ISO 9001:2015

圧巻! 米戸靖彦さんのDIS逐次解説

アイソス9月号(8月10日発行)の特集は、米戸靖彦さん執筆によるISO/DIS 9001解説(本文37ページ)である。米戸さんは、2015年改正に向けた最新情報をWebサイトブログ、SNS(TwitterFacebookLinkedln)、eBookなどを通じて精力的に発信しているが、このたびDIS発行のタイミングで逐次解説をお願いした。テーマは「2008年版認証組織は改正版にいかに対応すべきか」。本稿終盤で米戸さんは次のように述べている。

「今後とるべき対応は、現在のシステム運用状況と組織環境のリスクによって異なる。すでに構築された品質マネジメントシステムを修正・追加することで済む組織もあれば、規格改正によって大きな影響を受け大幅な変更を加える必要のある組織もあろう。大幅な変更が必要な組織では、新規格の理解、現システムとのギャップの判定、補充プロセスの作成、トップマネジメントの認識向上、内部監査員の再教育などを含めた移行計画の作成が望まれる」
▶アイソス9月号のご紹介

関連記事

  1. 次期ISO 9001規格の最新動向 その4
  2. 2015年版QMS審査はむずかしくなる
  3. 【ISOS Review】 ISO 9001次期改訂に対する日本…
  4. 次期ISO 9001規格の最新動向 その5
  5. 次期ISO 9001規格の最新動向 その2
  6. 須田晋介エキスパートが2015年版を詳説
  7. 改正版は9001も14001も9月発行
  8. 次期ISO 9001規格の最新動向を一気読み

ピックアップ記事

【ISOS Review】 プレゼンのコツ

2010年12月に認証機関・BSIジャパンに入り、認証事業本部長に就任した西中宏氏。もともとメーカー…

GHG検証審査で明らかになってきたこと

エネルギーの大手ユーザーでありながらISO 14001をとっていない組織がたくさんあることが、環境省…

JABがあぶり出した問題点

ISO9001認証組織から「QMSがうまく機能していない」という声が上がった場合、その要因は組織側だ…

経産省・事業競争力強化モデルの事業者公募始まる

アイソスのメルマガを購読している方には、本日の夕方、メルマガの「号外」が流れたことと思う。事業競争力…

ISOファシリテーション合宿初日

アイソス主催でISOファシリテーション合宿(講師:山上裕司氏、アシスタント:小熊孝氏)が本日から開催…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP