娘の指導を仰ぐ

「お父さんに生理体操を教えてあげる」

娘が真顔でそう言った。
どうして男の私に生理体操を教えるのか?
だが、生理体操を実地で教えてもらえる機会など、
そうあるものではない。
恥ずかしながら、指導を仰ぐことに。

「まず、このように両足を伸ばして、
それからこういうふうに足を交差させて、
両手でひざを包むの。
すると、太もものここの筋肉が伸びるわけ。
バレーが終わったら、うちの部ではいつもこれをやるの」

バレー(バレーボール)?
うちの部?
ああ、整理体操ね。

関連記事

  1. 暴風吹き荒れる家庭から脱出をはかる娘へ
  2. 高校生の娘、宿題で「こころ」を読み始める
  3. 初夢
  4. What time is it now?
  5. 息子の言い分
  6. ジョーバ
  7. モンゴルに行ってみたい
  8. 娘が残したもの

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (1)

    • イソハドーグ
    • 2008年 9月 05日

    ザブトン一枚っ!
    私、こういう路線は、ほっとけない性分です。

ピックアップ記事

久米均さんのISO観(2)

前回に続いて、1993年11月17日に実施した久米均さんへのインタビュー記事の抜粋を掲載。本稿で久米…

JAB井口さんは本気だ

9月26日、大阪で開催されたJRCA(日本規格協会マネジメントシステム審査員評価登録センター)登録審…

仁義なき戦い

最近、東京・浜松町駅前ビルの国際貿易センタービル内にある「ブックストア談」という書店が「アイソス」を…

Vantage Point 冗談半分、本音半分

「いやあ、規格が出たばっかでしょ。だから、審査員の方も審査に慣れていないだろうから、ちょっと甘くなる…

認証機関とメディアの共通課題

メディアの仕事では、「審査」と「コンサル」の峻別の問題に相当するのが、「記事」と「広告」の峻別です。…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP