ISO 9001:2015

2015年版QMS審査はむずかしくなる

20151001_nakajo.jpgJIS Q 9001:2015が11月に発行されると、同規格による審査が本格化する。新規格は運用自由度が高いので、組織は自ら考える比重が高くなり、認証機関はその考え方のプロセスを評価する難しさを抱え、審査員の質がこれまで以上に問われることになる。ISO/TC176国内委員会委員長の中條武志氏(写真:中央大学教授)は、2015年版審査について次のように語っている。

「規格に基づくQMS運用の自由度の点から言うと、1987年版は細かく指定するガチガチの規格で自由度がほとんどなかったのに対し、2000年版になると自由度を認めるようになり、2015年版になるとさらに自由度が上がっています。自由度が上がるということは、それだけどのようにやるかを組織に任せているわけで、それを審査員はきちんと評価しなければなりません。これは非常にむずかしいと思います」(アイソス2015年11月号から抜粋)

関連記事

  1. 圧巻! 米戸靖彦さんのDIS逐次解説
  2. 【ISOS Review】 ISO 9001次期改訂に対する日本…
  3. 次期ISO 9001規格の最新動向 その2
  4. 次期ISO 9001規格の最新動向 その1
  5. 次期ISO 9001規格の最新動向 その5
  6. 改正版は9001も14001も9月発行
  7. 次期ISO 9001規格の最新動向 その3
  8. 須田晋介エキスパートが2015年版を詳説

ピックアップ記事

Vantage Point 先輩の言葉

「君が審査員になることを期待している人は誰もいない。誰一人期待もしなければ、審査員になってほしいと思…

「4.1 一般要求事項」

今まで、「8 測定、分析及び改善」「7 製品実現」「6 資源の運用管理」「5 経営者の責任」の順番で…

エラープルーフ 容易編 その1(中尾家の場合)

社会人になったばかりの頃お客さんのゴルフ接待でゴルフ場までを往復する貸切バスの添乗勤務を…

競争優位要因の導き方 〜品質管理全国大会から〜

「組織の競争優位要因をいかに導き出し、保持し続けるか」を研究テーマとした発表会が、10月21日の「標…

少年野球とコンビニ弁当

少年野球の練習試合の日。昼の休憩で、各自持参した弁当を食べます。たいていの子は親が作った弁当を持って…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP