ISO 9001:2015

次期ISO 9001規格の最新動向を一気読み

ISO/TC176国内委員会副委員長の棟近雅彦氏(早稲田大学教授)が、2012年12月27日にテクノファ主催の年次フォーラムで「次期ISO 9001規格について」と題する講演を行った。2012年11月に開催された第1回目のISO 9001改正会議であるサンクトペテルブルグ会議の最新情報を含めた重要な内容だったので、同講演の詳細を本ブログで5回に分けて報告してきたが、その5日分を一気読みできるPDFを作成した。おそらく2013年3月の改正会議(ブラジル・ベトオリゾンテで開催)までは、これが公開できる最新情報だと思う。参考にしていただきたい。

関連記事

  1. 次期ISO 9001規格の最新動向 その1
  2. すべてのマネジメントシステム規格はガイド83に従う
  3. 2015年版QMS審査はむずかしくなる
  4. 吉田敬史さんから共通要求事項を聞く
  5. 改正版は9001も14001も9月発行
  6. 圧巻! 米戸靖彦さんのDIS逐次解説
  7. 【ISOS Review】ガイド83とISOの考える「統合」
  8. ISO MSSの共通要素の指針は7月に仮訳発表

ピックアップ記事

ISOファシリテーション合宿2日目

ISOファシリテーション合宿(月刊アイソス主催、講師:山上裕司氏(写真右)、アシスタント:小熊孝氏)…

イオンが示す「ポスト・コカコーラ」

日本能率協会(JMA)主催による「第8回食品安全シンポジウム」が3月1日・2日、東京都港区の三田NN…

ISO/SR(ISO 26000)国内委員会を傍聴

10月16日、東京で第25回ISO/SR国内委員会が開催されたので傍聴に行った。同会はISOで現在D…

次期ISO 9001規格の最新動向 その5

連載最終回である「その5」では、WDへとつながるラフワーキングドラフトの現状を報告します。ISO/T…

LRQA主催の二者監査セミナー(初日)

LRQAジャパン主催による二者監査セミナー「サプライチェーンマネジメント 〜二者監査の活用」が7月8…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP