ISO 9001:2008

「8.2.2 内部監査」

「8.2.2 内部監査」を見てみましょう。
最後のパラグラフで次のような文が出てきます。

「監査された領域に責任をもつ管理者は、
発見された不適合及びその原因を除去するために
遅滞なく処置がとられることを確実にすること」

ここでいう「処置」って、どんな処置なのでしょう。
多くのユーザーからISOに質問が寄せられたそうです。
これは、世界規模の疑問なわけです。
原文は下記の通りです。

The management responsible for the area being audited shall ensure
that actions are taken without undue delay to eliminate detected nonconformities and their causes.

この actions って、何を意味するのでしょうか。
これはやはり、次の「8.2.3 プロセスの監視及び測定」に出てくる
correction and corrective action のことでしょう。

つまり、遅滞なくとるべき処置とは、
必要とされる修正及び是正ということになります。

関連記事

  1. 「5.5.2 管理責任者」
  2. 「8.1 一般」
  3. 「7.3.2 設計・開発へのインプット」
  4. 「6.2.1 一般」
  5. 「7.2.1 製品に関連する要求事項の明確化」
  6. 「6.3 インフラストラクチャー」
  7. 「7.5.1 製造及びサービス提供の管理」
  8. 「8.5.2 是正処置」

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (1)

    • HACCPかん
    • 2008年 8月 21日

    こんにちは。
    初回から楽しみに拝見させていただいております。
    そーです内部監査にやられてます。
    奥が深いですよねー。
    それと、お願いなんですが、
    22000の内容も取り上げていただけませんでしょうか、
    出来れば。

ピックアップ記事

第2回事業競争力WG傍聴記(1) マネジメントシステムの位置づけ

経済産業省の管理システム標準化推進室が事務局となって作業が進められている「事業競争力ワーキンググルー…

第7回是正処置WS

2月28日、午前10時から午後6時まで、第7回是正処置ワークショップ(WS)が東京の審査道無風流道場…

仕掛ける内部監査員研修の予告編

日本科学技術連盟ISO研修事業部を訪問し、北崎洋司・研修業務一課課長と波田野崇・研修業務二課課長にお…

池上彰のISO解説はここがちょっと変!

2011年2月9日にテレビ朝日で放送された報道型バラエティ番組「池上彰の学べるニュース3時間SP」の…

「クリーン監査」を学ぶ

アイソス主催・山上裕司(イノベイション代表取締役)講師によるISOファシリテーションセミナーを5月1…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP