ISO 9001:2015

【ISOS Review】 ISO 9001次期改訂に対する日本の意見

3月15日、ISO 9001:2008の見直しについてISOで投票が行われ、「廃止:0票、改訂・追補:34票、確認:22票、棄権3票」という結果となり、「改訂」の方向性が決まった。そのあとすぐ、改訂内容を審議するWG24が編成作業が開始され、5月15日にはメンバーが決まる。そして6月18日からスペインのビルビオでWG24の第1回会議が開催され、正式に改訂審議がスタートする。

この会議に、日本はISO 9001改訂の基本的な方向性について、ポジションペーパーを提出する予定だ。このペーパーでは「ISO 9001に基づくQMS認証が顧客にとって価値を持ち続けるために」最低限必要な検討事項として下記の3点を挙げている。

(1)製品およびその提供にかかわる固有技術の獲得・向上に関するより明確な要求事項の追加。
(2)不適合や事故・不祥事の主な原因となっている知識・スキル不足、意図的な不遵守、意図しないエラーを防ぐ仕組みに関するより明確な要求事項の追加。
(3)製品の品質を示すパフォーマンス尺度にかかわる計画、実施、チェック、改善についてのより明確な要求事項の追加。

さらに、この3点について、それぞれ、どの条項をどのように変えるべきかを詳細に提案している。

このポジションペーパーは6千字近い長文なのだが、アイソス6月号(5月10日発行)にその全文が掲載されている。

関連記事

  1. 【ISOS Review】 イチローとISO 9001の7章
  2. 【ISOS Review】 ISOに日本人が提案したモデル
  3. 【ISOS Review】 IDECの成功する国際標準化戦略
  4. 【ISOS Review】 ISO 31000解説特集
  5. 【ISOS Review】 気づきの質問のコツ
  6. 【ISOS Review】 坂田和則さんの改善ファシリテーション…
  7. 【ISOS Review】 人の問題に移行する刹那
  8. 【ISOS Review】 切石庄之介がひっくり返したいこと

ピックアップ記事

Vantage Point 結語

ISO is voluntary.Survival is not mandatory.1…

【震災寄稿 No.2】 震災地で見たままを発信する重要性

中堅建設会社に勤める方から投稿をいただきました。阪神・淡路大震災の経験を踏まえてのご提言です。…

飯塚悦功氏の9005改正版連載スタート

JIS Q 9005:2014(品質マネジメントシステム- 持続的成功の指針)が12月22日に発行さ…

OKI 有効性にこだわる監査

今日はOKI・通信事業グループにおける内部監査への取り組みを取材しました。対応いただいたのは、ビジネ…

【ISOS Review】 化学物質のコミュニケーション問題

アイソス8月号の特集記事で、SDS(化学物質や混合物に関する製品安全データシート)に関する座談会の模…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP