MS全般/その他MS

写真で見るトライアスロンのサステナ

try2.jpg「世界トライアスロンシリーズ横浜大会」は、2012年の大会ではイベント単体で、2013年は大会を運営する世界トライアスロンシリーズ横浜大会組織委員会でISO20121(イベント・サステナビリティマネジメントシステム)の認証を取得しています。同委員会は横浜市、日本トライアスロン連合、横浜市体育協会などで構成され、運営事務局は横浜市・横浜市体育協会が担当。このたび、認証取得への動機、取り組み経緯、今後の課題などについて、世界トライアスロンシリーズ横浜大会組織委員会事務局・金子忠彦氏と武ノ内由紀子氏(写真)から話を聞きました。詳細記事はアイソス3月号(2月10日発行)をご覧ください。本ブログでは、ISO20121の基本3要素である「環境」「社会」「経済」についての取り組み内容の一部を写真で紹介します。

green.jpg
「環境への取り組み:横浜大会1ヵ月前にプレイベントとして「グリーントライアスロン」を開催、会場周辺の海底清掃や公園清掃を実施

social1.jpg
「社会」への取り組み:横浜の古い街並みと新しい街並みとを融合したコース設計

social2.jpg
「社会」への取り組み:2013年はパラトライアスロンで6カテゴリーすべてを開催

economy1.jpg
「経済」への取り組み:観戦者が増えれば地域経済も活性化する

economy2.jpg
「経済」への取り組み:大会は協賛金と参加費で運営(表彰台の後ろに設置されたスポンサーボード)

関連記事

  1. リスクは「未来の指標」
  2. 何千もの命を救うISO 39001
  3. SRの国際規格が5月にFDIS作成へ
  4. 9月号は「アセットマネジメント」特集
  5. ISOにとって「学生」とは?
  6. 教育QMS
  7. 土居さんが説くリスクのプラス影響
  8. 母数が少ない中でのリスクアセスメントの手法とは?

ピックアップ記事

ヨーガ断食合宿1日目 汗ビショで温泉

午前10時、JR根府川駅に到着。10分ほどして、ワゴン車が駅に着き、若い女性1人と体格の良い白髪の男…

飯塚悦功プロジェクト 10 「設備のトラブル防止・保全設計」

飯塚悦功プロジェクト第10弾の映像を掲載します。タイトルは「設計のトラブル防止・保全設計」です。…

次期ISO 9001規格の最新動向 その5

連載最終回である「その5」では、WDへとつながるラフワーキングドラフトの現状を報告します。ISO/T…

娘の指導を仰ぐ

「お父さんに生理体操を教えてあげる」娘が真顔でそう言った。どうして男の私に生理体操を教え…

馬鹿sを踏みに

私は高校を出て、夜間大学に進学したのですが、私の科には若者に混じって、髪に白いものが混じる年配の方も…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP