MS全般/その他MS

リスクは「未来の指標」

nogushi_backリスクというのは基本的に「未来の指標」だということを意識する必要があります。ISOマネジメントシステム規格が「リスクベースの考え方をしてください」と言ってきたのは、「未来の予測に基づいてマネジメントをしてください」という意味なのです。ところが、日本のISO 9001/14001に取り組む組織において行われてきたリスク対応というのは、多くの場合、過去の分析になっています。

(中略)

これまでの日本のマネジメントは基本的に再発防止の考え方が中心でした。問題が起きてから対応するという問題解決型です。品質や環境で起きた問題を「リスク」として捉え、それをどうやって解決するかというアプローチです。しかし、これから大事になってくるのは、企業にとって良い品質、良い環境とは何かということをしっかり認識したうえで、重要なリスクを考えることです。この視点が今回の規格で問われているわけで、そこを特に意識していただきたいと思います。リスクマネジメントというのは、起きてから手を打つのではなくて、起きる前にその可能性をチェックして対応する、つまりマネジメントの考え方そのものなのです。

(月刊アイソス6月号 Viewpoint this month:野口和彦・ISO/TMB/WG/RM〈リスクマネジメント〉日本代表委員/横浜国立大学 リスク共生社会創造センター長へのインタビュー記事から抜粋)

関連記事

  1. カーボンフットプリントのISO化は遅れ気味
  2. 同じ年に出た9005/6とSIGMA
  3. 土居さんが説くリスクのプラス影響
  4. 何千もの命を救うISO 39001
  5. ISOが顧客満足の監視測定ガイド発行
  6. 認証規格開発 年1本ペース
  7. ISO/SR(ISO 26000)国内委員会を傍聴
  8. 池上彰のISO解説はここがちょっと変!

ピックアップ記事

速報 JAB環境ISO大会(2009)

日本適合性認定協会(JAB)主催による「環境ISO大会」が本日東京で、「環境ISOの有効活用と活動の…

新日本金属のテーマは 「潜在的な事象の顕在化」

電気接点メーカーの新日本金属(本社・福岡県、写真:永島武仁社長)は本年3月、いち早くISO 9001…

「5.5.2 管理責任者」

はたして組織の外にいる人間が管理責任者になってよいものでしょうか?「いや、それはダメだ。規格の意…

目的はなく、目標だけがある、大丈夫か?

アイソスに「2015年 ISO 14001はこう変わる」という連載記事があります。タイトルからは、I…

砂川清榮さんがアイソス初登場

ISO研修機関である株式会社グローバルテクノの代表取締役である砂川清榮さん(写真)からマネジメント論…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP