ISO 50001:2011

ISO 50000シリーズのラインアップ

ISO/TC242(エネルギーマネジメントを審議する技術委員会)対応国内委員会委員である寺田博さんの報告によると、現在TC242にISO 50000シリーズとして、ISO 50001(エネルギーマネジメントシステムの要求事項)のほかに6本の規格作成が提案されているそうです。その日本語タイトルと提案国は下記の通り。

・エネルギーマネジメントシステムの実施、維持及び改善のための指針(米国)
・組織のエネルギーパフォーマンスの監視、測定、分析及び検証(南アフリカ)
・エネルギーベースラインの一般原則及び指針(カナダ)
・エネルギーパフォーマンス指標の一般原則及び指針(ブラジル)
・エネルギーマネジメントシステム監査及び監査員の力量(韓国)
・エネルギー監査(英国)

上記で気になるのは、エネルギーマネジメントシステム監査の規格が提案されていること。ISO 19011の改訂版が数ヵ月後に発行されますが、現行規格が対象をQMS/EMSに限定しているのに対し、この改訂版はQMS/EMSを含めた全てのマネジメントシステムの監査を扱うとしています(詳細は昨日のブログ記事を参照してください)。なのに、エネルギーマネジメントシステム監査については、早くも別規格を作成しようと、ISO/TC242では動き始めているのです。ほんと、節操ないなあ。

関連記事

  1. ISO 50001とISO 14001との相違点(2)
  2. ISO 50001とISO 14001との相違点(1)
  3. ISO 50001本日発行
  4. ISO 50001専門日本語サイト開設!
  5. ISO 50001のモデル図
  6. ISO 50001シンポ速報
  7. JIS Q 50001:2011 本日制定
  8. ISO 50001でJAB訪問

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (2)

    • 炉村@ROMLER
    • 2011年 10月 21日

    パフォーマンス重視の監査に対して19011だけでは武器が不足していると思います。ということでエネルギー監査というのは、その類を補強するツールではないでしょうか?
    でも結局、精度高くパフォーマンス監査で、「白・黒」を決めるのは無理があると思うけどなぁ・・・

    • 中尾優作
    • 2011年 10月 21日

    韓国が提案しているエネルギーマネジメントシステム監査と英国が提案しているエネルギー監査というのがあって、中身の詳細はまだ見ていないのですが、どのような違いがあるのかを比較してみたいですね。

ピックアップ記事

門岡淳さんの「なぜなぜ分析」問題 その4の解答

6月11日の本ブログに掲載した門岡さんの出題の解答は下記のとおりです。前回の解答は、2「管理…

東京エネルギーサービスのISO 50001 毎月のエネルギーMRで戦略を見直す

東京エネルギーサービス・山本浩三社長が語る戦略的エネルギー・マネジメントレビュー住宅、ホ…

速報 QMS/EMS認証件数(2011.6)

公益財団法人日本適合性認定協会(JAB)は8月3日付のプレスリリースで、2011年6月末時点での国内…

ISO 50001とISO 14001との相違点 目次

ISO 50001(エネルギーマネジメントシステム)とISO 14001(環境マネジメントシステム)…

母は尊い

正月、実家の母に電話を入れると、いつも贈ったお歳暮をほめてくれる。昨年は洗剤の詰め合わせを贈…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP