定額給付金

テーブルで晩飯を食べていると、中学生の息子が「きゅうふきぃーん、きゅうふきぃーん」と歌いながら近づいてきました。

「さあて、ダディーさんは、2万円を子どもたちにめぐんでくれるのでしょうか? それとも、日々の生活費にあっけなく使ってしまうのでしょうか? 正解はコマーシャルのあと!」

そう言うと、「きゅうふきぃーん、きゅうふきぃーん」と歌いながら去って行きました。

関連記事

  1. 学校から呼び出されて
  2. 娘の余命観
  3. What time is it now?
  4. ポケモンの復活
  5. モンゴルに行ってみたい
  6. 職業訓練校の説明会
  7. 娘が残したもの
  8. 息子の言い分

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (2)

    • イソハドーグ
    • 2009年 4月 22日

    なかなか、茶目っ気たっぷりの息子さんですねぇ。
    行政担当によると、
    定額給付金の受給者は世帯主です。金額の算定基準として、原則一人あたり12000円で、65歳以上または18歳以下は20000円で、これはあくまで算定基準であり、受給者は世帯主です。どう使おうと世帯主の勝手です。毎月の給料でさえ、世帯主は自分の思い通り使えないのですから、給付金くらい世帯主の思いどおりに使わせてあげてください。
    はっ、夢か、目が覚めました。
    ちなみに我が家では、高校入学したての息子に既に20000円をはるかに上回る額をつぎ込んでおります。制服とか、かばんとか、授業料とか…。

    • 中尾優作
    • 2009年 4月 22日

    イソハドーグさんへ
    <行政担当によると・・・給付金くらい世帯主の思いどおりに使わせてください。
    そうだ、そうだ、そのとおりだ! 給付金はモロ生活費に使ってやるぞぃ!

ピックアップ記事

圧巻! 米戸靖彦さんのDIS逐次解説

アイソス9月号(8月10日発行)の特集は、米戸靖彦さん執筆によるISO/DIS 9001解説(本文3…

北海道/東北地域へのアイソス未着のお詫び

北海道(一部)・東北地域の定期購読者の皆様へ東北太平洋沖地震に伴う「月刊アイソス」未着のお詫び…

監査後に見る「監査マップ」

内部監査のあとに、今行われたばかりの内部監査のやり取りを視覚化した図を見ながら、監査側と被監査側が一…

母数が少ない中でのリスクアセスメントの手法とは?

ある建設会社の労働安全衛生マネジメントシステムの取り組みを取材したときのことです。そこでは、この5年…

奥村朋子さんの『二者監査の実践テクニック』

アイソス11月号(10月10日発行)の特集2として、ロイド レジスター クオリティ アシュアランス …

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP