ISO 9001:2015

改正版は9001も14001も9月発行

20150226_suda.jpg今月リトアニアで開催されたISO/TC176/SC2/WG24会議から戻ったばかりの須田晋介氏(写真上:TC176日本代表エキスパート/テクノファ研修事業部長)がその第一報を、日本能率協会主催の「ISOマネジメントシステム活用事例大会」で昨日発表。それによると、今回の会合でISO 9001のFDIS(最終国際規格案)はほぼ完成し、あとは編集上の手直しがある程度で、今年7月のFDIS、9月のIS発行は、ほぼ予定通り実施される見込み。
20150227_yoshida.jpg また、本日引き続き開催された同大会で、ISO/TC207/SC1日本国内委員会委員長である吉田敬史氏(写真下:グリーンフューチャーズ社長)がISO 14001改正版の近況を報告、2月に開催された東京会議で議論が長引き、FDIS完成まで至らず、完成は4月開催のロンドン会議まで持ち越されることになったため、規格発行が遅れるとのこと。7月発行予定だったISは9月発行になる見込み。なお、注目されていた「6.1 脅威及び機会に関連するリスクへの取組み」は、今回のWGで「6.1 リスク及び機会への取組み」に変更され、附属書SLの共通テキストやISO/DIS 9001と同じタイトル名になった。

関連記事

  1. 次期ISO 9001規格の最新動向 その3
  2. 2015年版に対応した『環境管理は、自然体で行こう!』(改訂版)…
  3. 次期ISO 9001規格の最新動向 その1
  4. 次期ISO 9001規格の最新動向 その5
  5. 次期ISO 9001規格の最新動向 その4
  6. ISO 14001改訂議論が2月20日からスタート
  7. ISO 14001改正版のCD.1発行
  8. 【ISOS Review】 ISO 9001次期改訂に対する日本…

ピックアップ記事

飯塚悦功氏の9005改正版連載スタート

JIS Q 9005:2014(品質マネジメントシステム- 持続的成功の指針)が12月22日に発行さ…

「序文 0.1 一般」

久しぶりに「ISO9001ユーザーの声」を続けます。第4章以降の要求事項だけをチェックしてきたの…

Amazonから飯塚悦功著『目的達成のための賢い方法』発売

Amazonのサイトからこのほど、電子書籍(Kindle版)『目的達成のための賢い方法 …

「ウェブ時代をゆく」に影響されて(2)

米「ニューヨーク・タイムズ」紙(2007年5月13日)に掲載された記事全訳の2回目です。コンサートと…

推薦図書『ゴーイングコンサーン』

プロセス管理とリスク管理との折り合いをどうつけるか、これについて悩んでいる方は多いようだ。特に、IS…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP