ISO 9001:2008

ISO 9001:2008の変更点 総目次

これまでブログに書いてきたISO 9001:2000からISO 9001:2008への変更点を、目次にしてまとめてみました。

項目のタイトルをクリックすると、関連記事にジャンプします。タイトルの横に記載されている日付はすべて2008年の掲載月日です。第8章から書き始めています。

ISO 9001:2008

序文

0.1 一般 (11/12)
0.2 プロセスアプローチ (11/13)
0.3  JIS Q 9004との関係 (11/15)
0.4 他のマネジメントシステムとの両立性 (11/17)

1 適用範囲

1.1 一般 (11/19)
1.2 適用 (11/26)

2. 引用規格 (11/26)

3. 用語及び定義 (11/26)

4 品質マネジメントシステム

4.1 一般要求事項 (9/28)
4.2 文書化に関する要求事項
4.2.1 一般 (9/29)
4.2.2 品質マニュアル 変更なし
4.2.3 文書管理 (9/30)
4.2.4 記録の管理 (10/1)

5 経営者の責任

5.1 経営者のコミットメント 変更なし
5.2 顧客重視 変更なし
5.3 品質方針 変更なし
5.4 計画 変更なし
5.5 責任、権限及びコミュニケーション 変更なし
5.5.1 責任及び権限 変更なし
5.5.2 管理責任者 (9/24) ←5章で変更はこの事項のみ
5.5.3 内部コミュニケーション 変更なし
5.6 マネジメントレビュー 変更なし

6 資源の運用管理

6.1 資源の提供 変更なし
6.2 人的資源
6.2.1 一般 (9/20)
6.2.2 力量、教育・訓練及び認識 (9/21)
6.3 インフラストラクチャー (9/22)
6.4 作業環境 (9/23)

7 製品実現

7.1 製品実現の計画 (9/2)

7.2 顧客関連のプロセス
7.2.1 製品に関連する要求事項の明確化 (9/3)
7.2.2 製品に関連する要求事項のレビュー 変更なし
7.2.3 顧客とのコミュニケーション 変更なし

7.3 設計・開発
7.3.1 設計・開発の計画 (9/4)
7.3.2 設計・開発へのインプット (9/9)
7.3.3 設計・開発からのアウトプット (9/10)
7.3.4 設計・開発のレビュー 変更なし
7.3.5 設計・開発の検証 変更なし
7.3.6 設計・開発の妥当性確認 変更なし
7.3.7 設計・開発の変更管理 変更なし
7.4 購買
7.4.1 購買プロセス 変更なし(TC176内での議論のみ記載 9/11)
7.4.2 購買情報 変更なし
7.4.3 購買製品の検証 変更なし
7.5 製造及びサービス提供
7.5.1 製造及びサービス提供の管理 (9/13)
7.5.2 製造及びサービス提供に関するプロセスの妥当性確認 (9/13)
7.5.3 識別及びトレーサビリティ (9/16)
7.5.4 顧客の所有物 (9/17)
7.5.5 製品の保存 (9/18)
7.6 監視機器及び測定機器の管理 (9/19)

8. 測定、分析及び改善

8.1 一般 (8/20)
8.2 監視及び測定
8.2.1 顧客満足 (8/20)
8.2.2 内部監査 (8/21)
8.2.3 プロセスの監視及び測定 (8/22)
8.2.4 製品の監視及び測定 (8/23)
8.3 不適合製品の管理 (8/24)
8.4 データ分析 (8/24)
8.5 改善
8.5.1 継続的改善 変更なし(TC176内での議論のみ掲載 8/25)
8.5.2 是正処置 (8/29)
8.5.3 予防処置 (9/1)

敏腕事務局やコンサルタントの方々などのコメントが見所だと思います。
コメントをいただいた方々(順不同:リバビューさん、HACCPかんさん、家元さん、GAIさん、yoshikunさん、師範さん、ファイヤーマンさん、炉村@ROMLERさん、迷える仔豚さん)、ありがとうございました。

関連記事

  1. 「4.2.3 文書管理」
  2. 「7.4 購買」は大事な割に薄い
  3. 「8.3 不適合製品の管理」
  4. 「8.4 データ分析」
  5. 「8.1 一般」
  6. 「6.2.2 力量、教育・訓練及び認識」
  7. 「0.2 プロセスアプローチ」
  8. 「6.2.1 一般」

ピックアップ記事

【ISOS Review】 ガイド83採用規格が目白押し

あらゆるISOマネジメントシステム規格の共通基準となるISO Guide 83について、経済産業省産…

Vantage Point 維持審査

「健康診断の時にはせめて綺麗なパンツで臨みましょう!!」2月9日、あるメーリングリストで、迷…

第2回知識構造化シンポ SSMの先行事例発表

2010年9月3日、日本科学技術連盟主催による「第2回知識構造化シンポジウム」が200名の参加者を迎…

【ISOS Review】 鍋屋バイテック 経営指標としてのエネルギー売上原単位

「(ISO 50001の)認証取得に取り組む中で、生産指標のパラメーターとして、ギガジュール(GJ)…

システム認証と製品認証の垣根が低くなってきた

経済産業省産業技術環境局の山内徹・認証課長(写真)から「マネジメントシステム認証と製品認証の垣根が低…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP