ISO 9001:2008

「7.5.3 識別及びトレーサビリティ」

私は、木村忠道さん(いそいそフォーラム管理責任者)が提唱しておられる「写経」の信奉者の1人です。
ISO 9001:2000は、原文と自分で翻訳した文章をエクセルに入力しました。
エクセルに入れておくと便利なのは、用語の検索です。
ISO/FDIS 9001:2008もエクセルに入れて、identfyを検索してみました。
おや? 「7.5.3 識別及びトレーサビリティ」にまだ identify が残っています。
ISOの審議では「identify という動詞は使用しない」という申し合わせができていたのですが、「7.5.3」についてはそれが徹底できず、FDIS段階では残ってしまいました。
タイトル自体が「7.5.3 Identification and traceability」なので、本文中のidentify を消しそびれたのかもしれませんね。
JISは2000年版と変わらず、2008年版でも identify を「識別する」と訳しています。

2000年版から変更になったのは次の2点のみです。(下線は追加、横線は削除)

(ISO/FDIS 9001:2008)
The organization shall identify the product status with respect to monitoring and measurement requirements throughout product realization.

Where traceability is a requirement, the organization shall control and record the unique identification of the product and maintain records (see 4.2.4).

(JIS DRAFT 9001:2008)
組織は、製品実現の全過程において、監視及び測定の要求事項に関連して、製品の状態を識別しなければならない。

トレーサビリティが要求事項になっている場合には、組織は、製品について固有の識別を管理し、記録を維持しなければならない(4.2.4 参照)。

関連記事

  1. 「8.2.4 製品の監視及び測定」
  2. 「7.3.1 設計・開発の計画」
  3. 「8.2.3 プロセスの監視及び測定」
  4. 「4.2.4 記録の管理」
  5. 「6.4 作業環境」
  6. ISO 9001の発行は11月15日
  7. 「7.5.5 製品の保存」
  8. 2008年版発行される

ピックアップ記事

防災井戸端会議

防災のことでご近所の人たちと雑談をしていたら、だいたいみんな同じような準備をしていることが分かった。…

「認証どころではない」発言について

最近、東北地方太平洋沖地震関係の話題で、あるネット上で「認証どころではない」という発言を何度か見かけ…

「サッカー批評」の一貫性

他誌からいろいろ勉強させてもらっています。季刊誌「サッカー批評」の編集は、No.33以降がリスペ…

速報 QMS/EMS認証件数(2013.06)

財団法人日本適合性認定協会(JAB)は7月31日付のプレスリリースで、2013年6月末時点での国内I…

GHG検証審査で明らかになってきたこと

エネルギーの大手ユーザーでありながらISO 14001をとっていない組織がたくさんあることが、環境省…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP