ISO 9001:2008

「7.3.2 設計・開発へのインプット」

今日は「7.3.2 設計・開発へのインプット」です。
原文の最終パラグラフの主語である These inputs が、
The inputs に変わりました。
後に続く文章には変更はありません。
下記の通りです。
(ISO 9001:2000)
These inputs shall be reviewed for adequacy.

(ISO/FDIS 9001:2008)
The inputs shall be reviewed for adequacy.

では、These inputs とThe inputsってどう違うのでしょうか。
These inputs というと、その前にあるa)からd)のインプットである、
と思われてしまうからです。
「あら、そうじゃないの?」って、
思った方は多いのではないでしょうか?
(私もそう思ってましたけど)
The inputs というと、a)からd)に限らず、
設計・開発へのインプットすべてをさすことになります。
このThe inputs は、
7.3.2 の冒頭に出てくる Inputs と同じ意味です。

もう一度、規格文を最初から見てみましょう。

Inputs relating to product requirements shall be determined and records maintained (see 4.2.4).
(製品要求事項に関連するインプットを明確にし、かつ、記録を維持しなければならない(4.2.4参照))

ここで製品要求事項に関するインプットを洗い出します。
続いて、

These inputs shall include
a) …   d)
(インプットには、次の事項を含まなければならない。a)からd) まで)

洗い出した製品要求事項に関するインプットの中には
a)からd)までが含まれていなければなりません。
(しかし、組織が洗い出した製品要求事項に関する
インプットの中には、a)からd)以外もあるかもしれません)

The inputs shall be reviewed for adequacy.
(製品要求事項に関連するインプットについては、その適切性をレビューしなければならない)

a)からd)も含め、
組織が洗い出した製品要求事項に関するすべてのインプットは、
その適切性をレビューしなさいと言っているのでしょう。
JIQ DRAFT Q 9001:2008も「これらのインプットについては」から
「製品要求事項に関連するインプットについては」に、
表現を改めています。

関連記事

  1. 「序文 0.1 一般」
  2. 「7.4.1 購買プロセス」
  3. 「7.5.3 識別及びトレーサビリティ」
  4. 9001:2008発行遅れるかも
  5. 「1.1 一般」
  6. 「8.5.1 継続的改善」
  7. 「4.1 一般要求事項」
  8. 「4.2.3 文書管理」

ピックアップ記事

正規審査員だけの審査機関もあります

審査機関の審査員には、プロパーの審査員(一般企業の正社員に相当)と契約審査員(契約社員等に相当)がい…

Vantage Point 冗談半分、本音半分

「いやあ、規格が出たばっかでしょ。だから、審査員の方も審査に慣れていないだろうから、ちょっと甘くなる…

「クリーンな問いかけ」を身につけるためのセッション

「あるべき姿」を描いたマネジメントシステム(MS)を「仮想MS」とし、一方で実際に動いている現実のM…

第7回是正処置WS

2月28日、午前10時から午後6時まで、第7回是正処置ワークショップ(WS)が東京の審査道無風流道場…

smashmediaの猫

私がほぼ毎日見てる、河野武さん(写真)の個人ブログ、smashmedia が11月にリニューアル…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP