国際規格動向

桜美林大学の国際標準化教育

アイソス2月号(1月10日発行)の特集は「国際標準化人材の育成 桜美林大学の取組み」です。桜美林大学大学院の「国際標準化研究領域」の活動が、2018年10月に経済産業省産業技術環境局長賞を受賞したのを記念して特集を組みました。「国際標準化研究領域」の教育・研究活動は、グローバルな動向に対応できる、次世代経営を担うリーダーやプロフェッショナルの育成・輩出を目的としており、本特集では、田中義郎副学長インタビューや国際標準化に関する大学院のカリキュラム、社会人向けの公開講座、2019年4月オープンの国際標準化研究所などを紹介しています。

また、「NEWS & REPORTS」のコーナーでは、「NECグローバルサービスマネジメント標準の策定と実践」をテーマに、日本電気株式会社サービスプラットフォーム事業部主席サービス事業主幹の清水美欧氏の執筆原稿が18ページにわたって掲載されています。

以下、アイソス 2019年2月号の目次内容です。

特集
国際標準化人材の育成 桜美林大学の取組み

Part 1
なぜ大学で国際標準化研究なのか Interview          

学位が出せる大学院だからこそ国際的に通用する専門職資格が提供できる
取材先/桜美林学園・桜美林大学 副学長 田中 義郎 氏

企業価値を高めるISOマネジメント教育を中堅企業対象に短期プログラムで提供
取材先/桜美林大学大学院 経営学研究科長 教授 境 睦 氏

Part 2
国際標準化カリキュラム          

カリキュラムの全体構成と狙い 国際標準理論は経営修士のベースメント
執筆/桜美林大学大学院 経営学研究科 教授 高橋 義郎

【コラム】 国際標準化研究領域設立の経緯について
執筆/(前)桜美林大学大学院 経営学研究科 教授 土屋 勉男

授業科目「経営品質研究」「ISO総論」「環境ISO研究」「リスクマネジメント研究」
マネジメントシステムのプロフェッショナル人財育成
執筆/高橋 義郎(前掲)

授業科目「経営システム論」「ものづくり経営研究」
標準化と差別化を区別しビジネスモデルの指針を体得
執筆/桜美林大学大学院 経営学研究科 客員教授 杉山 大輔

授業科目「国際標準化研究」「知財マネジメント研究」
国際標準化と知的財産権の関わりを広く深く学ぶ
執筆/桜美林大学大学院 経営学研究科 客員教授 原田 節雄

2019年4月に国際標準化研究所をオープン 新ブランドは「ISO研究と言えば桜美林」
執筆/高橋 義郎(前掲)

Part 3
公開講座の紹介         

桜美林大学が提供する「ビジネス戦略セミナー」と「マネジメントシステム・コーディネーター養成講座」
執筆/高橋 義郎(前掲)

News & Reports

NECグローバルサービスマネジメント標準の策定と実践
直ちに活用できるガイドやプログラムを用意
標準の実践力を高める方法を示す
執筆/日本電気株式会社 サービスプラットフォーム事業部 主席サービス事業主幹 清水 美欧

連載

■Viewpoint

リレー連載 第83回 Viewpoint this month
日本品質管理学会会長に棟近雅彦氏が就任
50周年を迎えるまでに伝えたいメッセージ “品質が目指しているのは「顧客価値創造」”
取材先/一般社団法人 日本品質管理学会(JSQC) 会長
早稲田大学 理工学術院 創造理工学部 経営システム工学科 教授 棟近 雅彦 氏

■Standardization Trends

サービス標準化 世界の現状と日本の課題
第5回 サービス分野の国際標準化戦略
執筆/産業技術総合研究所 人間拡張研究センター センター長 持丸 正明

これから始まる6つのルール形成
第5回 新たなルール形成が進む「人権」
執筆/デロイト トーマツ コンサルティング合同会社 レギュラトリストラテジー シニアコンサルタント 石井 麻梨

■品質(QMS)

持続的成功を実現するための武器 〜品質管理の基礎を学ぶ〜
第11回 標準化
執筆/東京大学名誉教授 飯塚 悦功

■環境(EMS)

ISO 14001を活用したSDGsへのチャレンジ
第5回 EMSを活用してSDGsへ取り組む際のポイント
執筆/IMS コンサルティング株式会社 代表取締役 寺田 和正

■名物講師

名物講師の 「肝心要はここでしょ!」 シリーズ
リレー連載 第23回 ISO 55001:2014規格の注目点
〜ISO 9001との違いからISO 55001を知る〜
執筆/株式会社日本環境認証機構 研修事業部 AMS主任講師 長谷川 良久

■5S

5S羅針盤
第5回 清潔・躾 このダイエット、リバウンドしないって本当ですか?
執筆/株式会社グローバルテクノ 研修事業部 主査5S改善コンサルタント 植木 憲二

■海外動向

ネットで読み解くリスクマネジメント海外事情
第5回 ERMとは?
執筆/米戸 靖彦

■セクター

ISO 22000:2018 規格改訂の背景と対応のポイント
第5回 逐条解説(第7章〜第8章)
執筆/湯川食品科学技術士事務所 所長 湯川 剛一郎

リチャード吉村の「IATF16949 現場放浪記」
第5回 IATF審査の『不適合の宝庫』と言えば?!
〜毎回喰らう、またまた喰らう、それでも喰らう、やっぱり喰らう IATF16949指摘事項あれこれ〜!
「今回のテーマは、コントロールプランじゃ〜〜〜!!!」 
執筆/IATF16949 監査員 リチャード吉村 (株式会社ワイズマネジメント 代表取締役 吉村 伸治)

NEW COHSMS(ニューコスモス) - 改訂COHSMSガイドラインと認定制度 -
第5回 COHSMSとISO 45001 & コスモス認定事業
執筆/建設業労働災害防止協会 技術管理部 コスモスセンター 調査役 菅原 博

etc.

関連記事

  1. アイソス3月号は米国特集
  2. ISOが顧客満足の監視測定ガイド発行
  3. 同じ年に出た9005/6とSIGMA
  4. クラウドセキュリティ認証が今夏からスタート
  5. シックス・シグマ手法の国際規格発行
  6. ISO/SR(ISO 26000)国内委員会を傍聴
  7. 目からウロコのケーススタディ30例
  8. 活字に残しておくべきこと

ピックアップ記事

「5.5.2 管理責任者」

はたして組織の外にいる人間が管理責任者になってよいものでしょうか?「いや、それはダメだ。規格の意…

環境・安全目標は「走行距離の無駄をなくす」

産業廃棄物の収集・運搬・処理業者であるアイダスト(本社・横浜市)は2011年3月にISO 14001…

白あんの鯛焼きですけど?

「おまえなんか、もう、出て行けよ!」「分かりました。ちょっと出てきます」新年早々、妻が車でプ…

認証機関の統合を画策していた経産省

「国際競争力のある認証機関の育成に向けた、国内機関の戦略的連携・統合等を検討」2009年2月…

「6.3 インフラストラクチャー」

「6.3 インフラストラクチャー」の2008年版での変更点は1個所です。c) 項の例に「情報シス…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP