ISO 9001:2008

「7.3.2 設計・開発へのインプット」

今日は「7.3.2 設計・開発へのインプット」です。
原文の最終パラグラフの主語である These inputs が、
The inputs に変わりました。
後に続く文章には変更はありません。
下記の通りです。
(ISO 9001:2000)
These inputs shall be reviewed for adequacy.

(ISO/FDIS 9001:2008)
The inputs shall be reviewed for adequacy.

では、These inputs とThe inputsってどう違うのでしょうか。
These inputs というと、その前にあるa)からd)のインプットである、
と思われてしまうからです。
「あら、そうじゃないの?」って、
思った方は多いのではないでしょうか?
(私もそう思ってましたけど)
The inputs というと、a)からd)に限らず、
設計・開発へのインプットすべてをさすことになります。
このThe inputs は、
7.3.2 の冒頭に出てくる Inputs と同じ意味です。

もう一度、規格文を最初から見てみましょう。

Inputs relating to product requirements shall be determined and records maintained (see 4.2.4).
(製品要求事項に関連するインプットを明確にし、かつ、記録を維持しなければならない(4.2.4参照))

ここで製品要求事項に関するインプットを洗い出します。
続いて、

These inputs shall include
a) …   d)
(インプットには、次の事項を含まなければならない。a)からd) まで)

洗い出した製品要求事項に関するインプットの中には
a)からd)までが含まれていなければなりません。
(しかし、組織が洗い出した製品要求事項に関する
インプットの中には、a)からd)以外もあるかもしれません)

The inputs shall be reviewed for adequacy.
(製品要求事項に関連するインプットについては、その適切性をレビューしなければならない)

a)からd)も含め、
組織が洗い出した製品要求事項に関するすべてのインプットは、
その適切性をレビューしなさいと言っているのでしょう。
JIQ DRAFT Q 9001:2008も「これらのインプットについては」から
「製品要求事項に関連するインプットについては」に、
表現を改めています。

関連記事

  1. 「7.6 監視機器及び測定機器の管理」
  2. 2008年版 翻訳上の変更
  3. 「7.5.2 製造及びサービス提供に関するプロセスの妥当性確認」…
  4. 「7.5.3 識別及びトレーサビリティ」
  5. 「4.1 一般要求事項」
  6. 「8.5.3 予防処置」
  7. ISO 9001の発行は11月15日
  8. 「7.1 製品実現の計画」

ピックアップ記事

艦長の心

先日、いそいそフォーラムの艦長(同フォーラム主催者)と、新橋の中華料理店で飲みました。彼はウ…

久米均さんを取材

久米均さんが8月に日本適合性認定協会(JAB)の理事長に就任したので、その記念インタビューに本日お伺…

日本初のISO 29990(学習サービス)審査

名古屋にある外国人英語指導講師派遣会社の審査を取材しました。審査に使用された仕様は、「非公式教育・訓…

Vantage Point 有能な事務局

「有能なISO事務局のただひとつの欠陥は、自己否定できていないことだ」辻井浩一さんの寄稿「I…

「7.5.1 製造及びサービス提供の管理」

「7.5.1 製造及びサービス提供の管理」では、2008年版で用語の変更があります。2000年版の原…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP