ISO 9001:2015

【ISOS Review】 ISO 9001次期改訂に対する日本の意見

3月15日、ISO 9001:2008の見直しについてISOで投票が行われ、「廃止:0票、改訂・追補:34票、確認:22票、棄権3票」という結果となり、「改訂」の方向性が決まった。そのあとすぐ、改訂内容を審議するWG24が編成作業が開始され、5月15日にはメンバーが決まる。そして6月18日からスペインのビルビオでWG24の第1回会議が開催され、正式に改訂審議がスタートする。

この会議に、日本はISO 9001改訂の基本的な方向性について、ポジションペーパーを提出する予定だ。このペーパーでは「ISO 9001に基づくQMS認証が顧客にとって価値を持ち続けるために」最低限必要な検討事項として下記の3点を挙げている。

(1)製品およびその提供にかかわる固有技術の獲得・向上に関するより明確な要求事項の追加。
(2)不適合や事故・不祥事の主な原因となっている知識・スキル不足、意図的な不遵守、意図しないエラーを防ぐ仕組みに関するより明確な要求事項の追加。
(3)製品の品質を示すパフォーマンス尺度にかかわる計画、実施、チェック、改善についてのより明確な要求事項の追加。

さらに、この3点について、それぞれ、どの条項をどのように変えるべきかを詳細に提案している。

このポジションペーパーは6千字近い長文なのだが、アイソス6月号(5月10日発行)にその全文が掲載されている。

関連記事

  1. 【ISOS Review】 PJRの堀部誠氏に聞く
  2. 【ISOS Review】 気づきの質問のコツ
  3. 次期ISO 9001規格の最新動向 その1
  4. 次期ISO 9001規格の最新動向 その4
  5. 圧巻! 米戸靖彦さんのDIS逐次解説
  6. 【ISOS Review】 Ellenの物語
  7. 【ISOS Review】 景気が悪いとCSRもしぼんでいいのか…
  8. 改正版は9001も14001も9月発行

ピックアップ記事

電車通勤の日々

私の席の前に立っておられるあなた様、私がちょっと窓側を見たり、カバンに書籍をしまったり、…

門岡淳さんの「なぜなぜ分析」問題 その1

アイソス4月号から「門岡 淳の『不適合を生かす!』 なぜなぜ分析を一緒にやってみよう」を連載していま…

【品質編】大雨波浪洪水注意報 ところによっては晴れ

日本適合性認定協会(JAB)はこのほど、2009年9月末におけるISOマネジメントシステム認証数のデ…

排出量検証を14001で

9月18に群馬県立産業技術センターで開催された群馬ISO機構主催による「第2回管理責任者フォーラム」…

復刻 YouTube⑤ 「二者監査員研修のプロモーションビデオ(PV)1〜3」

現在、消えてしまったYouTube動画の復刻作業に取り組んでいます。本日は、2011年3月6日〜11…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP