息子の言い分

昨日さあ、柔道の試合に弁当持っていったの。
だけど、会場でけっこう忙しくて、食べる暇がなくて、半分くらい残したわけ。

で、試合が終わって家に帰ると、お母さんが「弁当を残してるじゃない。後で全部食べてしまいなさいよ」って怒ったの。

それでさ、夕方に腹減ったんで、残りの弁当を食べようとしたらね、「今、夕食作ってるんだから、弁当食べると、夕食が食べれなくなるじゃない」って、また怒るの。
で、食べるのをやめたわけ。

それで、お母さんって、寝る前に食器洗うでしょ?
そのときに僕の弁当も洗おうとして、「もう、弁当残して」って、また怒ってるんだよ。

関連記事

  1. 次男の就活と三男のツッコミと妻娘の柏手
  2. 初夢
  3. エクソシスト
  4. 過去トラ
  5. What time is it now?
  6. 娘の指導を仰ぐ
  7. ジョーバ
  8. 高校生の娘、宿題で「こころ」を読み始める

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (1)

    • 磯山
    • 2009年 4月 13日

    中尾さんこんにちは。
    自分のすることが相手にどれだけ受け入れられるかどうかは相手次第ですね。
    誰が相手であってもです。例外はありません。
    親子だから、兄弟だから、という例外を作るのが間違いの元です。
    自分がすると決めたことをして相手にそれを渡す。
    そこまでですね。
    自己満足とは違います。
    決めたことを完了させるという達成感を味わえばいいんだと思います。
    相手が受け取るのも拒否するのも自由です。
    結果として受け取ってくれて相手が喜んでくれればもっといい。
    受け手は、受け取らなかった理由があるのならはっきりと送り手に説明すればいいですね。
    その前に、送り手が誰であろうと、何かをしてくれたのならありがとう、と都度言葉にすることでしょうね。

ピックアップ記事

「知識構造化シンポジウム」開催のお知らせ

毎年恒例行事となりました日本科学技術連盟主催「知識構造化シンポジウム」に、本年もアイソス日記読者・先…

第3回知識構造化シンポ開催

日科技連主催「第3回知識構造化シンポジウム 『拡大が続くSSM適用分野 その多様化と進化を探る』」が…

JAB新理事長お披露目

本日、日本適合性認定協会(JAB)主催による「日本適合性認定協会 公益財団法人 移行披露」が、午後2…

北原脳神経外科病院のQMS

先日、東京都八王子市にある北原脳神経外科病院のQMSを取材してきました。病院ではまだ珍しいセクション…

JAB理事長に飯塚悦功氏が就任

公益財団法人日本適合性認定協会(JAB)は、2016年6月7日付で本協会理事を改選し、理事長がこれま…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP