Kindle

鈴木信吾著『重点志向型内部品質監査』(Kindle版)本日発売!

suzuki_cover007鈴木信吾さん執筆による電子書籍(Kindle版)『重点志向型内部品質監査』が本日アマソンのサイトから発売されました。本書が想定する読者は、内部品質監査を効果的に実施し、品質パフォーマンス向上につなげたいと考える組織の品質管理・品質保証の責任者・担当者並びに内部監査リーダ—の方々です。

鈴木さんは現在、某自動車部品メーカーに勤務されており、マネジメントシステム規格とはQS-9000認証取得時から関わり、EMS、QMSを担当した後、2015年からは労働安全衛生部門でヒューマンエラー対策に取り組んでおられます。

本書は、月刊誌「アイソス」に2014年8月号〜2015年3月号まで掲載された鈴木さん執筆の連載記事『重点志向型内部品質監査』に一部編集を加えてとりまとめたものです。この連載のテーマは2つあります。1つは、タイトル通り、重点志向型監査の有用性です。切り口を絞り込むことで、QMSのリスク・課題・問題を浮かび上がらせて改善につなげ、ヒューマンファクターにもアプローチすること。もう1つは、想定外を想定する機会を引き出す方法として内部監査を生かし、品質パフォーマンス向上につなげること。「組織の課題」「リスクと機会」「パフォーマンス向上」といったISO 9001:2015の今日的課題が、「重点志向型内部品質監査」をテーマに縦横に論じられています。そもそも内部監査について、組織側の立場からこれほど深く語られたことは、これまでなかったのではないでしょうか。

鈴木さんの主な著書:『図解はじめてのISO14000』『図解ISO統合マネジメントがわかる』(以上、技術評論社)、『ISO事務局 心得帖』(共著、システム規格社)

関連記事

  1. Amazonから塩田保氏のTS16949解説書(電子書籍)を発行…
  2. Amazonから「FSSC 22000事例集」(電子書籍)を発行…
  3. アイソス特選 統合MS事例集をAmazonから発売
  4. Amazonから「 トップ主導MS運用事例集」(電子書籍)を発売…
  5. 追悼出版 門岡淳著『〈不適合を生かす〉なぜなぜ分析を一緒にやって…
  6. Amazonから福丸典芳著『日常用語で読み解くISO 9001』…
  7. Amazonから電子書籍『食品安全のキホンのキ』発行!
  8. 松本隆著:『ISO 9001に役立つTQM入門』Amazonから…

ピックアップ記事

「クリーン監査」を学ぶ

アイソス主催・山上裕司(イノベイション代表取締役)講師によるISOファシリテーションセミナーを5月1…

水張りの日 part2

千葉県茂原市六ツ野の近所の田んぼ 午前5時52分にiPhoneで撮影…

国の評価は10年以上かかる

ISO 39001(道路交通安全マネジメントシステム)が10月に発行され、同時に日本での認証活動も始…

Roland DGを訪問

業務用大型インクジェットプリンターなどを主力製品とするローランドディージー株式会社(浜松市)を5年ぶ…

SSMシンポに190名参加

日科技連主催による「第4回知識構造化シンポジウム」が9月7日、午後1時30分から5時まで日科技連本部…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP