MS全般/その他MS

シックス・シグマ手法の国際規格発行

ISOは9月14日付のニュースで、シックス・シグマの国際規格として下記2本が発行されたことを発表した。

ISO 13053-1:2011
Quantitative methods in process improvement — Six Sigma — Part 1: DMAIC methodology(プロセス改善における計量法 — シックス・シグマ — パート1:DMAIC手法)

ISO 13053-2:2011
Quantitative methods in process improvement — Six Sigma — Part 2: Tools and techniques(プロセス改善における計量法 — シックス・シグマ — パート2:ツールと技術)

Part 1では、Define(定義)、Measure(測定)、Analyze(分析)、Improve(改善)、Control(管理)の5段階によるDMAIC手法が記述され、事業活動における役割、専門知識、人材育成上に含まれるベストプラクティスが推奨されている。

一方、Part 2は、DMAICアプローチの各段階において、データ表で示すためのツール及び技術に関する記述である。

1986年にモトローラによって開発され、1990年代後半に日本にも紹介されたシックス・シグマの手法が、ここに来てようやく国際標準化されたことになる。今回の規格開発にあたった分科会副議長のブーランジュ博士は「シックス・シグマはしばらくの間存在し続けたが、ISOの標準化のもとにそのベストプラクティスが集約され、統合化された。ISOブランドは世界的に尊重され認識されているので、一層信頼性を付加するものである。さらに、シックス・シグマ手法の国際規格が発行されることにより、明確な形式で国際的理解が深まり、バラツキを抑え、ユーザーに調和したベスト・プラクティスを提供することになるだろう」と述べている。

関連記事

  1. 活字に残しておくべきこと
  2. RADWIMPSの知恵
  3. ISOが顧客満足の監視測定ガイド発行
  4. 池上彰のISO解説はここがちょっと変!
  5. アイソス11月号は「サービス標準化 最前線」
  6. 同じ年に出た9005/6とSIGMA
  7. 写真で見るトライアスロンのサステナ
  8. JIS Q 15001:2017(個人情報保護マネジメントシステ…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (2)

    • イソハドーグ
    • 2011年 9月 25日

    どうします? JIS訳します?規格は、売れそうにないから、民間の解説本にお任せします? 

    • 中尾優作
    • 2011年 9月 26日

    <規格は、売れそうにないから・・・
    ですよね。
    JEITAが訳してくれたら、単行本になるんだけどなあ。

ピックアップ記事

飯塚悦功氏が内閣総理大臣表彰を受賞

毎年、工業標準化推進月間である10月に工業標準化事業表彰式が開催されているが、平成24年度の表彰式は…

ISO 50001とISO 14001との相違点(4)

「ISO 50001とISO 14001との主要相違点」の第4回目で最終回。「4.6 パフォーマンス…

アイソスのお目当て記事は?

アイソス編集部では、3月下旬から4月上旬にかけて、ランダムに選出したアイソス長期購読者(主に認証組織…

「SSM」と言えばダイキン

「なぜなぜ5回」と言えばトヨタ、「SSM」と言えばダイキン。個人的にはそう思っている。そのダイキン工…

古典の品質保証

あなたは古典が読めますか?私は全然ダメです。読めないのですが、ある古典については信頼して…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP