Kindle

鈴木信吾著『重点志向型内部品質監査』(Kindle版)本日発売!

suzuki_cover007鈴木信吾さん執筆による電子書籍(Kindle版)『重点志向型内部品質監査』が本日アマソンのサイトから発売されました。本書が想定する読者は、内部品質監査を効果的に実施し、品質パフォーマンス向上につなげたいと考える組織の品質管理・品質保証の責任者・担当者並びに内部監査リーダ—の方々です。

鈴木さんは現在、某自動車部品メーカーに勤務されており、マネジメントシステム規格とはQS-9000認証取得時から関わり、EMS、QMSを担当した後、2015年からは労働安全衛生部門でヒューマンエラー対策に取り組んでおられます。

本書は、月刊誌「アイソス」に2014年8月号〜2015年3月号まで掲載された鈴木さん執筆の連載記事『重点志向型内部品質監査』に一部編集を加えてとりまとめたものです。この連載のテーマは2つあります。1つは、タイトル通り、重点志向型監査の有用性です。切り口を絞り込むことで、QMSのリスク・課題・問題を浮かび上がらせて改善につなげ、ヒューマンファクターにもアプローチすること。もう1つは、想定外を想定する機会を引き出す方法として内部監査を生かし、品質パフォーマンス向上につなげること。「組織の課題」「リスクと機会」「パフォーマンス向上」といったISO 9001:2015の今日的課題が、「重点志向型内部品質監査」をテーマに縦横に論じられています。そもそも内部監査について、組織側の立場からこれほど深く語られたことは、これまでなかったのではないでしょうか。

鈴木さんの主な著書:『図解はじめてのISO14000』『図解ISO統合マネジメントがわかる』(以上、技術評論社)、『ISO事務局 心得帖』(共著、システム規格社)

関連記事

  1. 山上裕司氏執筆によるISOファシリテーション本がAmazonから…
  2. 松本隆著:『ISO 9001に役立つTQM入門』Amazonから…
  3. Amazonから電子書籍『食品安全のキホンのキ』発行!
  4. Amazonから「 トップ主導MS運用事例集」(電子書籍)を発売…
  5. 中堅企業社長・松尾茂樹氏執筆によるQM戦略本がAmazonから発…
  6. 本邦初のVDA規格解説書(電子書籍)をAmazonから発行
  7. 2015年版に対応した『環境管理は、自然体で行こう!』(改訂版)…
  8. Amazonから飯塚悦功著『目的達成のための賢い方法』発売

ピックアップ記事

【ISOS Review】 気づきの質問のコツ

認証機関・建材試験センター(JTCCM)の鈴木昌栄審査部長に、気づきの質問のコツを教えてもらった。…

「認証どころではない」発言について

最近、東北地方太平洋沖地震関係の話題で、あるネット上で「認証どころではない」という発言を何度か見かけ…

LRQA主催の二者監査セミナー(2日目)

(前日の続き)LRQAジャパン主催による二者監査セミナー「サプライチェーンマネジメント 〜二者監査の…

図鑑に出ていないチョウ

去年の彼岸、コスモスに飛来したツマグロヒョウモンを見ました。きょう、同じ場所に飛んで来た…

新経審施行後のCAの行方

4月号で建設特集を予定しているので、2011年4月施行の新経審でISO 9001/14001認証が加…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP