ISO 9001:2015

【ISOS Review】 ISO 9001次期改訂に対する日本の意見

3月15日、ISO 9001:2008の見直しについてISOで投票が行われ、「廃止:0票、改訂・追補:34票、確認:22票、棄権3票」という結果となり、「改訂」の方向性が決まった。そのあとすぐ、改訂内容を審議するWG24が編成作業が開始され、5月15日にはメンバーが決まる。そして6月18日からスペインのビルビオでWG24の第1回会議が開催され、正式に改訂審議がスタートする。

この会議に、日本はISO 9001改訂の基本的な方向性について、ポジションペーパーを提出する予定だ。このペーパーでは「ISO 9001に基づくQMS認証が顧客にとって価値を持ち続けるために」最低限必要な検討事項として下記の3点を挙げている。

(1)製品およびその提供にかかわる固有技術の獲得・向上に関するより明確な要求事項の追加。
(2)不適合や事故・不祥事の主な原因となっている知識・スキル不足、意図的な不遵守、意図しないエラーを防ぐ仕組みに関するより明確な要求事項の追加。
(3)製品の品質を示すパフォーマンス尺度にかかわる計画、実施、チェック、改善についてのより明確な要求事項の追加。

さらに、この3点について、それぞれ、どの条項をどのように変えるべきかを詳細に提案している。

このポジションペーパーは6千字近い長文なのだが、アイソス6月号(5月10日発行)にその全文が掲載されている。

関連記事

  1. 次期ISO 9001規格の最新動向 その2
  2. 【ISOS Review】坂田和則さんのにくい文章
  3. 2015年版QMS審査はむずかしくなる
  4. 【ISOS Review】 今の審査と14年前の審査
  5. 【ISOS Review】奥村朋子氏”二者監査のコツ…
  6. 【ISOS Review】 イチローとISO 9001の7章
  7. 【ISOS Review】 気づきの質問のコツ
  8. 【ISOS Review】 アイソスが11年ぶりにTS 1694…

ピックアップ記事

【事業競争力WG】 事業継続MS等の実施を支援

経済産業省は事業継続マネジメントシステムなどの活用による事業競争力強化モデル事業に対して平成24年度…

ISO 14001改正版のCD.1発行

ISO 14001の改訂作業を審議しているISO/TC207/SC1/WG5の第4回会合がスウェーデ…

Amazonから「 トップ主導MS運用事例集」(電子書籍)を発売

アイソス編集部による取材記事の中から、トップ主導で卓越したマネジメントシステムが運用されている10事…

【震災寄稿 No.5】 多くの人のあたたかみを肌身で感じた2週間

茨城県北部在住で被災された方からのご寄稿です。ご近所の方々と助け合って過ごされた2週間の体験が書…

認証機関の課題克服モデル

認証機関のトップの方を取材すると、全体の認証件数が頭打ちになっている状況の中で、実に明確に自機関の今…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP