ISO 9001:2008

9001:2008発行遅れるかも

今後のISO 9000シリーズの改訂予定を図表にまとめてみました。
ISO 9001は要求事項の内容は変えないで、わかりやすい表現に変えただけなので「追補」という表現になっていますが、ISO 9004は章構成をはじめ内容ががらっと変わるので「大改訂」になります。

ISO 9004の次期改訂版については、日本からJIS Q 9005とJIS Q 9006を合体圧縮した案をISOに出しており、かなりの部分で日本案が反映されているそうですが、まだ2008年8月段階でDISですから、今後まだま だ内容が変わる可能性があります。

もともとISO 9001とISO 9004とはConsistent pair(整合性のある一対の規格)と呼ばれ、双方矛盾なく概念と用語が整合し、章構成も一致していましたが、今回のISO 9004の大改訂により、「章構成の一致」については断念したみたいですね。

TC176委員の話によると、そのまた次の改訂は2015年ごろになるそうです。また、本日入ったニュースでは、FDISに対する編集上のコメントが少なからずあり、いまその対応をTC176のコアメンバーで検討している段階だそうで、ISの発行は、早くて11月1日、もめれば同月15日にずれ込むかもしれないとのことです。

sakuzu.jpg

関連記事

  1. 「5.5.2 管理責任者」
  2. 2008年版発行される
  3. 「8.3 不適合製品の管理」
  4. 「7.4.1 購買プロセス」
  5. 「7.5.1 製造及びサービス提供の管理」
  6. 「4.1 一般要求事項」
  7. 「7.5.4 顧客の所有物」
  8. 「4.2.3 文書管理」

ピックアップ記事

【環境編】JAB適合認証数はこの1年で減少

昨日の【品質編】に続き、本日は【環境編】。この1年間の認証組織数を見ると、ISO 14001はISO…

【ISOS Review】 TDK 世界のEMS/OHSMSを統一管理し認証も一本化

TDKグループの安全・環境活動は現在、世界を5つのエリア(日本、中国、アメリカ、アジア、欧州)に分け…

ISO 9001の発行は11月15日

ISO 9001:2008の発行日は11月15日になります。JIS Q 9001:2008の制定…

ISOファシリテーション合宿初日

アイソス主催でISOファシリテーション合宿(講師:山上裕司氏、アシスタント:小熊孝氏)が本日から開催…

Vantage Point 内部監査のクライアント

内部監査のクライアントは社員ではないか「内部監査は誰のためにやるのか。内部監査のクライアント…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP