ISO 9001:2008

「0.4 他のマネジメントシステムとの両立性」

今日は、ISO 9001:2008の「0.4 他のマネジメントシステムとの両立性」を見てみます。2000年版からの変更点は、第一パラグラフのみです。2000年版ではISO 14001が1996年版になっていたので、それを2004年版に更新していますが、主意に変更はありません。変更になった規格文は下記の通りです。(横線は削除、下線は追加)

(ISO 9001:2008 0.4 Compatibility with other management systems)
This International Standard has been aligned with ISO 14001:1996 in order to enhance the compatibility of the two standards for the benefit of the user community.
During the development of this International Standard, due consideration was given to the provisions of ISO 14001:2004 to enhance the compatibility of the two standards for the benefit of the user community.  Annex A shows the correspondence between ISO 9001:2008 and ISO 14001:2004.
(JIS DRAFT 9001:2008 0.4  他のマネジメントシステムとの両立性)
この規格の作成過程において、多数にわたる利用者の利便のために、JIS Q 14001:2004の規定を十分考慮に入れて二つの規格の両立性を高めている。

なお、JIS DRAFTでは原文の最後の一文が翻訳されていません。
「附属書Aで、ISO 9001:2008とISO 14001:2004との比較を示す」としています。

両規格の両立性を高めるために、文章表現や用語の整合化が2008年版でも推進されています。例えば次のような例です。

(文章表現)ISO 9001:2008 4.2.4 記録の管理
2000年版では「記録は、読みやすく、容易に識別可能で、検索可能であること」という文章が本文の真ん中に入っていましたが、これをISO 14001との整合性をとって、2008年版では条文の一番最後に移動しました。ちなみにISO 14001:2004では「4.5.4  記録の管理」にこの文章が入っています。ただ、原文もJIS訳も少々違いますが。

(用語)ISO 9001:2008  7.5.1 製造及びサービス提供の管理
2008年版では、device は、すべて equipment に用語が統一されました。JIS訳では両方とも「機器」です。equipment はISO 14001:2004では、例えば 4.5.1 に使用され、JIS訳は「機器」です。

関連記事

  1. 「7.5.2 製造及びサービス提供に関するプロセスの妥当性確認」…
  2. 「7.4.1 購買プロセス」
  3. 「8.4 データ分析」
  4. 「4.2.1 一般」
  5. 「8.2.1 顧客満足」
  6. 「5.5.2 管理責任者」
  7. 「8.5.2 是正処置」
  8. 「7.3.1 設計・開発の計画」

ピックアップ記事

活字に残しておくべきこと

年明けに発行するアイソス2月号の割付作業を、先週から進めています。いまちょうど、平林良人さん…

飯塚悦功プロジェクト 2 「支援技術もバカにできないぞ」

飯塚悦功プロジェクト第2弾の映像を掲載します。第1回目の映像では、東大の修士を卒業した飯…

机上の空論

10月3日に東京・無風流道場で是正処置ワークショップが開催され、そこで小生が「机上の空論」というタイ…

奥村朋子さんのTS審査員合格を祝う

奥村朋子さん(通称:TOMOさん)がTS 16949審査員資格試験に合格した。7月16日に契約先の審…

坂田和則 渾身セミナー

アイソス主催による「改善ファシリテーションセミナー」を2月9日10:00〜17:00、東京・丸の内ト…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP