ISO 50001:2011

EnMS-Docが世界のISO 50001動向を紹介

ISO 50001の専門サイトを運営しているEnMS-Docアソシエーツ(代表:山之内登氏)はホームページ上(http://www.enms-doc.com/jp/)で、世界におけるISO 50001認証状況を定期的に集計しているドイツ環境局の発行リストを紹介している。年1回しか集計しないISO Surveyと違って、こちらは結構頻繁に更新されているようだ。山之内さんは、同局の集計データをもとに、今年1月分と3月分とを比較した表を作成して動向分析を行っている。

ドイツ環境局と言えば、ISO 14001が発行される前から世界におけるEMS認証件数を公表してきた実績を持つ「環境データの強者」である。日本政府も、ISO 50001の世界動向は同局のデータをベースにしている。

EnMS-Docのサイトを訪問すれば、ドイツ環境局のデータの出所を知ることができるし、山之内さんが作成した同データのエクセル版も無料でダウンロードできる!

関連記事

  1. ISO 50001は今後の規格開発の見本になる
  2. ISO 50001専門日本語サイト開設!
  3. ISO 50001と省エネ法のダブルスタンダードを避ける
  4. ISO 50001とISO 14001との相違点(2)
  5. 米国本気のISO 50001
  6. ISO 50000シリーズのラインアップ
  7. ISO 50001とISO 14001との相違点 目次
  8. ISO 50001の未完成なところ

ピックアップ記事

「SSM」と言えばダイキン

「なぜなぜ5回」と言えばトヨタ、「SSM」と言えばダイキン。個人的にはそう思っている。そのダイキン工…

速報 QMS/EMS認証件数(2012.9)

財団法人日本適合性認定協会(JAB)は10月31日付のプレスリリースで、2012年9月末時点での国内…

意図を理解しない日々

【小学校の社会科の授業で】先生「田植えの時期に雨が降ると喜ぶのは誰でしょう?」中尾「カエルで…

第5回是正処置WS

10月18日午前10時半からアムシック(コンサルタント会社、東京都葛飾区)の事務所で開催された審査道…

日科技連主催 第2回SSMシンポ開催

日本科学技術連盟(日科技連)主催「第2回 知識構造化シンポジウム」が、9月3日(金)13:30〜17…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP