ISO 9001:2008

「7.3.1 設計・開発の計画」

「The Quality Seminar Annex Site」の管理人である米戸靖彦さんが、ISO/FDIS9001:2008の邦訳に猛スピードで取り組んでおられ、
週末には完成する予定だそうです。

…………………………………………….
さて、当方は相変わらずマイペースで、
ISO9001:2008をみていきたいと思います。

「7.2.2 製品に関連する要求事項のレビュー」と
「7.2.3 顧客とのコミュニケーション」については、
現行規格から変更はありません。

「7.3.1 設計・開発の計画」に、
「b) 設計・開発の各段階に適したレビュー、検証及び妥当性確認」
という記述があり、これは、「7.3.4 設計・開発のレビュー」
「7.3.5 設計・開発の検証」「7.3.6 設計・開発の妥当性確認」へと
つながるわけですが、ISOのユーザーから、
特にサービス業や中小企業から、
「この3つの関係を明確にしてほしい。
これらを個別に取り組むことは大変だ」という声があがったそうです。

そこで、7.3.1の規格文の最後に「注記」を入れて、
この関係を説明することになりました。

NOTE  Design and development review, verification and validation have distinct purposes.  They can be conducted and recorded separately or in any combination, as suitable for the product and the organization.

(注記)設計・開発のレビュー、検証及び妥当性確認は異なった目的をもっている。それらは、製品及び組織に適切なように、個々に又はどのような組み合わせでも、実施及び記録をしてもよい。

つまり、この3つについては、個々に取り組んでもいいし、組み合わせて取り組んでもいいというわけです。

関連記事

  1. 「7.3.2 設計・開発へのインプット」
  2. 2008年版 翻訳上の変更
  3. 「8.2.4 製品の監視及び測定」
  4. 「1.2 適用」「2. 引用規格」「3. 用語及び定義」
  5. 「0.3 JIS Q 9004との関係」
  6. 「7.3.3 設計・開発からのアウトプット」
  7. 「4.2.1 一般」
  8. 「7.6 監視機器及び測定機器の管理」

ピックアップ記事

【ISOS Review】ガイド83とISOの考える「統合」

今回、共通要求事項・ガイド83が出てきて、今後ISO 14001とISO 9001が改訂されれば要求…

ISO Guide 83が国際規格ルールに

ISOマネジメントシステム規格(以下、ISO MSS)の整合化をはかるため、すべてのISO MSSに…

門岡淳さんの「なぜなぜ分析セミナー」

月刊アイソス主催による「なぜなぜ分析セミナー」を10月28日に東京で開催しました。講師は門岡淳さん(…

「7.5.3 識別及びトレーサビリティ」

私は、木村忠道さん(いそいそフォーラム管理責任者)が提唱しておられる「写経」の信奉者の1人です。…

Vantage Point インセンティブ

小売:委託工場に対しては、何かインセンティブがないとなかなか食品安全に取り組んでもらえない。…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP