ISO 9001:2008

「7.3.1 設計・開発の計画」

「The Quality Seminar Annex Site」の管理人である米戸靖彦さんが、ISO/FDIS9001:2008の邦訳に猛スピードで取り組んでおられ、
週末には完成する予定だそうです。

…………………………………………….
さて、当方は相変わらずマイペースで、
ISO9001:2008をみていきたいと思います。

「7.2.2 製品に関連する要求事項のレビュー」と
「7.2.3 顧客とのコミュニケーション」については、
現行規格から変更はありません。

「7.3.1 設計・開発の計画」に、
「b) 設計・開発の各段階に適したレビュー、検証及び妥当性確認」
という記述があり、これは、「7.3.4 設計・開発のレビュー」
「7.3.5 設計・開発の検証」「7.3.6 設計・開発の妥当性確認」へと
つながるわけですが、ISOのユーザーから、
特にサービス業や中小企業から、
「この3つの関係を明確にしてほしい。
これらを個別に取り組むことは大変だ」という声があがったそうです。

そこで、7.3.1の規格文の最後に「注記」を入れて、
この関係を説明することになりました。

NOTE  Design and development review, verification and validation have distinct purposes.  They can be conducted and recorded separately or in any combination, as suitable for the product and the organization.

(注記)設計・開発のレビュー、検証及び妥当性確認は異なった目的をもっている。それらは、製品及び組織に適切なように、個々に又はどのような組み合わせでも、実施及び記録をしてもよい。

つまり、この3つについては、個々に取り組んでもいいし、組み合わせて取り組んでもいいというわけです。

関連記事

  1. 「7.5.4 顧客の所有物」
  2. 「8.4 データ分析」
  3. 「7.5.3 識別及びトレーサビリティ」
  4. 「4.1 一般要求事項」
  5. 「5.5.2 管理責任者」
  6. 「7.1 製品実現の計画」
  7. ISO 9001:2008の変更点 総目次
  8. 「7.4 購買」は大事な割に薄い

ピックアップ記事

「ウェブ時代をゆく」に影響されて(3)

米「ニューヨーク・タイムズ」紙(2007年5月13日)に掲載された記事全訳の3回目です。オンライン・…

2013年末にEUでエネルギー効率指令実施

欧州ではEU指令の中でマネジメントシステムを使ったエネルギー効率化をはかるための強制執行が2013年…

【品質編】大雨波浪洪水注意報 ところによっては晴れ

日本適合性認定協会(JAB)はこのほど、2009年9月末におけるISOマネジメントシステム認証数のデ…

2万トンの原料糖の山

三井製糖・千葉工場を取材した折、生まれて初めて原料糖の山というのを見ました。工場倉庫に保管された2万…

イオンが示す「ポスト・コカコーラ」

日本能率協会(JMA)主催による「第8回食品安全シンポジウム」が3月1日・2日、東京都港区の三田NN…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP