ISO 9001:2008

「0.3 JIS Q 9004との関係」

今日はISO 9001の「0.3  JIS Q 9004との関係」が、2008年版でどう変わったかをみてみましょう。この項目では、文章が大幅に削減されました。というのは、ISO 9001とISO 9004とを関連づける重要な概念である consistent pair の内容が、ISO 9004の次期大改訂によって、修正せざるを得なくなったからです。

この consistent pairというのは「整合性のある一対の規格」という意味で、2000年版においては「ISO 9001とISO 9004とが、単独で使用が可能で、双方で矛盾がなく、概念と用語が整合し、かつ、その章構成が一致している」という概念だったのですが、2009年8月 の発行に向けて大改訂作業を進めているISO 9004:2009では、2000年版とは章構成が変わる予定なので、「章構成が一致している」という概念を堅持できなくなります。

よって、「0.3」の第一パラグラフは次のように変更されました。
(横線は削除、下線は追加)

(ISO 9001:2008   0.3  Relationship with ISO 9004)
The present editons of ISO 9001 and ISO 9004 have been developed as a consistent pair of are quality management system standards which have been designed to complement each other, but can also  be used independently.  Although the two International Standards have differentscopes, they have similar structures in order to assist their application as a consistent pair.
(JIS DRAFT 9001:2008 0.3  JIS Q 9004との関係)
JIS Q 9004は、JIS Q 9001との整合性を保つように開発されている。この二つの規格は、相互に補完し合うように作成されているが、独立して使用することもできる。

なお、JIS DRAFTでは訳していませんが、原文では次のような注記が「0.3」の最後に記載されています。要は、ISO 9004は改訂中の段階にあるということです。

NOTE  At the time of publication of this international Standard, ISO 9004 is under revision.

関連記事

  1. 「7.3.2 設計・開発へのインプット」
  2. 「7.5.5 製品の保存」
  3. 「1.2 適用」「2. 引用規格」「3. 用語及び定義」
  4. N・クロフト氏のコメント
  5. 「0.2 プロセスアプローチ」
  6. 2008年版発行される
  7. 「7.6 監視機器及び測定機器の管理」
  8. 「1.1 一般」

ピックアップ記事

家元さんに聞いてみた

アイソス日記に何度か紹介しました「是正処置WS」の主催者であり、本ブログの常連コメンテーターの家元さ…

仁義なき戦い

最近、東京・浜松町駅前ビルの国際貿易センタービル内にある「ブックストア談」という書店が「アイソス」を…

吉村伸治は、やはりただ者ではない

吉村伸治さん(写真:ペンネーム/リチャード吉村)の新連載「TS 16949 ここだけのおはなし・・・…

2012年 中尾優作の年賀状

飯塚悦功プロジェクト 4 「システム解析工学での関心事」

飯塚悦功プロジェクト第4弾の映像を掲載します。今回の映像は、アイソス2009年2月号の連載前…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP