ISO 9001:2008

「8.5.2 是正処置」

「8.5.2 是正処置」の中の f)をみてみましょう。
「f) 是正処置において実施した活動のレビュー」

これではいったい、活動の何をレビューするのかわからない。
そういったコメントがISOに寄せられ、
結局、「活動の有効性のレビュー」にしようということになりました。
最終形は次の通り。
「f) 是正処置において実施した活動の有効性のレビュー」

もちろん、これには反対の声もあがりました。
ISO 9000:2005の「レビュー」の定義は次のようになっています。
「設定された目標を達成するための検討対象の
適切性、妥当性、及び有効性(3.2.14)を
判定するために行われる活動」

つまり、「レビュー」の定義の中に「有効性」が含まれていますから、
「有効性のレビュー」とすると、意味が重複してしまいます。

ですけど「有効性のレビュー」という表現が採用されました。
なぜでしょう。
これはやはり、前回でも述べたOutput Matters潮流でしょうね。
重複してもいいから、QMSの有効性をとにかく強調したいのでしょう。

関連記事

  1. 「0.3 JIS Q 9004との関係」
  2. 「8.5.3 予防処置」
  3. 「4.2.1 一般」
  4. N・クロフト氏のコメント
  5. 「6.2.1 一般」
  6. 「7.4.1 購買プロセス」
  7. 「0.4 他のマネジメントシステムとの両立性」
  8. 「8.1 一般」

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (2)

    • GAI
    • 2008年 8月 29日

    「QMSの有効性を強調」については、結果としての処置なのかなと思っています。
    少なくとも(日本の)TC176では、「規格要求のしくみを作って(本来の仕事とは別に)認証という組織側の、そして認証機関側の対応があるのをなんとかしたい。そのためにはある程度限定というのもしかたがない」という考えで、しかし追補(要求事項を変えない、加えない)として対応できる範囲でしているような気がします。
    そのため「そもそもISO9001は適合性だけでなく、有効性も含んでいるんだよ」と「強調」したようになっているのかな?
    そういう意味では、この部分は、組織のレビューには少なくとも有効性は含んでないとダメだよということもあれば、キチンとやっているのにトンデモ解釈で不適合にする審査員、押しつけるコンサルへの牽制というのもあるのかも。

    • yoshikun
    • 2008年 8月 31日

    残念ですね、“有効性”のみに焦点を当てるのは。
    2000年版の要求事項だと是正処置の
    1)ホントにこの処置、この計画でOKなの?(適切性&妥当性)
    2)結果はどうなったの?(有効性)
    を確認できました。
    有効性は、
    「計画した活動が実行され,計画した結果が達成された程度。」
    ですから、計画と結果ダケの確認に終始し是正処置の大きなポイントである内容が検証されない場合が出てこないことを祈ります。
    逆手にとって、第三者審査の場で使うかな(^^)。

ピックアップ記事

EMSとQMSで第三者審査用規格作成の動き

本日、亀山嘉和さん(写真)を取材しました。内容はISO 19011について。この規格のJIS版は今の…

我が家の不買運動

高3の三男のバイト探しが長引いていました。近所のコンビニからは「うちは高1でないと採らないんだ。…

飯塚悦功プロジェクト 12 「ISOとシステム解析工学」

飯塚悦功プロジェクト第12弾の映像を掲載します。タイトルは「ISOとシステム解析工学」です。…

門岡淳さんの「なぜなぜ分析」問題 その1

アイソス4月号から「門岡 淳の『不適合を生かす!』 なぜなぜ分析を一緒にやってみよう」を連載していま…

10周年を迎えた大島義貞さんの仕事

ISO 14001の審査受託を主業務とする株式会社大島マネジメントシステム研究所(本社・東京都)の設…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP