ISO 9001:2008

9001:2008発行遅れるかも

今後のISO 9000シリーズの改訂予定を図表にまとめてみました。
ISO 9001は要求事項の内容は変えないで、わかりやすい表現に変えただけなので「追補」という表現になっていますが、ISO 9004は章構成をはじめ内容ががらっと変わるので「大改訂」になります。

ISO 9004の次期改訂版については、日本からJIS Q 9005とJIS Q 9006を合体圧縮した案をISOに出しており、かなりの部分で日本案が反映されているそうですが、まだ2008年8月段階でDISですから、今後まだま だ内容が変わる可能性があります。

もともとISO 9001とISO 9004とはConsistent pair(整合性のある一対の規格)と呼ばれ、双方矛盾なく概念と用語が整合し、章構成も一致していましたが、今回のISO 9004の大改訂により、「章構成の一致」については断念したみたいですね。

TC176委員の話によると、そのまた次の改訂は2015年ごろになるそうです。また、本日入ったニュースでは、FDISに対する編集上のコメントが少なからずあり、いまその対応をTC176のコアメンバーで検討している段階だそうで、ISの発行は、早くて11月1日、もめれば同月15日にずれ込むかもしれないとのことです。

sakuzu.jpg

関連記事

  1. 「8.3 不適合製品の管理」
  2. 「7.6 監視機器及び測定機器の管理」
  3. ISO 9001:2008の変更点 総目次
  4. 「4.2.3 文書管理」
  5. 「8.5.3 予防処置」
  6. 「4.2.1 一般」
  7. 「4.1 一般要求事項」
  8. 「6.2.1 一般」

ピックアップ記事

ISO 14001改訂議論が2月20日からスタート

ISO 14001は、昨年11月のISO/TC207の会合において、全員賛成のもとで次期改訂作業に入…

復刻 YouTube④ 「ISOファシリテーションを体験しよう!」

現在、消えてしまったYouTube動画の復刻作業に取り組んでいます。本日は、2011年1月10日にY…

京都で目的逸脱の幸運

京都におじゃまして並川恭明さん(コーデンシ株式会社品質保証部)にお会いしました。認証移行の話を目的に…

息子の言い分

昨日さあ、柔道の試合に弁当持っていったの。だけど、会場でけっこう忙しくて、食べる暇がなくて、半分…

Vantage Point 冗談半分、本音半分

「いやあ、規格が出たばっかでしょ。だから、審査員の方も審査に慣れていないだろうから、ちょっと甘くなる…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP