ISO 50001:2011

ISO 50000シリーズのラインアップ

ISO/TC242(エネルギーマネジメントを審議する技術委員会)対応国内委員会委員である寺田博さんの報告によると、現在TC242にISO 50000シリーズとして、ISO 50001(エネルギーマネジメントシステムの要求事項)のほかに6本の規格作成が提案されているそうです。その日本語タイトルと提案国は下記の通り。

・エネルギーマネジメントシステムの実施、維持及び改善のための指針(米国)
・組織のエネルギーパフォーマンスの監視、測定、分析及び検証(南アフリカ)
・エネルギーベースラインの一般原則及び指針(カナダ)
・エネルギーパフォーマンス指標の一般原則及び指針(ブラジル)
・エネルギーマネジメントシステム監査及び監査員の力量(韓国)
・エネルギー監査(英国)

上記で気になるのは、エネルギーマネジメントシステム監査の規格が提案されていること。ISO 19011の改訂版が数ヵ月後に発行されますが、現行規格が対象をQMS/EMSに限定しているのに対し、この改訂版はQMS/EMSを含めた全てのマネジメントシステムの監査を扱うとしています(詳細は昨日のブログ記事を参照してください)。なのに、エネルギーマネジメントシステム監査については、早くも別規格を作成しようと、ISO/TC242では動き始めているのです。ほんと、節操ないなあ。

関連記事

  1. ISO 50001は今後の規格開発の見本になる
  2. JIS Q 50001:2011 本日制定
  3. ISO 50001の未完成なところ
  4. エネルギー管理規格国別動向
  5. 米国本気のISO 50001
  6. ISO 50001のモデル図
  7. ISO 50001とISO 14001との相違点(2)
  8. ISO 50001本日発行

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (2)

    • 炉村@ROMLER
    • 2011年 10月 21日

    パフォーマンス重視の監査に対して19011だけでは武器が不足していると思います。ということでエネルギー監査というのは、その類を補強するツールではないでしょうか?
    でも結局、精度高くパフォーマンス監査で、「白・黒」を決めるのは無理があると思うけどなぁ・・・

    • 中尾優作
    • 2011年 10月 21日

    韓国が提案しているエネルギーマネジメントシステム監査と英国が提案しているエネルギー監査というのがあって、中身の詳細はまだ見ていないのですが、どのような違いがあるのかを比較してみたいですね。

ピックアップ記事

2014年賀状

皆様 本年もお世話になりました!

アイソス日記読者の皆様。本年もお世話になりました。プライベートでは、今年は4つのことをや…

Amazonから日吉信晴・奥村朋子著『ISO/TS 16949に基づいた内部監査のあり方』発売

ISO/TS 16949審査員として活躍中であり、月刊誌アイソスの人気執筆者である日吉信晴・奥村朋子…

建材試験センター創立50周年式典開く

一般財団法人建材試験センター(JTCCM)が本日、午後3時から5時まで、東京會舘ローズルームで「創立…

Food Safety Day Japan 2013(4) 日本ローカル・グループの最新情報

GFSI(Global Food Safety Initiative)主催による「フード・セーフティ…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP