向けた戦略的な検討を行うもので、政策目標として「事業開始後3年以内に国際標準の原案をISO等へ提案」することを掲げている。

具体的には、①有識者による検討会の開催、②国内食品事業者、消費者等関係者間の意向把握及び意識醸成、③国際会議出席、④諸外国情勢に係る調査・分析、⑤国際標準の原案作成を実施していく。

関連記事

  1. 日本初のISO 29990(学習サービス)審査
  2. 母数が少ない中でのリスクアセスメントの手法とは?
  3. クラウドセキュリティ認証が今夏からスタート
  4. ISOが顧客満足の監視測定ガイド発行
  5. JIS Q 9005発行は12月下旬
  6. SRの国際規格が5月にFDIS作成へ
  7. ISOにとって「学生」とは?
  8. リスクは「未来の指標」

ピックアップ記事

飯塚悦功プロジェクト 7 「FMEAってスゴイ!」

飯塚悦功プロジェクト第7弾の映像を掲載します。タイトルは「FMEAってスゴイ!」です。ト…

速報 QMS/EMS認証件数(2012.9)

財団法人日本適合性認定協会(JAB)は10月31日付のプレスリリースで、2012年9月末時点での国内…

東京都入札参加者のISO 9001取得率は22.7%

東京都を取材しました。平成23/24年度における東京都建設工事競争入札参加者は、平成23年4月1日時…

飯塚悦功プロジェクト 14 「Q-Japan構想の三本柱」

本年最初のブログです。今年もどうぞよろしくお願いします。飯塚悦功プロジェクト第14回の映…

【ISOS Review】 TDK 世界のEMS/OHSMSを統一管理し認証も一本化

TDKグループの安全・環境活動は現在、世界を5つのエリア(日本、中国、アメリカ、アジア、欧州)に分け…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP