ISO 9001:2015

圧巻! 米戸靖彦さんのDIS逐次解説

アイソス9月号(8月10日発行)の特集は、米戸靖彦さん執筆によるISO/DIS 9001解説(本文37ページ)である。米戸さんは、2015年改正に向けた最新情報をWebサイトブログ、SNS(TwitterFacebookLinkedln)、eBookなどを通じて精力的に発信しているが、このたびDIS発行のタイミングで逐次解説をお願いした。テーマは「2008年版認証組織は改正版にいかに対応すべきか」。本稿終盤で米戸さんは次のように述べている。

「今後とるべき対応は、現在のシステム運用状況と組織環境のリスクによって異なる。すでに構築された品質マネジメントシステムを修正・追加することで済む組織もあれば、規格改正によって大きな影響を受け大幅な変更を加える必要のある組織もあろう。大幅な変更が必要な組織では、新規格の理解、現システムとのギャップの判定、補充プロセスの作成、トップマネジメントの認識向上、内部監査員の再教育などを含めた移行計画の作成が望まれる」
▶アイソス9月号のご紹介

関連記事

  1. 次期ISO 9001規格の最新動向 その2
  2. 次期ISO 9001規格の最新動向 その4
  3. 改正版は9001も14001も9月発行
  4. 次期ISO 9001規格の最新動向を一気読み
  5. 次期ISO 9001規格の最新動向 その1
  6. Amazonから福丸典芳著『日常用語で読み解くISO 9001』…
  7. 【ISOS Review】 ISO 9001次期改訂に対する日本…
  8. 2015年版QMS審査はむずかしくなる

ピックアップ記事

高速・貸切バスに運輸安全MS義務拡大

国土交通省自動車局は4月2日、昨年4月29日に発生した関越道高速ツアーバス事故を受け、「バス事業のあ…

Vantage Point 内部監査のクライアント

内部監査のクライアントは社員ではないか「内部監査は誰のためにやるのか。内部監査のクライアント…

「FOOD SAFETY DAY JAPAN 2014」の講演概要速報(午後の部)

前日のFOOD SAFETY DAY JAPAN 2014の記事の続きで、午後のプログラム内容を紹介…

過去トラ

先日、10年前の娘と10年前の妻から、我が家に手紙が届きました。これは、娘が小学5年生だった時の学校…

活字に残しておくべきこと

年明けに発行するアイソス2月号の割付作業を、先週から進めています。いまちょうど、平林良人さん…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP