ISO 9001:2008

N・クロフト氏のコメント

 

Nigel.jpgマネジメントシステムの運用・評価で、英米・アジアなどにおいて高い実績を持つナイジェル・クロフト博士が、11月20日に東京で開催されたJ-VAC(認証機関)カスタマーデーに出席し挨拶を述べた。クロフト氏はJ-VACの非常勤取締役でもある。

祝辞の中で同氏は、ISO 9001:2008について次のようにコメントしている。

 

————————————————————————————

5日前に発行されたISO 9001:2008に関して一言申し述べたい。

私はこの規格開発の過程に直接携わってきたが、新規格をご覧になっていただくと分かるように、変更点は非常に小さいものだ。ただ、変更が小さいからといって、「これはいい。自分たちは何もしなくていいんだ」ということには必ずしもならない。

J-VACの精神から言えば、「これは自分たちにとってはいい機会だ」と考えたい。自分たちの組織でやりたかったことをやるため、自分たちのQMSについ て考え、見直すための機会であり、自分たちの組織が、より一貫性ある製品・サービスを提供するために役立てる機会なのだ。なぜなら、自分たちの組織に役に 立っているかどうかということが、マネジメントシステムが目指している目的だからだ。

マネジメントシステムは文書を作ることが目的なのではない。だから、皆さんがこれを前進の機会と捉えていただくことを希望し、また、J-VACの審査員もそのための移行を手助けしたい。

私たちは、皆さんが「今回を規格発行を、自分たちのシステムがもっと効果的に、もっと効率的になるための改善の機会と捉えよう」と思うことを願っている。そして、それこそが「価値ある認証」ということなのだ。

関連記事

  1. 「7.3.2 設計・開発へのインプット」
  2. 「1.1 一般」
  3. 「8.5.1 継続的改善」
  4. 「6.2.2 力量、教育・訓練及び認識」
  5. 「7.2.1 製品に関連する要求事項の明確化」
  6. 「0.2 プロセスアプローチ」
  7. 「8.2.3 プロセスの監視及び測定」
  8. 「7.5.2 製造及びサービス提供に関するプロセスの妥当性確認」…

ピックアップ記事

石坂産業の事例 ISO 50001とデータマイニング

埼玉県の産業廃棄物中間処理業者・石坂産業(写真:畝本典子社長)のISO 50001の取り組みを取材し…

父の命日に

父が若い頃山行きの電車に乗って捕虫網の棹を入れたケースを持っているとよく相席の客から…

恋人を待つ時間

娘の携帯に何度も電話が入っています。寝坊したため約束の時間に待ち合わせ場所に行けなかった相手が、…

元駐マレーシア大使・堀江正彦氏が語った日韓の格差

元駐マレーシア大使・堀江正彦氏(外務省・地球環境問題担当大使)が本日、日本規格協会主催の「標準化と品…

PDCAの入口は?

「PDCAのどこから始めるのがいいか?」先日の「是正処置ワークショップ」でほんの少し出た議論です…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP