国際規格動向ISO 9001:2008

  1. 「7.6 監視機器及び測定機器の管理」

    今日は「7.6 監視機器及び測定機器の管理」です。この項番は、2008年版でけっこう変更があります。まず、devices が equipment に書き替えられること。これについては、規格全体に言えることで、すでに述べたとおりで…

  2. 「7.5.5 製品の保存」

    サービス業から評判が悪い要求事項がこの「7.5.5 製品の保存」です。「保存には、識別、取扱い、…

  3. 「7.5.4 顧客の所有物」

    今日は「7.5.4 顧客の所有物」です。お客さんの所有物を預かる運送業者、倉庫業者、宅配業者、引…

  4. 「7.5.3 識別及びトレーサビリティ」

    私は、木村忠道さん(いそいそフォーラム管理責任者)が提唱しておられる「写経」の信奉者の1人です。…

  5. 「7.5.2 製造及びサービス提供に関するプロセスの妥当性確認」

    ISO 9001の規格解釈の中で議論の多いものの1つが、「7.5.2 製造及びサービス提供に関す…

  6. 「7.5.1 製造及びサービス提供の管理」

  7. 「7.4.1 購買プロセス」

  8. 「7.3.3 設計・開発からのアウトプット」

  9. 「7.3.2 設計・開発へのインプット」

  10. 「7.3.1 設計・開発の計画」

  11. 「7.2.1 製品に関連する要求事項の明確化」

内部監査

  1. ミラー監査

ピックアップ記事

速報 QMS/EMS認証件数(2013.09)

日本適合性認定協会(JAB)は11月5日付のプレスリリースで、2013年9月末時点での国内ISOマネ…

制度改革の提案盛りだくさんのJABシンポ特集

アイソス 2018年6月号(5月10日発売)の特集は、3月20日に開催された「第6回 JAB マネジ…

ISO 19011:2011発行

ISO 19011:2011(Guidelines for auditing management …

オススメ記事

クラウドセキュリティ認証が今夏からスタート

日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)は、ISO/IEC 27001(情報セキュリティ)認証を前提…

アクセスの多い記事

周囲の人のおせっかいがヒューマンエラーを防ぐ

ヒューマンエラーの原因究明を行う際、「深掘り」が王道と思われがちだが、人への責任追及をせず、「こんな…

リスクは「未来の指標」

リスクというのは基本的に「未来の指標」だということを意識する必要があります。ISOマネジメントシステ…

規格説明会参加組織にJIS版無償配布

認証機関による登録組織向けのISO 9001/14001:2015年版規格説明会が昨年末から全国各地…

PAGE TOP