MS全般/その他MS

SRの国際規格が5月にFDIS作成へ

3月3日にISOが発表したプレスリリースによりますと、ISO 26000という番号が付いている社会的責任(SR)の国際規格が、5月にデンマーク・コペンハーゲンで開催される国際会議(ISO/WG SR)において承認を得ることができれば、FDIS(最終国際規格案)作成に入る予定です。このあと、このFDISが承認されれば、続いて2カ月投票が行われ、そこで賛同を得ることができれば正式な国際規格として年内に発行される見込みです。

現在、ISO 26000はDIS(国際規格原案)の段階にあり、ISOのWebで公開され、日本規格協会のWebでは翻訳版も公開されています。今後、FDISも発行されれば、それも同じように無償公開されるのかどうか、この点についてもISOで議論されているようです。

関連記事

  1. クラウドセキュリティ認証が今夏からスタート
  2. 活字に残しておくべきこと
  3. JIS Q 15001:2017(個人情報保護マネジメントシステ…
  4. 母数が少ない中でのリスクアセスメントの手法とは?
  5. 認証規格開発 年1本ペース
  6. ISOが顧客満足の監視測定ガイド発行
  7. 教育QMS
  8. 土居さんが説くリスクのプラス影響

ピックアップ記事

門岡淳さんの「なぜなぜ分析」問題 その2の解答

5月2日に本ブログに掲載した門岡さんの出題の解答は下記のとおりです。前回の解答から。4の「誤…

ヨーガ断食合宿2日目 富士に縁なし

夜中の2時半頃、道場長が起こしに来てくれた。隣で寝ていたはずの香川さんは、もういなかった。短い間でし…

モットーは「競争から協創へ」

ISOマネジメントシステム認証機関の会議体である日本マネジメントシステム認証機関協議会(JACB)の…

【ISOS Review】 新経審施行後の国交省と東京都

2011年4月の経営事項審査(経審)の審査基準改正により、ISO認証が審査項目として評価されるように…

低学年の野球練習で

ねえねえ、せんせー・・・あっ、ちがった、かんとくぅー…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP