ISO 9001:2008

9001:2008発行遅れるかも

今後のISO 9000シリーズの改訂予定を図表にまとめてみました。
ISO 9001は要求事項の内容は変えないで、わかりやすい表現に変えただけなので「追補」という表現になっていますが、ISO 9004は章構成をはじめ内容ががらっと変わるので「大改訂」になります。

ISO 9004の次期改訂版については、日本からJIS Q 9005とJIS Q 9006を合体圧縮した案をISOに出しており、かなりの部分で日本案が反映されているそうですが、まだ2008年8月段階でDISですから、今後まだま だ内容が変わる可能性があります。

もともとISO 9001とISO 9004とはConsistent pair(整合性のある一対の規格)と呼ばれ、双方矛盾なく概念と用語が整合し、章構成も一致していましたが、今回のISO 9004の大改訂により、「章構成の一致」については断念したみたいですね。

TC176委員の話によると、そのまた次の改訂は2015年ごろになるそうです。また、本日入ったニュースでは、FDISに対する編集上のコメントが少なからずあり、いまその対応をTC176のコアメンバーで検討している段階だそうで、ISの発行は、早くて11月1日、もめれば同月15日にずれ込むかもしれないとのことです。

sakuzu.jpg

関連記事

  1. 「0.3 JIS Q 9004との関係」
  2. 「4.2.3 文書管理」
  3. 「7.3.1 設計・開発の計画」
  4. 「8.2.2 内部監査」
  5. 「7.1 製品実現の計画」
  6. 「8.5.3 予防処置」
  7. 「7.5.1 製造及びサービス提供の管理」
  8. 「7.3.2 設計・開発へのインプット」

ピックアップ記事

2008年版への移行期間

先月、大阪で開催された「JRCA講演会」で、フロアーから「2008年版発効後2年経つと、2000年版…

iPhoneサイト作成

ブログ「アイソス日記」のiPhoneサイトを作成しました。http://yusakunakao.…

ミラー監査

社長:「うちの内部監査なんですが、もういい加減にして欲しいですね」審査員:「どうされたのです…

京都で目的逸脱の幸運

京都におじゃまして並川恭明さん(コーデンシ株式会社品質保証部)にお会いしました。認証移行の話を目的に…

皆様、良いお年を!

ちょうどいま、自宅付近のお寺から除夜の鐘が鳴り始めました。この1年、お世話になったコメンテーター…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP