ISO 9001:2008

「7.1 製品実現の計画」

今日からは「7 製品実現」を見ていこうと思います。

「7.1 製品実現の計画」でJISが改訂されるのは次の1個所のみです。
現行規格のc)に「測定」が追加され、次のようになります。

「c)その製品のための検証、妥当性確認、監視、測定、
検査及び試験活動、並びに製品合否判定基準」

「監視」と「測定」はセットで記述されていたのですが、
7.1 c) には「測定」が抜けていました。
「4.1 一般要求事項」
「7.5.1 製造及びサービス提供の管理」
「7.6 監視機器及び測定機器の管理」
の3つの要求事項との整合性をとったものと思われます。
現行規格の記述は下記のとおりです(下線は筆者)。

4.1「e)これらのプロセスを監視、測定及び分析する。」
7.5.1「e)規定された監視及び測定が実施されている。」
7.6「定められた要求事項に対する製品の適合性を実証するために、
組織は、実施すべき監視及び測定を明確にすること。」

関連記事

  1. 「7.6 監視機器及び測定機器の管理」
  2. 9001:2008発行遅れるかも
  3. 「7.3.3 設計・開発からのアウトプット」
  4. 「5.5.2 管理責任者」
  5. 「4.1 一般要求事項」
  6. 2008年版発行される
  7. 「1.1 一般」
  8. 「7.3.1 設計・開発の計画」

ピックアップ記事

上妻義直さんが報告した”The Day After”

日本でカーボンフットプリント(CFP)マークを貼付した製品の市場流通が始まったのが昨年10月、貼付製…

奥村朋子さんによる是正処置WS

ロイドレジスタークォリティアシュアランスリミテッド(LRQA)ジャパン主催による「是正処置ワークショ…

JARIのEMS審査における「技術専門性」とは?

日本自動車研究所認証センター(JARI-RB)は1996年に設立、自動車業界の差し迫った環境ニーズに…

過去トラ

先日、10年前の娘と10年前の妻から、我が家に手紙が届きました。これは、娘が小学5年生だった時の学校…

久米均さんのISO観(3)

1993年11月17日に実施した久米均さんへのインタビュー記事の連載第3回目。今回は国際的な相互承認…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP