ISO 14001:2015

ISO 14001改訂議論が2月20日からスタート

ISO 14001は、昨年11月のISO/TC207の会合において、全員賛成のもとで次期改訂作業に入ることを可決。2月20日〜22日開催のベルリン会議が、その改訂作業のための第1回会議となる。今後、3年弱の議論を行い、2014年秋には改訂版が発行される予定。現行のISO 14001:2004は第2版で、初版は1996年に発行されているが、初版から第2版への改訂は追補的な内容にとどまっていたが、次回の改訂は「大改訂」となる。

次期改訂で議論される主な項目は次の6つが予定されている。
1.環境パフォーマンス、環境パフォーマンス指標の要求事項の強化
2.法令順守へのコミットメント、知識・理解の実証という概念の考慮
3.ライフサイクル思考及びバリューチェーンの観点、本業プロセスでの戦略的考慮
4.コミュニケーションに関する戦略的、体系的なアプローチの導入
5.要求事項への適用が序々に広がるような成熟度評価の適用についての考慮(認証取得15年の企業と、始めて認証を取得する企業とを、同じスペックで審査するのか? グレード別審査もやっていいのではないか? という議論)
6.ISO 26000では、環境課題として「汚染の予防」「持続可能な資源の利用」「気候変動の緩和と適応」「自然環境の保護と回復」の4つを掲げているが、ISO 14001は主に「汚染の予防」だけである。それでいいのか?という議論

関連記事

  1. 改正版は9001も14001も9月発行
  2. ISO 14001改正版のCD.1発行
  3. 【ISOS Review】ISO 14001改正作業の中身
  4. 2015年版に対応した『環境管理は、自然体で行こう!』(改訂版)…
  5. Amazonから福丸典芳著『日常用語で読み解くISO 14001…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (4)

    • 門岡 淳
    • 2012年 2月 19日

    >6.ISO 26000では、環境課題として「汚染の予防」「持続可能な資源の利用」「気候変動の緩和と適応」「自然環境の保護と回復」の4つを掲げているが、ISO 14001は主に「汚染の予防」だけである。それでいいのか?
    →ISO26000(組織に対する社会的責任に関する指針)は組織のマネジメントのチェックリストとして使うと(イイと)私にコメントしてくれたのは土居さんだったでしょうか・・・・・ISO26000はマネジメント規格のチェックリストとしても有用なのですね。社会的責任の他にガイドとして作成するべき分野,方向はないのでしょうか・・・・ウーン,思いつかない(^-^)。

    • 中尾優作
    • 2012年 2月 19日

    9001が企業の品質のチェックリストなら、26000は企業の品格のチェックリストなんでしょうなあ。

    • イソハドーグ
    • 2012年 2月 21日

    マネジメントシステム規格で、パフォーマンスの強化ってイメージわかないなぁ。組織側の監視測定とマネジメントレビューの運用で、考えることではないのかなぁ。

    • 中尾優作
    • 2012年 2月 21日

    ISO国内委員の話では、ISO 14031やISO 50001などのパフォーマンスの取り扱い方を考慮するとのことです。
    ISO 50001では、ベースラインを決め、パフォーマンス指標を定め、エネルギーレビューを作成することが要求されていますが、そういった手法を参考にするのではないかしらん。イソハドーグさんの言う「組織側の監視測定とマネジメントレビューの運用で考える」ということと矛盾しないかもしれません。

ピックアップ記事

【ISOS Review】 ISOMSS度1%未満の連載記事

ノンアルコール飲料が流行っている。ノンISOMSS記事はいかが?アイソスはISOマネジメント…

JACOが新規事業推進室を設置

日本環境認証機構(JACO)が本日、社長直轄組織として社内に「新規事業推進室」を発足させた。JACO…

推薦図書『ゴーイングコンサーン』

プロセス管理とリスク管理との折り合いをどうつけるか、これについて悩んでいる方は多いようだ。特に、IS…

東京エネルギーサービスのISO 50001 毎月のエネルギーMRで戦略を見直す

東京エネルギーサービス・山本浩三社長が語る戦略的エネルギー・マネジメントレビュー住宅、ホ…

言い換え力

つい先日、「ISMS導入半日セミナー」(日本規格総合研究所主催)を受講したのですが、私の目当ては、I…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP