ISO 9001:2008

「8.2.4 製品の監視及び測定」

今日は「8.2.4 製品の監視及び測定」をみてみます。

2000年版では、この要求事項の第2パラグラフは次のようになっていました。
「合否判定基準への適合の証拠を維持すること。記録には、製品のリリース(次工程への引渡し又は出荷)を正式に許可した人を明記すること(4.2.4参照)。」

ISOでは「合否判定基準は記録でなければならないか」という点について議論され、必ずしも記録でなくてもよい、と結論しました。ISOでは、記録ではない、合否判定基準として、次のような事例を挙げています。

(例)レストランのシェフは、料理の最終プロセスとして、お客様に出す直前、味付けに合格した証拠として、料理容器の側面にマークを付けるかもしれない。

ところが、前述した第2パラグラフを読むと、「合否判定基準への適合の証拠を維持すること」に続いて、「記録には・・・」と書かれているので、あたかも合否判定基準は記録であるがごとく誤解される可能性があるとしました。そこで、第2パラグラフの文章を2つに分解し、前の文章を第1パラグラフの後に続けることにしました。

さらに、第2・3パラグラフに出てくる「製品のリリース」に対して、「顧客への」という形容詞をつけることにしました。製品のリリースは、中間プロセスでも発生するしい、最終的に顧客に引き渡すときでも発生しますが、規格の意図は、「顧客への引き渡し」にあることから、明確化の一環として「顧客への」を付けたものです

関連記事

  1. 「6.2.1 一般」
  2. 「7.5.2 製造及びサービス提供に関するプロセスの妥当性確認」…
  3. 「0.4 他のマネジメントシステムとの両立性」
  4. 「8.5.1 継続的改善」
  5. 「7.5.5 製品の保存」
  6. 「8.3 不適合製品の管理」
  7. 「8.4 データ分析」
  8. 9001:2008発行遅れるかも

ピックアップ記事

【震災寄稿 No.5】 多くの人のあたたかみを肌身で感じた2週間

茨城県北部在住で被災された方からのご寄稿です。ご近所の方々と助け合って過ごされた2週間の体験が書…

Vantage Point 組織の時代

「組織が審査機関を選ぶ時代になってきた」2010年2月23日、日本適合性認定協会(JAB)主催の…

京急バスの車内人身事故対策

11月28日に開催された国交省主催「運輸事業の安全に関するシンポジウム 2012」を取材した。国交省…

月刊誌『クオリティマネジメント』の休刊

日科技連出版社が発行している月刊誌『クオリティマネジメント』が今年12月で休刊となる。2011年1月…

Food Safety Day Japan 2013(9) 日本のグローバル・マーケットWGからの報告

GFSI(Global Food Safety Initiative)主催による「フード・セーフティ…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP