ISO 9001:2008

「0.4 他のマネジメントシステムとの両立性」

今日は、ISO 9001:2008の「0.4 他のマネジメントシステムとの両立性」を見てみます。2000年版からの変更点は、第一パラグラフのみです。2000年版ではISO 14001が1996年版になっていたので、それを2004年版に更新していますが、主意に変更はありません。変更になった規格文は下記の通りです。(横線は削除、下線は追加)

(ISO 9001:2008 0.4 Compatibility with other management systems)
This International Standard has been aligned with ISO 14001:1996 in order to enhance the compatibility of the two standards for the benefit of the user community.
During the development of this International Standard, due consideration was given to the provisions of ISO 14001:2004 to enhance the compatibility of the two standards for the benefit of the user community.  Annex A shows the correspondence between ISO 9001:2008 and ISO 14001:2004.
(JIS DRAFT 9001:2008 0.4  他のマネジメントシステムとの両立性)
この規格の作成過程において、多数にわたる利用者の利便のために、JIS Q 14001:2004の規定を十分考慮に入れて二つの規格の両立性を高めている。

なお、JIS DRAFTでは原文の最後の一文が翻訳されていません。
「附属書Aで、ISO 9001:2008とISO 14001:2004との比較を示す」としています。

両規格の両立性を高めるために、文章表現や用語の整合化が2008年版でも推進されています。例えば次のような例です。

(文章表現)ISO 9001:2008 4.2.4 記録の管理
2000年版では「記録は、読みやすく、容易に識別可能で、検索可能であること」という文章が本文の真ん中に入っていましたが、これをISO 14001との整合性をとって、2008年版では条文の一番最後に移動しました。ちなみにISO 14001:2004では「4.5.4  記録の管理」にこの文章が入っています。ただ、原文もJIS訳も少々違いますが。

(用語)ISO 9001:2008  7.5.1 製造及びサービス提供の管理
2008年版では、device は、すべて equipment に用語が統一されました。JIS訳では両方とも「機器」です。equipment はISO 14001:2004では、例えば 4.5.1 に使用され、JIS訳は「機器」です。

関連記事

  1. 「8.2.4 製品の監視及び測定」
  2. 「8.1 一般」
  3. 「序文 0.1 一般」
  4. 「0.2 プロセスアプローチ」
  5. ISO 9001の発行は11月15日
  6. 「6.2.2 力量、教育・訓練及び認識」
  7. 「6.2.1 一般」
  8. 「4.2.3 文書管理」

ピックアップ記事

第2回事業競争力WG傍聴記(2) ひたちなか総合病院のQMS

本日は、第2回事業競争力WGの「傍聴記(2)」。前回の認証課長の趣旨説明のあと、「マネジメントシステ…

JACOが新規事業推進室を設置

日本環境認証機構(JACO)が本日、社長直轄組織として社内に「新規事業推進室」を発足させた。JACO…

我が家の不買運動

高3の三男のバイト探しが長引いていました。近所のコンビニからは「うちは高1でないと採らないんだ。…

ケアと審査の共通点

ケアサービスの世界では、購買者と利用者が一致しない。例えば老人ホームにとっての購買者は家族である。家…

センセー!

少年野球の休憩時間。低学年の子どもたちがおしゃべりをしています。「運動会って、いつだっけ…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP