MS全般/その他MS

SRの国際規格が5月にFDIS作成へ

3月3日にISOが発表したプレスリリースによりますと、ISO 26000という番号が付いている社会的責任(SR)の国際規格が、5月にデンマーク・コペンハーゲンで開催される国際会議(ISO/WG SR)において承認を得ることができれば、FDIS(最終国際規格案)作成に入る予定です。このあと、このFDISが承認されれば、続いて2カ月投票が行われ、そこで賛同を得ることができれば正式な国際規格として年内に発行される見込みです。

現在、ISO 26000はDIS(国際規格原案)の段階にあり、ISOのWebで公開され、日本規格協会のWebでは翻訳版も公開されています。今後、FDISも発行されれば、それも同じように無償公開されるのかどうか、この点についてもISOで議論されているようです。

関連記事

  1. 土居さんが説くリスクのプラス影響
  2. 日本初のISO 29990(学習サービス)審査
  3. 認証規格開発 年1本ペース
  4. 活字に残しておくべきこと
  5. ISOにとって「学生」とは?
  6. PDCAの入口は?
  7. JIS Q 9005発行は12月下旬
  8. クラウドセキュリティ認証が今夏からスタート

ピックアップ記事

福岡伸一と池谷裕二が考える「相関」と「因果」

「ソトコト」という月刊誌を読んでいると、いまの編集部の理論的支柱は「福岡伸一」だな、とわかります。月…

J-VACのオープニング会議

ISO審査機関・J-VAC(ジェイ-ヴァック)が審査で使用するオープニング会議(審査初日、審査側が行…

JABが認定料金を一部値下げ

日本適合性認定協会(JAB)は4月1日から新しい認定料金を適用する。認定料金というのは、認証機関に対…

Vantage Point 低価格攻勢

「当機関でも、認証登録をしたとたん、すぐにその登録組織の事務所に他機関の営業が来ている」2月…

Vantage Point 有能な事務局

「有能なISO事務局のただひとつの欠陥は、自己否定できていないことだ」辻井浩一さんの寄稿「I…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP