ISO 9001:2015

2015年版QMS審査はむずかしくなる

20151001_nakajo.jpgJIS Q 9001:2015が11月に発行されると、同規格による審査が本格化する。新規格は運用自由度が高いので、組織は自ら考える比重が高くなり、認証機関はその考え方のプロセスを評価する難しさを抱え、審査員の質がこれまで以上に問われることになる。ISO/TC176国内委員会委員長の中條武志氏(写真:中央大学教授)は、2015年版審査について次のように語っている。

「規格に基づくQMS運用の自由度の点から言うと、1987年版は細かく指定するガチガチの規格で自由度がほとんどなかったのに対し、2000年版になると自由度を認めるようになり、2015年版になるとさらに自由度が上がっています。自由度が上がるということは、それだけどのようにやるかを組織に任せているわけで、それを審査員はきちんと評価しなければなりません。これは非常にむずかしいと思います」(アイソス2015年11月号から抜粋)

関連記事

  1. 須田晋介エキスパートが2015年版を詳説
  2. 次期ISO 9001規格の最新動向を一気読み
  3. 次期ISO 9001規格の最新動向 その3
  4. 改正版は9001も14001も9月発行
  5. 圧巻! 米戸靖彦さんのDIS逐次解説
  6. 次期ISO 9001規格の最新動向 その1
  7. 次期ISO 9001規格の最新動向 その5
  8. 【ISOS Review】 ISO 9001次期改訂に対する日本…

ピックアップ記事

施工品質マニュアルを全文掲載

アイソス2018年5月号(4月10日発行)は、建設業における「施工現場」に的を絞った品質マネジメント…

奥村朋子さんのTS審査員合格を祝う

奥村朋子さん(通称:TOMOさん)がTS 16949審査員資格試験に合格した。7月16日に契約先の審…

ヨーガ断食合宿4日目 あこがれの滝行

午前6時。朝のお祈り。あれ? なごみ系女子とお母さんがいない。どうしたのだろう。そう思っていると、お…

速報 QMS/EMS等の認証件数(2010.06)

日本適合性認定協会(JAB)は8月5日、2010年6月末時点での国内マネジメントシステム認証組織件数…

月刊誌『クオリティマネジメント』の休刊

日科技連出版社が発行している月刊誌『クオリティマネジメント』が今年12月で休刊となる。2011年1月…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP