Kindle

Amazonから「 トップ主導MS運用事例集」(電子書籍)を発売

top_coverアイソス編集部による取材記事の中から、トップ主導で卓越したマネジメントシステムが運用されている10事例を掲載した電子書籍『アイソス特選 【Excellent】 トップ主導のMS運用事例集』がこのほどAmazonから発売されました。価格は700円(税込み)です。

組織のマネジメントシステムが事業とうまく連動しているかどうかは、トップマネジメントのコミットメントいかんによります。トップ自ら、ISO 9001やISO 14001等のISOマネジメントシステム規格を読み込んで理解し、システム構築・運用を主導するケースは、ないことはないですが、極めて稀です。たいていは中堅マネジメントやコンサルタントが、規格のエッセンスとシステム構築・運用のメリットをトップに理解していただき、事業に統合したマネジメントシステムの推進にコミットメントしてもらうように働きかけることで、「トップ主導」を確立しています。

トップ主導型のMS運用事例はまだまだ少なく、「コミットメントしたいがどのようにすればよく分からない」というトップの方や、「トップにもっと関心を持ってもらいたいのだが、どうすればいいのだろう」と悩んでおられる中堅マネジメントの方が多いと思います。そこで、本書では、トップ自らが強力にマネジメントシステム運用に関与し、実際に成果を出しておられる10事例を紹介しました。本書で紹介している組織は以下の通りです。

1.日本ウエストン株式会社
2.株式会社生出
3.清川メッキ工業株式会社
4.株式会社島根富士通
5.アップコン株式会社
6.東京フード株式会社
7.株式会社メディカルシステム研究所
8.サンデンシステムエンジニアリング株式会社
9.株式会社久永コンサルタント
10.株式会社トーホー

皆様の組織にとって、本書がトップ主導のマネジメントシステム構築・運用のヒントになれば幸甚です。

関連記事

  1. Amazonから『アイソス特選 【Excellent】 内部監査…
  2. 鈴木信吾著『重点志向型内部品質監査』(Kindle版)本日発売!…
  3. 「環境法令検定 公式問題集 2018年版」(Kindle版)発行…
  4. TS16949講師/試験官・川手昇三氏執筆の電子書籍発売
  5. 2015年版に対応した『環境管理は、自然体で行こう!』(改訂版)…
  6. Amazonから電子書籍『食品安全のキホンのキ』発行!
  7. Amazonから福丸典芳著『日常用語で読み解くISO 14001…
  8. 追悼出版 門岡淳著『〈不適合を生かす〉なぜなぜ分析を一緒にやって…

ピックアップ記事

今、なぜ二者監査なのか

「二者監査員研修」というあまり世間で馴染みのない分野を、奥村朋子・日吉信晴両氏のご協力を得ながら開拓…

清涼な手

いま、アゲハチョウのつがいが2階の私の部屋から見えています。今日のような蒸し暑い日も…

写真で見るトライアスロンのサステナ

「世界トライアスロンシリーズ横浜大会」は、2012年の大会ではイベント単体で、2013年は大会を運営…

日本の食品産業の危機的状況

先日、グローバルにビジネスを展開している食品卸の品質保証担当者にお会いしました。仕入先の食品業者はほ…

ISOファシリテーション

山上裕司さんは数年前、ISOのコンサルティングや審査を続ける中、同じ業種でよく似たマニュアルや手順書…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP