ISO 9001:2008

「7.5.4 顧客の所有物」

今日は「7.5.4 顧客の所有物」です。
お客さんの所有物を預かる運送業者、倉庫業者、宅配業者、引越業者、

ビル管理業者などは、この項目がメインになりますね。
そうそう、今は少なくなった質屋もそうです。

私が学生の頃はよく質屋を利用しました。
写真部に入っていたのですが、

お金がなくなるとカメラをよく質に入れました。
当時、カメラは高級品で、かなりのお金を貸してくれました。
お金を借りたあとは、せっせとバイトをしてお金を稼ぎ、
カメラが質流れする前に買い戻すわけです。
写真部の他の連中も、お金がなくなるとカメラを質に出していました。
特にお盆と年末は帰省のためにお金がいるので、

この時期の写真部は誰もカメラを持っていませんでした。

さて、この「7.5.4」、

個人情報保護の観点から、最近急に重要度が増しています。
日本の組織は、顧客の個人情報も、
顧客の所有物として管理するようになってきたからです。
これは日本だけの状況ではないらしく、今度の2008年版でも、
次のように注記に「個人情報」が入ることになりました。

(原文の下線が追加された部分)

(ISO/FDIS 9001:2008)
NOTE  Customer property can include intellectual property and personal data.
(JIS DRAFT 9001:2008)
注記 顧客の所有物には、知的財産及び個人情報も含まれる。

関連記事

  1. 「1.1 一般」
  2. 「6.2.1 一般」
  3. 「6.4 作業環境」
  4. ISO 9001:2008の変更点 総目次
  5. 「7.2.1 製品に関連する要求事項の明確化」
  6. 「4.1 一般要求事項」
  7. ISO 9001の発行は11月15日
  8. 「4.2.4 記録の管理」

ピックアップ記事

モンゴルに行ってみたい

家に引きこもっている14歳の息子が、こんなことを言いました。お父さん、僕、モンゴルに…

茜色に輝く人

日本の審査員の平均年収は先進国で最低

IRCA(国際審査員登録機構)は2013年第4四半期に全世界の審査員/監査員対象に雇用と給与に関する…

FSSC 22000の認定サービス始まる

ISO 22000(食品安全マネジメントシステム)にBS PAS 220(食品製造に対する食品安全の…

Food Safety Day Japan 2013(9) 日本のグローバル・マーケットWGからの報告

GFSI(Global Food Safety Initiative)主催による「フード・セーフティ…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP