ISO 9001:2008

「7.5.5 製品の保存」

サービス業から評判が悪い要求事項がこの「7.5.5 製品の保存」です。
「保存には、識別、取扱い、包装、保護及び保存を含めなければならない」というくだりがそうで、「いったいサービス業のどの作業が、要求事項のどれに当たるんだ?」というわけです。
該当しない部分があれば、別にやらなくてもいいわけです。
そこを明確にしました。
「該当する場合」という意味の As applicable が追記されました。
それと2000年版では、冒頭の文章で「製品を適合した状態のまま保存」という表現が使われていましたが、これも「わかりにくい表現である」という声が出ていたので、「要求事項への適合が維持されるよう、製品を保存」に改められました。

2000年版と2008年版の比較は下記のとおりです。
(原文の下線は追加、横線は削除、JISの参考〈注記〉は変更なし)

(ISO/FDIS 9001:2008)
The organization shall preserve the conformity of product during internal processing and delivery to the intended destination in order to maintain conformity to requirementsThis As applicable,
preservation shall include identification, handling, packaging, storage
and protection.  Preservation shall also apply to the constituent parts
or a product.

(JIS Q 9001:2000)
組織は、内部処理から指定納品先への引渡しまでの間、製品を適合した状態のまま保存すること。この保存には、識別、取扱い、包装、保管及び保護を含めること。保存は、製品を構成する要素にも適用すること。
(JIS DRAFT 9001:2008)

織は、内部処理から指定納品先への引渡しまでの間、要求事項への適合が維持されるよう、製品を保存しなければならない。この保存には、該当する場合、識
別、取扱い、包装、保管及び保護を含めなければならない。保存は、製品を構成する要素にも適用しなければならない。(←JIS
DRAFTにはこの一文が抜けていますが、おそらく書き忘れでしょう)

9月10日付の本ブログに米戸靖彦さんのミニ講義がYouTubeの動画で紹介されています。
この中で米戸さんは、2008年版では applicable という用語が使用され、規格の柔軟性が高まったと述べています。
「7.5.5」の As applicable なども、まさにそうです。
「該当する場合」には、対応すればいいのです。
貴社では、無理をして過剰な対応をしておられませんか?
この機会に品質マニュアルを見直してみましょう。

関連記事

  1. 「7.6 監視機器及び測定機器の管理」
  2. 「4.2.3 文書管理」
  3. 「0.3 JIS Q 9004との関係」
  4. 「1.2 適用」「2. 引用規格」「3. 用語及び定義」
  5. 「8.2.3 プロセスの監視及び測定」
  6. 「8.4 データ分析」
  7. 「8.2.1 顧客満足」
  8. 「6.4 作業環境」

ピックアップ記事

目的はなく、目標だけがある、大丈夫か?

アイソスに「2015年 ISO 14001はこう変わる」という連載記事があります。タイトルからは、I…

Food Safety Day Japan 2013(5) GFSI中国ローカル・グループ設立

GFSI(Global Food Safety Initiative)主催による「フード・セーフティ…

タオルマニア

風量発電だけを使用して製造したオーガニックコットン100%のタオル「IKT」。「風で織るタオル」と呼…

夏の食の記憶

20対1の監査員トレード

その会社には、それまで内部監査員は20名ほどいたのですが、1名の優秀な外部監査員とトレードしました。…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP