ISO 9001:2008

9001:2008発行遅れるかも

今後のISO 9000シリーズの改訂予定を図表にまとめてみました。
ISO 9001は要求事項の内容は変えないで、わかりやすい表現に変えただけなので「追補」という表現になっていますが、ISO 9004は章構成をはじめ内容ががらっと変わるので「大改訂」になります。

ISO 9004の次期改訂版については、日本からJIS Q 9005とJIS Q 9006を合体圧縮した案をISOに出しており、かなりの部分で日本案が反映されているそうですが、まだ2008年8月段階でDISですから、今後まだま だ内容が変わる可能性があります。

もともとISO 9001とISO 9004とはConsistent pair(整合性のある一対の規格)と呼ばれ、双方矛盾なく概念と用語が整合し、章構成も一致していましたが、今回のISO 9004の大改訂により、「章構成の一致」については断念したみたいですね。

TC176委員の話によると、そのまた次の改訂は2015年ごろになるそうです。また、本日入ったニュースでは、FDISに対する編集上のコメントが少なからずあり、いまその対応をTC176のコアメンバーで検討している段階だそうで、ISの発行は、早くて11月1日、もめれば同月15日にずれ込むかもしれないとのことです。

sakuzu.jpg

関連記事

  1. ISO 9001:2008の変更点 総目次
  2. 「4.2.4 記録の管理」
  3. 「7.1 製品実現の計画」
  4. 「7.2.1 製品に関連する要求事項の明確化」
  5. ISO 9001の発行は11月15日
  6. 「4.2.3 文書管理」
  7. 「7.5.1 製造及びサービス提供の管理」
  8. 「7.3.1 設計・開発の計画」

ピックアップ記事

ヨーガ断食合宿2日目 富士に縁なし

夜中の2時半頃、道場長が起こしに来てくれた。隣で寝ていたはずの香川さんは、もういなかった。短い間でし…

JMAQAトップ・佐々木JTB会長に会う

日本能率協会審査登録センター(JMAQA)の上級経営管理者である佐々木隆氏(JTB代表取締役会長)に…

【ISOS Review】奥村朋子氏”二者監査のコツ” その1

─ せっかくの機会なので、二者監査のコツについて教えてください。サプライヤーや顧客からの提供データだ…

署名活動の最近事情

息子の高校を、他校と合併させて、廃校にしようという動きがある。合併予定は、息子の卒業後になるのだが、…

ISOが顧客満足の監視測定ガイド発行

6月25日付でISOから顧客満足の監視及び測定のガイドライン規格であるISO/TS 10004:20…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP