ISO 9001:2015

2015年版QMS審査はむずかしくなる

20151001_nakajo.jpgJIS Q 9001:2015が11月に発行されると、同規格による審査が本格化する。新規格は運用自由度が高いので、組織は自ら考える比重が高くなり、認証機関はその考え方のプロセスを評価する難しさを抱え、審査員の質がこれまで以上に問われることになる。ISO/TC176国内委員会委員長の中條武志氏(写真:中央大学教授)は、2015年版審査について次のように語っている。

「規格に基づくQMS運用の自由度の点から言うと、1987年版は細かく指定するガチガチの規格で自由度がほとんどなかったのに対し、2000年版になると自由度を認めるようになり、2015年版になるとさらに自由度が上がっています。自由度が上がるということは、それだけどのようにやるかを組織に任せているわけで、それを審査員はきちんと評価しなければなりません。これは非常にむずかしいと思います」(アイソス2015年11月号から抜粋)

関連記事

  1. 圧巻! 米戸靖彦さんのDIS逐次解説
  2. 次期ISO 9001規格の最新動向 その3
  3. 改正版は9001も14001も9月発行
  4. 次期ISO 9001規格の最新動向を一気読み
  5. 次期ISO 9001規格の最新動向 その4
  6. 次期ISO 9001規格の最新動向 その1
  7. 次期ISO 9001規格の最新動向 その5
  8. 次期ISO 9001規格の最新動向 その2

ピックアップ記事

2008年版への移行期間

先月、大阪で開催された「JRCA講演会」で、フロアーから「2008年版発効後2年経つと、2000年版…

速報 QMS/EMS認証件数(2011.9)

公益財団法人日本適合性認定協会(JAB)は11月2日付のプレスリリースで、2011年9月末時点での国…

供給者満足は顧客への好悪に関係する

いやなお客の親切よりも好いたお方の無理がよい(都々逸から)…

ISOが世界の認証件数(2008年末時点)を発表

ISOは12月7日付で2008年末時点での世界におけるISOマネジメントシステム認証件数を集計した「…

怒りの季節

ちょうど今ごろの季節です。高校を卒業し、就職したばかりの姉は、翌朝会社に着ていく服を何にする…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP