MS全般/その他MS

写真で見るトライアスロンのサステナ

try2.jpg「世界トライアスロンシリーズ横浜大会」は、2012年の大会ではイベント単体で、2013年は大会を運営する世界トライアスロンシリーズ横浜大会組織委員会でISO20121(イベント・サステナビリティマネジメントシステム)の認証を取得しています。同委員会は横浜市、日本トライアスロン連合、横浜市体育協会などで構成され、運営事務局は横浜市・横浜市体育協会が担当。このたび、認証取得への動機、取り組み経緯、今後の課題などについて、世界トライアスロンシリーズ横浜大会組織委員会事務局・金子忠彦氏と武ノ内由紀子氏(写真)から話を聞きました。詳細記事はアイソス3月号(2月10日発行)をご覧ください。本ブログでは、ISO20121の基本3要素である「環境」「社会」「経済」についての取り組み内容の一部を写真で紹介します。

green.jpg
「環境への取り組み:横浜大会1ヵ月前にプレイベントとして「グリーントライアスロン」を開催、会場周辺の海底清掃や公園清掃を実施

social1.jpg
「社会」への取り組み:横浜の古い街並みと新しい街並みとを融合したコース設計

social2.jpg
「社会」への取り組み:2013年はパラトライアスロンで6カテゴリーすべてを開催

economy1.jpg
「経済」への取り組み:観戦者が増えれば地域経済も活性化する

economy2.jpg
「経済」への取り組み:大会は協賛金と参加費で運営(表彰台の後ろに設置されたスポンサーボード)

関連記事

  1. RADWIMPSの知恵
  2. PDCAの入口は?
  3. 教育QMS
  4. 土居さんが説くリスクのプラス影響
  5. World Standards Dayの素敵なポスター
  6. ISO/SR(ISO 26000)国内委員会を傍聴
  7. 母数が少ない中でのリスクアセスメントの手法とは?
  8. 同じ年に出た9005/6とSIGMA

ピックアップ記事

日本の標準化政策はすごいぞ

夕食後、浴室からシャンプーとリンスを持ち出し、テーブルの上に置いて、「さあ、目をつむったまま触るだけ…

次期ISO 9001規格の最新動向 その3

引き続き、ISO/TC176国内対応委員会副委員長・棟近雅彦氏による講演「次期ISO 9001規格に…

【ISOS Review】 UNIDOのISO9001マーケットサーベイランス

ISO/TC176国内委員会のエキスパートの方から「UNIDO(国際連合工業開発機構)がおもしろい調…

ISO 9001:2008の変更点 総目次

これまでブログに書いてきたISO 9001:2000からISO 9001:2008への変更点を、目次…

飯塚悦功プロジェクト 15(最終回) 「私の課題」

飯塚悦功プロジェクト最終回(第15回)の映像です。テーマは「私の課題」。飯塚さん個人における学問上の…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP